uploaded

酔っ払って終電を逃した後輩が泊めてくれとやって来た結果・・

は広告代理店に勤める30才の男です

この前、会社の後輩で仲が良い「メグミ」
から電話がありました。
俺のマンションが駅近くにあって、
飲んでいて終電が無くなったから泊めて
ほしいって事でした。
メグミは顔も可愛くて、年は27才です。

メグミが家に来ると、ほろ酔いな感じの
赤い顔がさらに可愛かったです。
部屋に入ると取り敢えずビールで乾杯して
少し飲みました。
俺にも彼女がいたので何とも思って無かった
んですけど、今見るとかなり可愛いと思って
今日は何とかいけるトコまでいきたいと
思っていました。

メグミは性格が明るくて、リアクションが
大きくて話しやすいです。
下ネタも全然オッケーだったから、
昔から密かに『簡単にヤレんじゃねーの?』
って思っていました。

彼氏が出来ないって悩んでいたから、
ひょっとしたら今日を切っ掛けに
付合っちゃうか?と思って一人で
盛り上がっていました!

するとメグミが「先輩!聞いて下さいよ!
メグミ彼氏出来たんですよ!」
と言い出した!
一発目からかなりのカウンターパンチが
飛んで来た!

俺は『マジでええええええええええ!』
でしたけど、必死こいて表情に出さない様に
話を続けました!
でも、内心はメチャメチャブルーです・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
酔っ払って終電を逃した後輩が泊めてくれとやって来た結果・・

は広告代理店に勤める30才の男です

この前、会社の後輩で仲が良い「メグミ」
から電話がありました。
俺のマンションが駅近くにあって、
飲んでいて終電が無くなったから泊めて
ほしいって事でした。
メグミは顔も可愛くて、年は27才です。

メグミが家に来ると、ほろ酔いな感じの
赤い顔がさらに可愛かったです。
部屋に入ると取り敢えずビールで乾杯して
少し飲みました。
俺にも彼女がいたので何とも思って無かった
んですけど、今見るとかなり可愛いと思って
今日は何とかいけるトコまでいきたいと
思っていました。

メグミは性格が明るくて、リアクションが
大きくて話しやすいです。
下ネタも全然オッケーだったから、
昔から密かに『簡単にヤレんじゃねーの?』
って思っていました。

彼氏が出来ないって悩んでいたから、
ひょっとしたら今日を切っ掛けに
付合っちゃうか?と思って一人で
盛り上がっていました!

するとメグミが「先輩!聞いて下さいよ!
メグミ彼氏出来たんですよ!」
と言い出した!
一発目からかなりのカウンターパンチが
飛んで来た!

俺は『マジでええええええええええ!』
でしたけど、必死こいて表情に出さない様に
話を続けました!
でも、内心はメチャメチャブルーです・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る