uploaded

会社の外で。勘助「俺のこと好きでしょ?イチャイチャしたいでしょ?」私『ありえない』勘助「嘘つかないで」→慌ててフロアに逃げ帰ると・・・

め先のビルが同じ男が勘助だった。

フロアが最上階にあったから、出来る限り
エレベーターに乗ったら乗り合わせた人には
挨拶・階数聞き・扉を開け閉めをいつも
してたんだけど、出勤時間が同じ人や、
社員証で階数がだいたい分かるから、
確認してボタンを押したりするのが
当たり前だと思って、やってたのね。
そしたら勘助の会社のお偉いさんからある時
勘助と付き合ってるのか?と確認?された。

その時私はギリ20代前半、勘助は40過ぎ位。
そもそも、勘助って存在を知らなかったし、
私はとっても好きな人がいたから
三次元はありえなかったので、付き合ってる
人がいるとその人に伝えた。

そしたらある日の帰宅途中に会社のビルから
出たところで勘助に肩を叩かれ、
声をかけられた。

君は僕の事が好きなのに、部長にウソを
ついたらだめでしょとか言われ、
意味がわからなかったのと、怖かったので
聞き返したら・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
会社の外で。勘助「俺のこと好きでしょ?イチャイチャしたいでしょ?」私『ありえない』勘助「嘘つかないで」→慌ててフロアに逃げ帰ると・・・

め先のビルが同じ男が勘助だった。

フロアが最上階にあったから、出来る限り
エレベーターに乗ったら乗り合わせた人には
挨拶・階数聞き・扉を開け閉めをいつも
してたんだけど、出勤時間が同じ人や、
社員証で階数がだいたい分かるから、
確認してボタンを押したりするのが
当たり前だと思って、やってたのね。
そしたら勘助の会社のお偉いさんからある時
勘助と付き合ってるのか?と確認?された。

その時私はギリ20代前半、勘助は40過ぎ位。
そもそも、勘助って存在を知らなかったし、
私はとっても好きな人がいたから
三次元はありえなかったので、付き合ってる
人がいるとその人に伝えた。

そしたらある日の帰宅途中に会社のビルから
出たところで勘助に肩を叩かれ、
声をかけられた。

君は僕の事が好きなのに、部長にウソを
ついたらだめでしょとか言われ、
意味がわからなかったのと、怖かったので
聞き返したら・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る