uploaded

DQN『てめースプーン入れ忘れただろ!』俺『え?』バイト相方『私だ…』→その結果

が学生時代にコンビニでアルバイトを
していた時の話。

いつも二人ペアでバイトをしていたのだが、
その日の相方は1歳年下の女子大生だった。
それなりに仲は良かったが、恋愛感情を
抱くほどではなかった。

午後7時過ぎ店の電話が鳴った。
俺が出た。
電話の相手はDQN客で
「おめーのとこのさっき買い物をしたんだが
アイスのスプーンが入ってねぇ!!
どういうことだゴルァ!」
と激しくキレていた。
俺はただただ平謝り。

DQN客「俺を何様だと思ってるんだ!ゴルァ!
俺んちに今すぐスプーン持って来いや!」

俺「はい、わかりました。では住所を教えて
いただけますか?」

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
DQN『てめースプーン入れ忘れただろ!』俺『え?』バイト相方『私だ…』→その結果

が学生時代にコンビニでアルバイトを
していた時の話。

いつも二人ペアでバイトをしていたのだが、
その日の相方は1歳年下の女子大生だった。
それなりに仲は良かったが、恋愛感情を
抱くほどではなかった。

午後7時過ぎ店の電話が鳴った。
俺が出た。
電話の相手はDQN客で
「おめーのとこのさっき買い物をしたんだが
アイスのスプーンが入ってねぇ!!
どういうことだゴルァ!」
と激しくキレていた。
俺はただただ平謝り。

DQN客「俺を何様だと思ってるんだ!ゴルァ!
俺んちに今すぐスプーン持って来いや!」

俺「はい、わかりました。では住所を教えて
いただけますか?」

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る