uploaded

田舎の小学校で巨乳女子に触らせてもらった思い出・・・・・・・・

10226

今から約二十年前、両親が離婚した。

当時小学2年生だった俺は、3つ上の兄貴と共に母方の
親権になり、それを機に慣れ親しんだ埼玉からお袋の出
身地である宮城へ移り住む事になった。

お袋の実家は農家を営んでおり、周辺には民家が数件し
かなく、それ以外は全て畑や田んぼという少々不便な場
所だった。俺達兄弟は、近くにある古い木造校舎作りの
小学校(現在は廃校)に通う事になった。

1学年1クラスしかなく、しかも全校生徒も100人に満た
ないという小規模な学校だった。この学校は女子の比率
が多く、俺の学年も13人の内8人が女子だった。その中で
クラスのリーダー的存在だった少女こそが、後に俺の妻
となる景子だった。

景子は裕福な寺の三人兄妹の末っ子として生まれ、年の
離れた兄二人に可愛がられて育った為、非常に勝気で男
勝りな性格の持ち主だった。景子は色黒の中性的な顔立
ちで、学年一の長身であった俺と比べても殆ど遜色がな
い身長の持ち主でもあった。

尚且つ当時は、ベリーショートの髪型にボーイッシュな
服装をしており、男口調で一人称も「オレ」であった為、
俺も完全に男扱いしていた。俺と景子は転校当初から仲
が良く、毎日の様に放課後や休日も遊び、いつしか互い
に唯一無二の親友になっていた。

進級してからもその関係は変わらなかったが、4年生にな
った前後から景子の身体が、徐々に女性らしい凹凸が出
始めたのだ。本格的に思春期に入ってからはクラスの中
で一人、妙に色気だった体付きをする様になっていた。
 
 
いつしか景子もスポーツブラを着け始めたが、俺は敢え
て指摘せずに今まで通りに接していた。その頃から少な
からず、景子の事を異性として意識する様になっていた。
景子は発育が非常に良く、特に胸の成長は著しく、同級
生の女子と比べても群を抜いており、圧倒的ボリューム
を誇っていた。

そして5年生のある日の放課後、景子に呼び出されて彼
女の家に赴いた時の事。景子の部屋に入った途端、景子
が真剣な面持ちに変わったのだ。

「・・・なあ、お前に折り行って相談があるんだが・・・
 その前に一つ約束してくれないか?・・・何があって
     も絶対に笑わないって、約束してくれるか?」

「お、おう・・・分かった」

問い質す景子の迫力に負け、俺は手拍子で頷いた。
発言の意図が分からず首を傾げていると、景子は着てい
たセーターの裾を捲り上げた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
田舎の小学校で巨乳女子に触らせてもらった思い出・・・・・・・・

10226

今から約二十年前、両親が離婚した。

当時小学2年生だった俺は、3つ上の兄貴と共に母方の
親権になり、それを機に慣れ親しんだ埼玉からお袋の出
身地である宮城へ移り住む事になった。

お袋の実家は農家を営んでおり、周辺には民家が数件し
かなく、それ以外は全て畑や田んぼという少々不便な場
所だった。俺達兄弟は、近くにある古い木造校舎作りの
小学校(現在は廃校)に通う事になった。

1学年1クラスしかなく、しかも全校生徒も100人に満た
ないという小規模な学校だった。この学校は女子の比率
が多く、俺の学年も13人の内8人が女子だった。その中で
クラスのリーダー的存在だった少女こそが、後に俺の妻
となる景子だった。

景子は裕福な寺の三人兄妹の末っ子として生まれ、年の
離れた兄二人に可愛がられて育った為、非常に勝気で男
勝りな性格の持ち主だった。景子は色黒の中性的な顔立
ちで、学年一の長身であった俺と比べても殆ど遜色がな
い身長の持ち主でもあった。

尚且つ当時は、ベリーショートの髪型にボーイッシュな
服装をしており、男口調で一人称も「オレ」であった為、
俺も完全に男扱いしていた。俺と景子は転校当初から仲
が良く、毎日の様に放課後や休日も遊び、いつしか互い
に唯一無二の親友になっていた。

進級してからもその関係は変わらなかったが、4年生にな
った前後から景子の身体が、徐々に女性らしい凹凸が出
始めたのだ。本格的に思春期に入ってからはクラスの中
で一人、妙に色気だった体付きをする様になっていた。
 
 
いつしか景子もスポーツブラを着け始めたが、俺は敢え
て指摘せずに今まで通りに接していた。その頃から少な
からず、景子の事を異性として意識する様になっていた。
景子は発育が非常に良く、特に胸の成長は著しく、同級
生の女子と比べても群を抜いており、圧倒的ボリューム
を誇っていた。

そして5年生のある日の放課後、景子に呼び出されて彼
女の家に赴いた時の事。景子の部屋に入った途端、景子
が真剣な面持ちに変わったのだ。

「・・・なあ、お前に折り行って相談があるんだが・・・
 その前に一つ約束してくれないか?・・・何があって
     も絶対に笑わないって、約束してくれるか?」

「お、おう・・・分かった」

問い質す景子の迫力に負け、俺は手拍子で頷いた。
発言の意図が分からず首を傾げていると、景子は着てい
たセーターの裾を捲り上げた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る