uploaded

【ドン引き】友達に誘われて行った農業体験の夜に行われた衝撃の初体験・・・・・・・・・・・・・

10215

いろんな体験をするのが好きで、中学生くらいのときは、
地域のボランティア活動とかにも参加してた。

大学生になって家を離れてからも、帰省したときには
その活動を手伝っていたし、大学の近辺でもいろいろ
な活動に参加してた。

例えば、駅前のゴミ拾いとか。とにかくいろいろなこ
とをやってみたいってエネルギーだけは、誰にも負け
ない! って自信があったんだ。

あたしは夏生まれで、その年の夏休みでちょうど20
歳になりました。友達が何かお祝いしたいって言って
くれて、「じゃあ、これ一緒に行ってみない?」って、
農業体験の紙を見せてみたら、すぐにOK。

友達もあたしも、けっこう都会っ子だったから、畑を
耕した経験なんてなかった。土で何かを育てたのは、
小学校で朝顔とか、プチトマトを栽培したくらい。

だから、本格的な農業を体験できるって、ちょっと楽
しみだった。
 
 
1万円で、その活動に協力している農家の方のおうち
に泊まれて、朝昼晩の食事つき。交通費はまた別にか
かってくるんだけど、夜行バスを使って、安上がりな
旅行になった。

いざ到着してやってみると、土を耕すだけでも、けっ
こうコツがいる。作業着っぽいものも持って行ってい
たんだけど、すぐに汗だくになってしまって、結局そ
の夜に泊めてくださるおうちのおばさんの服を貸して
いただいた。

おばさんは農業を毎日やっているからか、すごくほっ
そりとした人で。あたしはけっこうポチャっとしてた
から、ぱつぱつ。

特に、胸のあたりが…シャツの、ボタンとボタンの間
に隙間が空いてしまったけど、構ってられないし、そ
のままがんばった。長い髪の毛を縛っていたら、縛っ
た毛先から汗がぽたぽた垂れるくらいに、汗をかいて。
その晩食べた夕食の味はもう最高! 一生忘れないと
思う。

夜は一つの部屋で布団を2組しいてもらった。
お風呂から上がって、居間で、去年おばさんが漬けた
っていう梅シロップをソーダで割ってくださったのを
飲んだんだけど、これがすっごくおいしくって!

なんかその場のノリで、いっしょにきていた友達の
シホが、「この子、最近20歳になったんですよ~」
って話をした。

実はシホは1浪してるからなんだかお姉さん的な存在
だったんだけど。そしたら、おばさんが、

「そうなの! お酒は? もう飲んでみた?」

って。まだないですっていったら、これまた去年漬け
たっていう梅酒も出してきてくださって。さっきとお
んなじように、ソーダで割って飲んだら、すっごくお
いしくって……!

ごくごくいっちゃって、気づいたらフラフラに。
そのお家で農業を手伝っているっていう息子さんが
2階まで運んでくれて、あたしは布団に倒れ込むよう
にして寝てしまった。

シホは隣で、「お水のむ?」とか言って心配そうにし
てたけど、「大丈夫。気分悪くもないし、ふわふわす
るだけだから」って言ったら、安心して眠ったようだった。
 

 
夜中、尿意で目が覚めた。お母さんたちが

「お酒飲んだらトイレが近い」

って言っていたなって思いながら目を開けたら、暗が
りの中で、隣の布団の上に大きな影があるのが見えた。
びっくりしたけど声も出せなくて、じっと見ていたら、
なんだか湿った音が聞こえてくる。

「し、シホ…?」

恐る恐る声をかけたら、

「あ、やば……ゆみこ、起こしちゃった?」
って、シホの声。
ほっとしたのもつかの間、シホの上にのっかってる大
きな人は誰?!って思ったら、

「俺だよ、俺。起こしてごめん」

って。農家の、息子さんだった。

なんだ、息子さんかぁ~って思ったんだけど、なんで
こんな時間に? しかも、夜目に慣れてきたんだけど、
上半身の引き締まった筋肉が見えた…ってことは裸?!
びっくりして飛び起きてよく見てみたら、シホも裸で、
まさにセックスしている最中だったの!

