uploaded

【嫁との出会いは修羅場と化した俺の自宅の風呂場だった】  心が動いたら浮気とは言わないんだよ、それは本気と言うんだ。 体だけの関係でも十分過ぎるほどの裏切りだろ・・・

俺とA子は付き合って2年くらいだった。

 

結婚もそろそろかなと意識し始めてて

両家の両親には挨拶を済ませてあって

婚約に近い形だった。

 

俺は一人暮らしでA子に合鍵を渡してあったので

ちょくちょく俺が帰ってくる前にご飯を作って待っててくれたりもしてた。

 

ある日、仕事中に具合が悪くなって早退をさせてもらった日の事。

熱っぽくて少しフラフラしながら家に着くと

見た事のない靴とA子の靴がある。

 

玄関脇の風呂場からは何やら笑い声と共に男の声もする。

 

(あれれ、こりゃやられちゃってるかね)とか思いながら

物音を立てないようにこっそりと部屋に入って辺りを見回すと

脱ぎっぱなしの洋服がその辺りに散らかっていた。

 

ご丁寧に下着まで散乱してる有様で

何も言われなくても状況を把握する事が出来た。

 

 

状況を把握してくると、段々と腹が立ってきた

 

何かないかなぁと周囲を見ると

昔買った安物のソファーが目に入った。

 

風呂場は玄関脇にあるので、比較的狭い通路になっている。

扉は通路側に開くので、風呂場の扉の前にソファーを設置。

 

これだけだと心配だなとか考えて

ソファーの上にホームセンターなんかで売ってるシルバーラックをそっと乗せておいた。

 

 

何も知らない風呂場では

キャッキャウフフと何やら騒々しい。

 

ぱくYUUSEI75_kois

 

締め出した事で少し余裕が出てきた

携帯を置いてるんじゃないかと思って探してみると二人分の携帯を発見。

 

どちらもロックがかかってないので

簡単にメールやら電話帳やらを確認できた。

 

男の方の携帯

メールにはA子の他にも本命の彼女と思しき人とのやり取りがあったので

メールを送ってみた。

 

内容は

 

「はじめまして、俺男と申します。

 現在、我が家の風呂にてB男さんと私の彼女がイチャイチャしておりましたのでご連絡差し上げました。」

 

これだけでは信じてもらえるか分からないので

部屋に散乱してる二人の服を写メで撮って添付して

俺の連絡先も合わせて送信。

 

 

作業に没頭してると風呂場が少し騒がしくなってきた。

どうやらドアが開かない事に気がついたらしい。

 

A子「あれ?開かない?」

 

間男「え?何で?」

 

タバコを吸いながら観察してると

俺の電話に見慣れない番号でかかってきた。

聞かれないようにベランダへ静かに出て電話に出る。

 

 

俺「はい、俺男です。」

 

B子「もしもし、間男の彼女のB子と申しますが、俺男さんでしょうか?」

 

 

声を聞いた限りでは結構しっかりしてそうな女性。

 

家に帰ってきて風呂場でイチャイチャしてる二人に気がついて

風呂場に隔離した事を簡単に説明。

 

B子の家は俺の家からそれほど遠くないようなので

俺の家の住所を教えてすぐに向かうとの事だった。

 

その間、風呂場はとても騒がしい事になってた。

 

具合悪くて早退してきたはずなのに

そんな事もすっかり忘れて風呂場前のソファーまで行く。

 

人の気配に気がついたのか風呂場が静まるけど

お構いなしに声をかけてみた。

 

 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【嫁との出会いは修羅場と化した俺の自宅の風呂場だった】  心が動いたら浮気とは言わないんだよ、それは本気と言うんだ。 体だけの関係でも十分過ぎるほどの裏切りだろ・・・

俺とA子は付き合って2年くらいだった。

 

結婚もそろそろかなと意識し始めてて

両家の両親には挨拶を済ませてあって

婚約に近い形だった。

 

俺は一人暮らしでA子に合鍵を渡してあったので

ちょくちょく俺が帰ってくる前にご飯を作って待っててくれたりもしてた。

 

ある日、仕事中に具合が悪くなって早退をさせてもらった日の事。

熱っぽくて少しフラフラしながら家に着くと

見た事のない靴とA子の靴がある。

 

玄関脇の風呂場からは何やら笑い声と共に男の声もする。

 

(あれれ、こりゃやられちゃってるかね)とか思いながら

物音を立てないようにこっそりと部屋に入って辺りを見回すと

脱ぎっぱなしの洋服がその辺りに散らかっていた。

 

ご丁寧に下着まで散乱してる有様で

何も言われなくても状況を把握する事が出来た。

 

 

状況を把握してくると、段々と腹が立ってきた

 

何かないかなぁと周囲を見ると

昔買った安物のソファーが目に入った。

 

風呂場は玄関脇にあるので、比較的狭い通路になっている。

扉は通路側に開くので、風呂場の扉の前にソファーを設置。

 

これだけだと心配だなとか考えて

ソファーの上にホームセンターなんかで売ってるシルバーラックをそっと乗せておいた。

 

 

何も知らない風呂場では

キャッキャウフフと何やら騒々しい。

 

ぱくYUUSEI75_kois

 

締め出した事で少し余裕が出てきた

携帯を置いてるんじゃないかと思って探してみると二人分の携帯を発見。

 

どちらもロックがかかってないので

簡単にメールやら電話帳やらを確認できた。

 

男の方の携帯

メールにはA子の他にも本命の彼女と思しき人とのやり取りがあったので

メールを送ってみた。

 

内容は

 

「はじめまして、俺男と申します。

 現在、我が家の風呂にてB男さんと私の彼女がイチャイチャしておりましたのでご連絡差し上げました。」

 

これだけでは信じてもらえるか分からないので

部屋に散乱してる二人の服を写メで撮って添付して

俺の連絡先も合わせて送信。

 

 

作業に没頭してると風呂場が少し騒がしくなってきた。

どうやらドアが開かない事に気がついたらしい。

 

A子「あれ?開かない?」

 

間男「え?何で?」

 

タバコを吸いながら観察してると

俺の電話に見慣れない番号でかかってきた。

聞かれないようにベランダへ静かに出て電話に出る。

 

 

俺「はい、俺男です。」

 

B子「もしもし、間男の彼女のB子と申しますが、俺男さんでしょうか?」

 

 

声を聞いた限りでは結構しっかりしてそうな女性。

 

家に帰ってきて風呂場でイチャイチャしてる二人に気がついて

風呂場に隔離した事を簡単に説明。

 

B子の家は俺の家からそれほど遠くないようなので

俺の家の住所を教えてすぐに向かうとの事だった。

 

その間、風呂場はとても騒がしい事になってた。

 

具合悪くて早退してきたはずなのに

そんな事もすっかり忘れて風呂場前のソファーまで行く。

 

人の気配に気がついたのか風呂場が静まるけど

お構いなしに声をかけてみた。

 

 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る