uploaded

夜中の高原で。俺『彼女に振られてツライ…』DQNカップル「ここマジで怖いんだけど!」俺『あいつらうるせーな』→ブチ切れた俺はつい…

3年前の冬の夜、
日光へドライブしに行ったときの事です。
その日は彼女と別れた翌日で、
俺は、それはもうエラい傷心中でした。
とにかく1人で呆然としていて、
ひたすらネイチャーな方向へと車を走らせて
そこがたまたま日光だったのですが。

日光のある山を登っていくと、
霧降高原というステキな場所があります。
俺は霧降高原の駐車場に車を止め、
1人わびしく缶コーヒーを飲んでいました。
時間は深夜1時過ぎです。
どうせ誰も居ないし、女々しくグスグスと
泣いていました。

そのうちそこに居るのも飽きたので、
近くをブラつきに車を出ました。
冬の日光の、それも山の上ですから、
かなり寒かったです。
俺なんかどうにでもなっちまえ、
と捨て鉢な気分ではありましたが、
寒いのはとても苦手なので、
もちろんすぐに戻るつもりでした。

すると向こうの道から爆音とヒップホップな
感じの低音がブンガブンガと
聞こえました。
行儀の悪い排気音とやたらピカピカと光る
ライトから察して、DQNカーだと
直ぐに分かりました。
案の定車は路肩に止まり、騒ぐ声と2つの
懐中電灯らしい光もチラチラ見えたのです。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
夜中の高原で。俺『彼女に振られてツライ…』DQNカップル「ここマジで怖いんだけど!」俺『あいつらうるせーな』→ブチ切れた俺はつい…

3年前の冬の夜、
日光へドライブしに行ったときの事です。
その日は彼女と別れた翌日で、
俺は、それはもうエラい傷心中でした。
とにかく1人で呆然としていて、
ひたすらネイチャーな方向へと車を走らせて
そこがたまたま日光だったのですが。

日光のある山を登っていくと、
霧降高原というステキな場所があります。
俺は霧降高原の駐車場に車を止め、
1人わびしく缶コーヒーを飲んでいました。
時間は深夜1時過ぎです。
どうせ誰も居ないし、女々しくグスグスと
泣いていました。

そのうちそこに居るのも飽きたので、
近くをブラつきに車を出ました。
冬の日光の、それも山の上ですから、
かなり寒かったです。
俺なんかどうにでもなっちまえ、
と捨て鉢な気分ではありましたが、
寒いのはとても苦手なので、
もちろんすぐに戻るつもりでした。

すると向こうの道から爆音とヒップホップな
感じの低音がブンガブンガと
聞こえました。
行儀の悪い排気音とやたらピカピカと光る
ライトから察して、DQNカーだと
直ぐに分かりました。
案の定車は路肩に止まり、騒ぐ声と2つの
懐中電灯らしい光もチラチラ見えたのです。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る