uploaded

母「アンタがイジメられているのは知ってたし、イジメの証拠も押さえてた」→私『何で助けてくれなかったの!』→すると、母は…。

new_a422

小学校の頃は仲良かったのに、中学校に入った途端Aからイジメられるようになった。
その頃は不良っぽいのがカッコイイ時代。
Aが中学デビューするのに、地味な私とお友達じゃ、かっこ付かなかったんだと思う。
「あんたら仲良かったじゃん」
「それが余計にムカツクんだよ!ギャハハ」ってかんじ。

私が体育で走ると、「パンツ見えてる~」(見えてないのに)
「ドスンドスン」(太ってないけど、耐えられない恥ずかしさ)
睨んだとか、そんなことで体育館の裏に連れていかれて、
不良グループに囲まれたり、女番長みたいな先輩にビンタされた。
でも家では楽しい学校生活送ってる演技をしていた。
みじめだって知られたくなかったから。

できるだけ遠くの高校に行きたくて、必死に勉強して校区で一番遠くの高校に入った。
なのになぜかまたAと一緒。
Aは不良をやめて、可愛い女の子に変身して、バスケ部の先輩と付き合いはじめた。
男の子達もAをチヤホヤ。
だけどチクリになるからって言わず。
同じ中学出身の子も数人いたけど、皆口つぐんでた。

ある日、急に天気が悪くなり嵐になった。
部活中止で帰ることになったけど、電車が事故でとまって、駅から出られなくなった。
公衆電話も長蛇の列。
困ってたら、ロータリーにうちの車が入ってきた。
「電車とまってるっていうから、迎えに来たのよ!」と母。
駅にいた皆が「いいな~」って目でこっち見てた。
小学生の頃よくうちに遊びに来ていたAがそれ見て、
「おばさん、Aです」ってわざとらしく挨拶に来た。

そしたら母がAをじ~っと見て、

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
母「アンタがイジメられているのは知ってたし、イジメの証拠も押さえてた」→私『何で助けてくれなかったの!』→すると、母は…。

new_a422

小学校の頃は仲良かったのに、中学校に入った途端Aからイジメられるようになった。
その頃は不良っぽいのがカッコイイ時代。
Aが中学デビューするのに、地味な私とお友達じゃ、かっこ付かなかったんだと思う。
「あんたら仲良かったじゃん」
「それが余計にムカツクんだよ!ギャハハ」ってかんじ。

私が体育で走ると、「パンツ見えてる~」(見えてないのに)
「ドスンドスン」(太ってないけど、耐えられない恥ずかしさ)
睨んだとか、そんなことで体育館の裏に連れていかれて、
不良グループに囲まれたり、女番長みたいな先輩にビンタされた。
でも家では楽しい学校生活送ってる演技をしていた。
みじめだって知られたくなかったから。

できるだけ遠くの高校に行きたくて、必死に勉強して校区で一番遠くの高校に入った。
なのになぜかまたAと一緒。
Aは不良をやめて、可愛い女の子に変身して、バスケ部の先輩と付き合いはじめた。
男の子達もAをチヤホヤ。
だけどチクリになるからって言わず。
同じ中学出身の子も数人いたけど、皆口つぐんでた。

ある日、急に天気が悪くなり嵐になった。
部活中止で帰ることになったけど、電車が事故でとまって、駅から出られなくなった。
公衆電話も長蛇の列。
困ってたら、ロータリーにうちの車が入ってきた。
「電車とまってるっていうから、迎えに来たのよ!」と母。
駅にいた皆が「いいな~」って目でこっち見てた。
小学生の頃よくうちに遊びに来ていたAがそれ見て、
「おばさん、Aです」ってわざとらしく挨拶に来た。

そしたら母がAをじ~っと見て、

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る