uploaded

数年同棲していた彼が、突然別れを切り出し、焦るように家を出て行った。無責任に捨てられた私は彼に復讐した

J1

 

数年同棲していた彼が、突然別れを切り出し、焦るように家を出て行った。
その一連の流れが余りにも不自然で、物凄く怪しかった。
三十路を迎えるまで結婚をチラつかせて囲っておきながら
あっさり無責任に捨てられた私は何か大事なものがプッツーンと切れたらしい。
男を見る目が無いのは、そりゃもう立ち直れないくらい凹んだけれど、しっかり自覚することにした。
更に、もうとっくに適齢期過ぎているし貰い手もどうせ居ないだろうと考え
何ヶ月、何年掛かろうが構わない。何が何でも絶対に復讐する!と心に誓った。

 

元彼は阿呆なのか、円満な別れと思っているのか私との連絡を絶つ事も無く、同じ最寄り駅の範囲に引っ越しをした。
たまに連絡を取りつつ半年ほど泳がせてみたら、共通の知人である鬼女とプリっていた証拠が次から次へと出てきたため
隙をみてその証拠を少しずつ確保していき、タイミングを見計らって証拠の一部を元彼に見せつけながら
「コレを鬼女の旦那に送り付けて慰謝料発生からの借金生活、会社バレして社会的な制裁も受け
当然友人の大半も失い、更に最悪その鬼女と子供が転がり込んできて養う羽目になるが
(邪魔くさいし面倒くさい粘着質な)私とスッパリ縁を切れるのと
『結婚』なんて責任を取らせるつもりは無い。あなたを愛して止まない(途方もなく馬鹿な)私と
以前のように何とな~く、ただ一緒にまったり日々を過ごすのとどちらがいい?」と二者択一。

元彼は言い逃れようもない証拠を前にパニックに陥っていたため、冷静では無かった。
その場ですぐ“よりダメージが少なさそう”にみえる後者を・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
数年同棲していた彼が、突然別れを切り出し、焦るように家を出て行った。無責任に捨てられた私は彼に復讐した

J1

 

数年同棲していた彼が、突然別れを切り出し、焦るように家を出て行った。
その一連の流れが余りにも不自然で、物凄く怪しかった。
三十路を迎えるまで結婚をチラつかせて囲っておきながら
あっさり無責任に捨てられた私は何か大事なものがプッツーンと切れたらしい。
男を見る目が無いのは、そりゃもう立ち直れないくらい凹んだけれど、しっかり自覚することにした。
更に、もうとっくに適齢期過ぎているし貰い手もどうせ居ないだろうと考え
何ヶ月、何年掛かろうが構わない。何が何でも絶対に復讐する!と心に誓った。

 

元彼は阿呆なのか、円満な別れと思っているのか私との連絡を絶つ事も無く、同じ最寄り駅の範囲に引っ越しをした。
たまに連絡を取りつつ半年ほど泳がせてみたら、共通の知人である鬼女とプリっていた証拠が次から次へと出てきたため
隙をみてその証拠を少しずつ確保していき、タイミングを見計らって証拠の一部を元彼に見せつけながら
「コレを鬼女の旦那に送り付けて慰謝料発生からの借金生活、会社バレして社会的な制裁も受け
当然友人の大半も失い、更に最悪その鬼女と子供が転がり込んできて養う羽目になるが
(邪魔くさいし面倒くさい粘着質な)私とスッパリ縁を切れるのと
『結婚』なんて責任を取らせるつもりは無い。あなたを愛して止まない(途方もなく馬鹿な)私と
以前のように何とな~く、ただ一緒にまったり日々を過ごすのとどちらがいい?」と二者択一。

元彼は言い逃れようもない証拠を前にパニックに陥っていたため、冷静では無かった。
その場ですぐ“よりダメージが少なさそう”にみえる後者を・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る