uploaded

辻褄が合わない話が毎回ボロボロと出てきてたのでA子って虚言癖があるのかな・・・って感じてた

57374_200808180547219001219067347c

修羅場とは違うかもだし大した盛り上がりも無いけど投下

当時の年齢で書きます
私子 (21) 大学生 中級クラブXの新人アルバイト
常連客(36) クラブXの常連客 デブ 昔Xの系列店でA子で知り合う
A子  (32) 元クラブXのホステス 別都市の超高級クラブ勤務 昔Xの系列店で常連客と知り合う
B子  (32) A子の友人 格安クラブSのホステス
イケメン客(33?) クラブXの常連客 長身イケメン玉木宏似 リッチで紳士 指名はしない主義

 

当時大学生の私は、金欠ってこともあって手軽に稼げそうなホステスのバイトを始めていた。
ホステスの中で学生アルバイトは私だけで他はみんな綺麗なお姉さん達ばかり。
こんな中に私みたいなのが居ていいのかなーなんて思いつつも
新人効果もあってかそこそこ指名は取れてたし夜の世界に戸惑いつつもなんとかがんばってた。

で、私子はバイトを始めてすぐ店で常連客と出会い指名を受けるようになっていた。
ある日、常連客が私子にこんな話を持ちかけてきた。
「俺の知り合いにA子という女がいる。その女は以前クラブXの系列店で働いてたんだが
今のクラブXの状況を知りたいらしい。よかったらA子と電話で話してやってくれないか?」

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
辻褄が合わない話が毎回ボロボロと出てきてたのでA子って虚言癖があるのかな・・・って感じてた

57374_200808180547219001219067347c

修羅場とは違うかもだし大した盛り上がりも無いけど投下

当時の年齢で書きます
私子 (21) 大学生 中級クラブXの新人アルバイト
常連客(36) クラブXの常連客 デブ 昔Xの系列店でA子で知り合う
A子  (32) 元クラブXのホステス 別都市の超高級クラブ勤務 昔Xの系列店で常連客と知り合う
B子  (32) A子の友人 格安クラブSのホステス
イケメン客(33?) クラブXの常連客 長身イケメン玉木宏似 リッチで紳士 指名はしない主義

 

当時大学生の私は、金欠ってこともあって手軽に稼げそうなホステスのバイトを始めていた。
ホステスの中で学生アルバイトは私だけで他はみんな綺麗なお姉さん達ばかり。
こんな中に私みたいなのが居ていいのかなーなんて思いつつも
新人効果もあってかそこそこ指名は取れてたし夜の世界に戸惑いつつもなんとかがんばってた。

で、私子はバイトを始めてすぐ店で常連客と出会い指名を受けるようになっていた。
ある日、常連客が私子にこんな話を持ちかけてきた。
「俺の知り合いにA子という女がいる。その女は以前クラブXの系列店で働いてたんだが
今のクラブXの状況を知りたいらしい。よかったらA子と電話で話してやってくれないか?」

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る