uploaded

【昼顔妻】妻がパートしているスーパーに行ったら、何やら店長と怪しげな雰囲気→こっそり裏に回ってみたら・・・・・・・・・・

10253

ゴールデンウイークの最終日、近くのパチ屋であっという間に大一枚スッてしまったオレ。

負けて熱くなり、もはや平常心を失くしていたのだろう、止めときゃいいのに自宅近くのスーパーで
パート勤めをしている妻に軍資金を都合してもらおうと考えた。

妻が勤めるスーパーは駅前の商店街を抜けた所にある県内に十店舗ほどあるチェーン店のひとつで
長男が高校生になり何かと出費が増えるということもあって、家計の足しにと一年前から勤め出したのだ。

正面の駐輪場越しに店内を見渡すが、休憩にでも入っているのか妻の姿は見えない。
恐る恐る店内に入り、青果から精肉、鮮魚から惣菜へと順番に通路を探すのだがどうにも見当たらない。

もし休憩に入っているのなら出て来るまで待たなければならないと思った矢先、ちょうど出口近くの
サービスカウンターで中年の男と一緒に接客をしている妻を見つけることが出来た

丸顔の童顔、柔らかなウエーブのかかった肩までの髪をダークブラウンにカラーしている
今年ちょうど四十歳になる妻、美緒。 

白のブラウスにグレーのベスト、そのベストとお揃いの
キュロットスカートからナチュラルなパンストに包まれたすらりとした脚が伸びていて、その若々しい
外見はとても高校生の子供がいる母親には見えない。

隣りにいるのは恐らく店長だろう、きちんと分け目の入った髪型、お洒落なシャツに渋いネクタイ、
歳はおよそ五十を回ったところだろうか。
客と応対しながら、さも親密そうに妻に話しかける店長に妻も笑顔で答えていて、その仲睦まじい様子はまるで長年連れ添った夫婦の様に感じられる。
(なんだ、美緒の奴。 いい加減にしろ)

今まで共に暮らしてきた妻が自分の知らない男と親しそうに会話をしている光景にどうしようもなく
嫉妬を覚える。 
しかし出て行って注意する訳にもいかない。
(軍資金を無心してやろうと思ったがやっぱヤメだ。 仕方がない、帰って撮りだめした旅行番組でも見るか)

妻と店長は客が帰った後も延々と会話は尽きなかった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【昼顔妻】妻がパートしているスーパーに行ったら、何やら店長と怪しげな雰囲気→こっそり裏に回ってみたら・・・・・・・・・・

10253

ゴールデンウイークの最終日、近くのパチ屋であっという間に大一枚スッてしまったオレ。

負けて熱くなり、もはや平常心を失くしていたのだろう、止めときゃいいのに自宅近くのスーパーで
パート勤めをしている妻に軍資金を都合してもらおうと考えた。

妻が勤めるスーパーは駅前の商店街を抜けた所にある県内に十店舗ほどあるチェーン店のひとつで
長男が高校生になり何かと出費が増えるということもあって、家計の足しにと一年前から勤め出したのだ。

正面の駐輪場越しに店内を見渡すが、休憩にでも入っているのか妻の姿は見えない。
恐る恐る店内に入り、青果から精肉、鮮魚から惣菜へと順番に通路を探すのだがどうにも見当たらない。

もし休憩に入っているのなら出て来るまで待たなければならないと思った矢先、ちょうど出口近くの
サービスカウンターで中年の男と一緒に接客をしている妻を見つけることが出来た

丸顔の童顔、柔らかなウエーブのかかった肩までの髪をダークブラウンにカラーしている
今年ちょうど四十歳になる妻、美緒。 

白のブラウスにグレーのベスト、そのベストとお揃いの
キュロットスカートからナチュラルなパンストに包まれたすらりとした脚が伸びていて、その若々しい
外見はとても高校生の子供がいる母親には見えない。

隣りにいるのは恐らく店長だろう、きちんと分け目の入った髪型、お洒落なシャツに渋いネクタイ、
歳はおよそ五十を回ったところだろうか。
客と応対しながら、さも親密そうに妻に話しかける店長に妻も笑顔で答えていて、その仲睦まじい様子はまるで長年連れ添った夫婦の様に感じられる。
(なんだ、美緒の奴。 いい加減にしろ)

今まで共に暮らしてきた妻が自分の知らない男と親しそうに会話をしている光景にどうしようもなく
嫉妬を覚える。 
しかし出て行って注意する訳にもいかない。
(軍資金を無心してやろうと思ったがやっぱヤメだ。 仕方がない、帰って撮りだめした旅行番組でも見るか)

妻と店長は客が帰った後も延々と会話は尽きなかった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る