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【ドン引き】友達に誘われて行った農業体験の夜に行われた衝撃の初体験・・・・・・・・・・・・・

10215

いろんな体験をするのが好きで、中学生くらいのときは、
地域のボランティア活動とかにも参加してた。

大学生になって家を離れてからも、帰省したときには
その活動を手伝っていたし、大学の近辺でもいろいろ
な活動に参加してた。

例えば、駅前のゴミ拾いとか。とにかくいろいろなこ
とをやってみたいってエネルギーだけは、誰にも負け
ない! って自信があったんだ。

あたしは夏生まれで、その年の夏休みでちょうど20
歳になりました。友達が何かお祝いしたいって言って
くれて、「じゃあ、これ一緒に行ってみない?」って、
農業体験の紙を見せてみたら、すぐにOK。

友達もあたしも、けっこう都会っ子だったから、畑を
耕した経験なんてなかった。土で何かを育てたのは、
小学校で朝顔とか、プチトマトを栽培したくらい。

だから、本格的な農業を体験できるって、ちょっと楽
しみだった。
 
 
1万円で、その活動に協力している農家の方のおうち
に泊まれて、朝昼晩の食事つき。交通費はまた別にか
かってくるんだけど、夜行バスを使って、安上がりな
旅行になった。

いざ到着してやってみると、土を耕すだけでも、けっ
こうコツがいる。作業着っぽいものも持って行ってい
たんだけど、すぐに汗だくになってしまって、結局そ
の夜に泊めてくださるおうちのおばさんの服を貸して
いただいた。

おばさんは農業を毎日やっているからか、すごくほっ
そりとした人で。あたしはけっこうポチャっとしてた
から、ぱつぱつ。

特に、胸のあたりが…シャツの、ボタンとボタンの間
に隙間が空いてしまったけど、構ってられないし、そ
のままがんばった。長い髪の毛を縛っていたら、縛っ
た毛先から汗がぽたぽた垂れるくらいに、汗をかいて。
その晩食べた夕食の味はもう最高! 一生忘れないと
思う。

夜は一つの部屋で布団を2組しいてもらった。
お風呂から上がって、居間で、去年おばさんが漬けた
っていう梅シロップをソーダで割ってくださったのを
飲んだんだけど、これがすっごくおいしくって!

なんかその場のノリで、いっしょにきていた友達の
シホが、「この子、最近20歳になったんですよ~」
って話をした。

実はシホは1浪してるからなんだかお姉さん的な存在
だったんだけど。そしたら、おばさんが、

「そうなの! お酒は? もう飲んでみた?」

って。まだないですっていったら、これまた去年漬け
たっていう梅酒も出してきてくださって。さっきとお
んなじように、ソーダで割って飲んだら、すっごくお
いしくって……!

ごくごくいっちゃって、気づいたらフラフラに。
そのお家で農業を手伝っているっていう息子さんが
2階まで運んでくれて、あたしは布団に倒れ込むよう
にして寝てしまった。

シホは隣で、「お水のむ?」とか言って心配そうにし
てたけど、「大丈夫。気分悪くもないし、ふわふわす
るだけだから」って言ったら、安心して眠ったようだった。
 

 
夜中、尿意で目が覚めた。お母さんたちが

「お酒飲んだらトイレが近い」

って言っていたなって思いながら目を開けたら、暗が
りの中で、隣の布団の上に大きな影があるのが見えた。
びっくりしたけど声も出せなくて、じっと見ていたら、
なんだか湿った音が聞こえてくる。

「し、シホ…?」

恐る恐る声をかけたら、

「あ、やば……ゆみこ、起こしちゃった?」
って、シホの声。
ほっとしたのもつかの間、シホの上にのっかってる大
きな人は誰?!って思ったら、

「俺だよ、俺。起こしてごめん」

って。農家の、息子さんだった。

なんだ、息子さんかぁ~って思ったんだけど、なんで
こんな時間に? しかも、夜目に慣れてきたんだけど、
上半身の引き締まった筋肉が見えた…ってことは裸?!
びっくりして飛び起きてよく見てみたら、シホも裸で、
まさにセックスしている最中だったの!

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る