uploaded

年下の彼氏「たまには俺が払うよ」私「ありがとう、じゃあお願いしようかな」彼「は?」私「え?」→ドン引き発言を・・・

こないだまで付き合っていた、6歳下の大学生の元彼。 

久しぶりに会えて、夕ご飯でも一緒にということだったけど、 
夜遅くだったし、近所ではそこしかあいていなくて有名チェーン店で牛丼を食べることになった。
 
 
食べ終わって、たまには俺が払うよ、と彼が先にレジへと向かった。 
私は社会人で、そこそこ生活に余裕もあるので、それまでデートしたときは9割方私がお金を出しており、 
そのことについて特に不満もなかった。
 

彼は最近バイトに励んでいるという話もしていたし、この年になると誰かにご馳走になることもなかなか無いので、彼の気持ちが嬉しくもあり、 
「ありがとう。じゃあお願いしようかな。」 
と、私は財布をしまった。
 
 
そしたら・・・

 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
年下の彼氏「たまには俺が払うよ」私「ありがとう、じゃあお願いしようかな」彼「は?」私「え?」→ドン引き発言を・・・
こないだまで付き合っていた、6歳下の大学生の元彼。 

久しぶりに会えて、夕ご飯でも一緒にということだったけど、 
夜遅くだったし、近所ではそこしかあいていなくて有名チェーン店で牛丼を食べることになった。
 
 
食べ終わって、たまには俺が払うよ、と彼が先にレジへと向かった。 
私は社会人で、そこそこ生活に余裕もあるので、それまでデートしたときは9割方私がお金を出しており、 
そのことについて特に不満もなかった。
 

彼は最近バイトに励んでいるという話もしていたし、この年になると誰かにご馳走になることもなかなか無いので、彼の気持ちが嬉しくもあり、 
「ありがとう。じゃあお願いしようかな。」 
と、私は財布をしまった。
 
 
そしたら・・・

 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る