uploaded

【淫乱】facebookで誘って来た友人の知り合いの巨乳人妻に会った結果・・・・・・・・・・・・・・・

10216

出張で東京に行った。

Tです。
初日の夜は、旧知の人たちと酒を飲んで盛り上がった。

その中の一人がFacebookに投稿して、タグ付けしてく
れていた。ホテルに戻り、Facebookを見ると、R子と
いうFacebook友達からメッセージが入っていた。

一度だけ実際に会ったことがあるが、色っぽい人妻だ。

「Tさん、いま東京にいらっしゃるんですか?私も東
 京に来てるんです。よかったら、明日のランチをご
 一緒しませんか?」

エロい期待を抱きながら、「ランチ、いいですね。そ
のあと、午後のご予定は?」と水を向けてみたところ

「夕方に高校時代の友達と会うまでフリーよ。どこか
 連れて行ってくれる?」と返事が来た。

コレは完全に誘ってるなと思った。
 
 
初めて会ったときも、Facebook友達の集まりで酒の席
だったのだが、やたらにボディタッチをして来ていた
ので、オレに興味があるとは思っていたが、こんなに
積極的に仕掛けて来るとは思っていなかった。

据え膳食わぬは武士の恥とばかりに会うことを決めて、
約束を取り付け、新宿の彼女の指定する場所に行き、
友達から勧められたという店で食事をした。

R子は、オレの会社にいる人の友達で前からオレの話を
聞いていて興味があったということが食事中の会話で
わかり、大興奮。

食事が済んだのが2時頃で、

T「次は何時にどこで待ち合わせですか?」

R子「7時にお茶の水なの」

T「お茶して、移動する時間を考えてもたっぷり4時間
 はありますね」

R子「お茶じゃなくて、ビールでも飲みましょうよ」

T「こんな時間からビールを飲めるところがあります
  かねぇ?」
R子「大丈夫、私に付いて来て」

彼女の言われるままに付いて行くと、西新宿にある
ビアレストラン。そこで、ビールと軽いツマミを頼
んで、少しだけ酔って、元から色っぽい彼女の目が
エロっぽく変わり、トロンとした表情になっていた。

T「R子さん、
 時間もあるし、少し休んで行きませんか?」

R子「いやらしいことするつもりでしょ?いいわよ」

あまりにもカンタンすぎる展開。
だけど、出張先、彼女も一人で東京に来ている状況で
、こんなチャンスはなかなかあるもんじゃない。
二人で歌舞伎町の奥のホテルに入った。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【淫乱】facebookで誘って来た友人の知り合いの巨乳人妻に会った結果・・・・・・・・・・・・・・・

10216

出張で東京に行った。

Tです。
初日の夜は、旧知の人たちと酒を飲んで盛り上がった。

その中の一人がFacebookに投稿して、タグ付けしてく
れていた。ホテルに戻り、Facebookを見ると、R子と
いうFacebook友達からメッセージが入っていた。

一度だけ実際に会ったことがあるが、色っぽい人妻だ。

「Tさん、いま東京にいらっしゃるんですか?私も東
 京に来てるんです。よかったら、明日のランチをご
 一緒しませんか?」

エロい期待を抱きながら、「ランチ、いいですね。そ
のあと、午後のご予定は?」と水を向けてみたところ

「夕方に高校時代の友達と会うまでフリーよ。どこか
 連れて行ってくれる?」と返事が来た。

コレは完全に誘ってるなと思った。
 
 
初めて会ったときも、Facebook友達の集まりで酒の席
だったのだが、やたらにボディタッチをして来ていた
ので、オレに興味があるとは思っていたが、こんなに
積極的に仕掛けて来るとは思っていなかった。

据え膳食わぬは武士の恥とばかりに会うことを決めて、
約束を取り付け、新宿の彼女の指定する場所に行き、
友達から勧められたという店で食事をした。

R子は、オレの会社にいる人の友達で前からオレの話を
聞いていて興味があったということが食事中の会話で
わかり、大興奮。

食事が済んだのが2時頃で、

T「次は何時にどこで待ち合わせですか?」

R子「7時にお茶の水なの」

T「お茶して、移動する時間を考えてもたっぷり4時間
 はありますね」

R子「お茶じゃなくて、ビールでも飲みましょうよ」

T「こんな時間からビールを飲めるところがあります
  かねぇ?」
R子「大丈夫、私に付いて来て」

彼女の言われるままに付いて行くと、西新宿にある
ビアレストラン。そこで、ビールと軽いツマミを頼
んで、少しだけ酔って、元から色っぽい彼女の目が
エロっぽく変わり、トロンとした表情になっていた。

T「R子さん、
 時間もあるし、少し休んで行きませんか?」

R子「いやらしいことするつもりでしょ?いいわよ」

あまりにもカンタンすぎる展開。
だけど、出張先、彼女も一人で東京に来ている状況で
、こんなチャンスはなかなかあるもんじゃない。
二人で歌舞伎町の奥のホテルに入った。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る