uploaded

両親を亡くした9歳の私を引き取ったのは24歳の叔父と大学生の彼女だった。

両親が事故で亡くなったこと。 
もう9歳だったのに、ぼんやりとしか覚えていません。泣いていた記憶はあります。 

あずけられた先で黙殺されたこと。 
話しかけてもらえない。笑ってももらえませんでした。 
優しく構ってもらえるのが普通だと思っていたので、どうしたらいいか分かりませんでした。 
こっちはよく覚えています。 

これがわたしの最大の修羅場です。 
次は同時に周囲でおこった修羅場?です。  
 
親戚「私子どうする」「イラネ」「困る」「迷惑」「なら叔父にまかせたら?」 
叔父は実父の弟で、当時24歳会社員独身。家によくやって来ては私子とも遊んでくれていました。 
「無理に決まってます」と様子見に来た叔父に「おにーちゃん(そう呼んでた)」と私子がすがりつき 
叔父「わたしが育てます」 

親戚「若過ぎね?」「男手だけでは」「いやらしいよね」「無理かも」 
叔父「おまえら人に押し付けて梯子外すのはやめろ」 
親戚「なら任すか」「でも男手だけじゃ」(無限ループで揉める) 

叔父彼女は当時21歳。他県の大学で4年生でした。 
彼女「事情は聞かせてもらった。内定蹴ってそっち行って結婚するわ。これで解決でしょ」 
叔父「それは無謀で短慮だ。22歳でいきなり10歳の子持ちとか正気じゃない。絶対だめ、無理。むしろ別れてくれ」 
彼女「25歳で10歳の子持ちもないわよ。まず私子ちゃんが大事でしょ。誰かがやらなきゃ」 
彼女両親「絶対に許しません。将来を捨てるんじゃない。叔父くんと別れなさい」 
親戚「これはいい人身御供」「とおといぎせいはわすれない(棒)」「応援します(他人事)」
 
 
叔父&彼女両親「わざわざ不幸になるな。そもそも私子知らんだろ。諦めてくれ」 
彼女「不幸になるって決めつけるな! あなたの娘なら関係ある!・・・ねえ、3人で幸せめざそう。ね(女の涙作戦)」 
叔父「もう、そこまでいうならついてこいや。3人で行くとこまで行っちゃるわ」 
彼女両親「おまえなんかもう娘じゃない。困っても、す、少ししか助けないんだからね!」 


両親の修羅場はずっと続いたようです。 
まず親が若すぎて好奇の視線や心無い中傷に苦しみます。 
「育児完全素人」でなにをやっていいかさえ分かりません。 
不安定な私子に張りつくため母は専業主婦(在宅パートも少し)。当時の父の給料では火の車大行進でした。 
結納も新婚旅行もなしです。 
式だけは父の会社の人や友人がパーティを開いてくれて人前式だったそうです。 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
両親を亡くした9歳の私を引き取ったのは24歳の叔父と大学生の彼女だった。

両親が事故で亡くなったこと。 
もう9歳だったのに、ぼんやりとしか覚えていません。泣いていた記憶はあります。 

あずけられた先で黙殺されたこと。 
話しかけてもらえない。笑ってももらえませんでした。 
優しく構ってもらえるのが普通だと思っていたので、どうしたらいいか分かりませんでした。 
こっちはよく覚えています。 

これがわたしの最大の修羅場です。 
次は同時に周囲でおこった修羅場?です。  
 
親戚「私子どうする」「イラネ」「困る」「迷惑」「なら叔父にまかせたら?」 
叔父は実父の弟で、当時24歳会社員独身。家によくやって来ては私子とも遊んでくれていました。 
「無理に決まってます」と様子見に来た叔父に「おにーちゃん(そう呼んでた)」と私子がすがりつき 
叔父「わたしが育てます」 

親戚「若過ぎね?」「男手だけでは」「いやらしいよね」「無理かも」 
叔父「おまえら人に押し付けて梯子外すのはやめろ」 
親戚「なら任すか」「でも男手だけじゃ」(無限ループで揉める) 

叔父彼女は当時21歳。他県の大学で4年生でした。 
彼女「事情は聞かせてもらった。内定蹴ってそっち行って結婚するわ。これで解決でしょ」 
叔父「それは無謀で短慮だ。22歳でいきなり10歳の子持ちとか正気じゃない。絶対だめ、無理。むしろ別れてくれ」 
彼女「25歳で10歳の子持ちもないわよ。まず私子ちゃんが大事でしょ。誰かがやらなきゃ」 
彼女両親「絶対に許しません。将来を捨てるんじゃない。叔父くんと別れなさい」 
親戚「これはいい人身御供」「とおといぎせいはわすれない(棒)」「応援します(他人事)」
 
 
叔父&彼女両親「わざわざ不幸になるな。そもそも私子知らんだろ。諦めてくれ」 
彼女「不幸になるって決めつけるな! あなたの娘なら関係ある!・・・ねえ、3人で幸せめざそう。ね(女の涙作戦)」 
叔父「もう、そこまでいうならついてこいや。3人で行くとこまで行っちゃるわ」 
彼女両親「おまえなんかもう娘じゃない。困っても、す、少ししか助けないんだからね!」 


両親の修羅場はずっと続いたようです。 
まず親が若すぎて好奇の視線や心無い中傷に苦しみます。 
「育児完全素人」でなにをやっていいかさえ分かりません。 
不安定な私子に張りつくため母は専業主婦(在宅パートも少し)。当時の父の給料では火の車大行進でした。 
結納も新婚旅行もなしです。 
式だけは父の会社の人や友人がパーティを開いてくれて人前式だったそうです。 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る