uploaded

会社の女課長の想いを無視して結婚→とんでもない復讐を受けることに・・・・・・・・

10211

私は35歳になる会社員(哲也)で、係長をしています。
半年前に同じ社内の26歳になる香織と結婚しました。
香織はまだ若いので、そのまま、会社に残り仕事を続
けています。

そして、私の部署の課長は、39歳になる久美子といい
ます。うちの会社で唯一の女性での課長職で、バツ1、
もう仕事一筋的な厳しい課長なのです。

実は課長から、何度か私にアプローチをかけてきてい
るのは薄々感じていましたが、そのたびに理由をつけ
て断り、香織と結婚しました。

もちろん、結婚式には、課長にも来てもらいました。
祝福してもらったと思っていました。


香織とは、幸せな生活ができています。
ただ唯一SEXについてはちょっと、不満とまではいか
ないのですが、香織は、高校から大学と女子高で、
しかも両親が厳しく正直男性経験がまったくといっ
ていいほどないに近いのです。

これは、私が自分色に染めていけばいいのですが、
私との行為ですら、まだ若干の警戒があるようで、
正直思い切ったSEXはできていません。

それに引き換え、課長は経験豊富でしかもグラマー、
たとえるなら、小池栄子がスーツを着ているような
感じ。小さめの口に厚めの下唇、胸は小池栄子にも劣
らない、推定Hカップの爆乳、ヒップもおそらく90
センチははるかに超える巨尻でしかも、自分のスタイ
ルをいつも強調するかのような、首もとのカットの深
いカットソーとタイトなミニスカといったいでたちな
のです。



ある夜、香織から意外なことを告白されたのです。
それは、週明けの月曜からのスキルアップ研修のメン
バーに入ったとのことです。

女性が受けるのは変わったことではないのですが、
香織はもう結婚してしまったのと、26歳(5年目)
でのこの研修は異例の速さなのです。

平日金曜までの4泊5日での研修です。しかも、うち
の課長が推薦したとのことです。

香織は私たちの生活の足しになるし、何より課長に推
薦してもらっていることで機嫌がよくなにせ、女子社
員の憧れの久美子課長ですので、わからなくはありません。

そして、月曜日朝から香織は研修へと向かい、私は一
日仕事を終え家へと向かいました。

するとなぜか、課長が家に来たのです。
課長は、香織が研修を受ける理由などを説明してくれ
たのですが、仕事中の厳しい目線ではなく、少し戸惑
った様子です。

あと、なぜか服装がいつもより、露出多めなのが気に
なりました。

私は冷蔵庫より、飲み物とちょっとしたつまみを用意
し課長のいるリビングへと戻りました。

すると、

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
会社の女課長の想いを無視して結婚→とんでもない復讐を受けることに・・・・・・・・

10211

私は35歳になる会社員(哲也)で、係長をしています。
半年前に同じ社内の26歳になる香織と結婚しました。
香織はまだ若いので、そのまま、会社に残り仕事を続
けています。

そして、私の部署の課長は、39歳になる久美子といい
ます。うちの会社で唯一の女性での課長職で、バツ1、
もう仕事一筋的な厳しい課長なのです。

実は課長から、何度か私にアプローチをかけてきてい
るのは薄々感じていましたが、そのたびに理由をつけ
て断り、香織と結婚しました。

もちろん、結婚式には、課長にも来てもらいました。
祝福してもらったと思っていました。


香織とは、幸せな生活ができています。
ただ唯一SEXについてはちょっと、不満とまではいか
ないのですが、香織は、高校から大学と女子高で、
しかも両親が厳しく正直男性経験がまったくといっ
ていいほどないに近いのです。

これは、私が自分色に染めていけばいいのですが、
私との行為ですら、まだ若干の警戒があるようで、
正直思い切ったSEXはできていません。

それに引き換え、課長は経験豊富でしかもグラマー、
たとえるなら、小池栄子がスーツを着ているような
感じ。小さめの口に厚めの下唇、胸は小池栄子にも劣
らない、推定Hカップの爆乳、ヒップもおそらく90
センチははるかに超える巨尻でしかも、自分のスタイ
ルをいつも強調するかのような、首もとのカットの深
いカットソーとタイトなミニスカといったいでたちな
のです。



ある夜、香織から意外なことを告白されたのです。
それは、週明けの月曜からのスキルアップ研修のメン
バーに入ったとのことです。

女性が受けるのは変わったことではないのですが、
香織はもう結婚してしまったのと、26歳(5年目)
でのこの研修は異例の速さなのです。

平日金曜までの4泊5日での研修です。しかも、うち
の課長が推薦したとのことです。

香織は私たちの生活の足しになるし、何より課長に推
薦してもらっていることで機嫌がよくなにせ、女子社
員の憧れの久美子課長ですので、わからなくはありません。

そして、月曜日朝から香織は研修へと向かい、私は一
日仕事を終え家へと向かいました。

するとなぜか、課長が家に来たのです。
課長は、香織が研修を受ける理由などを説明してくれ
たのですが、仕事中の厳しい目線ではなく、少し戸惑
った様子です。

あと、なぜか服装がいつもより、露出多めなのが気に
なりました。

私は冷蔵庫より、飲み物とちょっとしたつまみを用意
し課長のいるリビングへと戻りました。

すると、

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る