uploaded

訪問販売の男が私の乗ったエレベーターに乗り込んできた。お断りしたら豹変して「人の話聞けっつってんだろ!」家に逃げ帰るとドアをガンッ!と蹴られた

図々しい訪問販売の神経がわからん。 
私は既婚で共働きなんだけど、土日が休みの職業じゃないので 
休みは平日で、家でまったりしている。 
その日も旦那が仕事に行ったあと、少し街に出て午後1時ごろ帰ってきた。 

しかし、マンションに着いてみるとオートロックのエントランスのドアが全開
誰でも入ってこれるようになってる。
無用心なので、ドアを閉めて、自動ロックがかかったのを確認。
誰か閉め忘れたのかな? 
と思っていると黒い大きな鞄を持った40歳くらいの大きな男が、階段を下りてきた。
そして私を見ると、目を見開いてにっこり笑って近づいてくるので、
「うわー、逃げなきゃ」と思ってエレベーターのボタンを押した。

でも、男は急いで近づいてきて
「このマンションにお住まいですよね? 奥様は専業主婦の方でいらっしゃいますか?
少しお話させていただけませんか?」
これを無視してエレベーターに乗り込んで、急いで閉のボタンを押したら
そのおやじ、足でエレベーターが閉まるのを防いで、一緒に乗り込んできやがった。

私は既婚で共働きなんだけど、土日が休みの職業じゃないので
休みは平日で、家でまったりしている。
その日も旦那が仕事に行ったあと、少し街に出て午後1時ごろ帰ってきた。
しかし、マンションに着いてみるとオートロックのエントランスのドアが全開、
誰でも入ってこれるようになってる。
無用心なので、ドアを閉めて、自動ロックがかかったのを確認。
誰か閉め忘れたのかな? 
と思っていると黒い大きな鞄を持った40歳くらいの大きな男が、階段を下りてきた。
そして私を見ると、目を見開いてにっこり笑って近づいてくるので、
「うわー、逃げなきゃ」と思ってエレベーターのボタンを押した。

でも、男は急いで近づいてきて
「このマンションにお住まいですよね? 奥様は専業主婦の方でいらっしゃいますか?
少しお話させていただけませんか?」
これを無視してエレベーターに乗り込んで、急いで閉のボタンを押したら
そのおやじ、足でエレベーターが閉まるのを防いで、一緒に乗り込んできやがった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
訪問販売の男が私の乗ったエレベーターに乗り込んできた。お断りしたら豹変して「人の話聞けっつってんだろ!」家に逃げ帰るとドアをガンッ!と蹴られた

図々しい訪問販売の神経がわからん。 
私は既婚で共働きなんだけど、土日が休みの職業じゃないので 
休みは平日で、家でまったりしている。 
その日も旦那が仕事に行ったあと、少し街に出て午後1時ごろ帰ってきた。 

しかし、マンションに着いてみるとオートロックのエントランスのドアが全開
誰でも入ってこれるようになってる。
無用心なので、ドアを閉めて、自動ロックがかかったのを確認。
誰か閉め忘れたのかな? 
と思っていると黒い大きな鞄を持った40歳くらいの大きな男が、階段を下りてきた。
そして私を見ると、目を見開いてにっこり笑って近づいてくるので、
「うわー、逃げなきゃ」と思ってエレベーターのボタンを押した。

でも、男は急いで近づいてきて
「このマンションにお住まいですよね? 奥様は専業主婦の方でいらっしゃいますか?
少しお話させていただけませんか?」
これを無視してエレベーターに乗り込んで、急いで閉のボタンを押したら
そのおやじ、足でエレベーターが閉まるのを防いで、一緒に乗り込んできやがった。

私は既婚で共働きなんだけど、土日が休みの職業じゃないので
休みは平日で、家でまったりしている。
その日も旦那が仕事に行ったあと、少し街に出て午後1時ごろ帰ってきた。
しかし、マンションに着いてみるとオートロックのエントランスのドアが全開、
誰でも入ってこれるようになってる。
無用心なので、ドアを閉めて、自動ロックがかかったのを確認。
誰か閉め忘れたのかな? 
と思っていると黒い大きな鞄を持った40歳くらいの大きな男が、階段を下りてきた。
そして私を見ると、目を見開いてにっこり笑って近づいてくるので、
「うわー、逃げなきゃ」と思ってエレベーターのボタンを押した。

でも、男は急いで近づいてきて
「このマンションにお住まいですよね? 奥様は専業主婦の方でいらっしゃいますか?
少しお話させていただけませんか?」
これを無視してエレベーターに乗り込んで、急いで閉のボタンを押したら
そのおやじ、足でエレベーターが閉まるのを防いで、一緒に乗り込んできやがった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る