uploaded

弟の片思い相手がボロボロの姿で家に来た。どうやら彼氏が嫉妬して 公開レ○プ計画 を実行したらしい。そこから『まさか』の展開に…

20歳 女の子に夢見てる
A子 21歳 所謂ツンデレ 泣き虫
B男 24歳 A子の彼氏
私 25歳 B男の同僚

弟は中高とチャラくて、彼女居ない時が
無かった。
というか彼女では無かったのかもしれん。
私は弟に興味が微塵と無かったのと、
全く似ていない地味子だったので、
母親が弟を心配するのを聞き流していた。

だけど、弟は大学に入ってA子ちゃんと言う
女の子に出会い一変。
女の子とは愚か、男友達とは遊ばなくなり、
決して仲の良いとは言い難い姉にすら
『A子ちゃん』の話をする一途な男に
変わった。

A子ちゃんは、弟の話を聞く限り
『ツンデレ』だった。悪く言えばドS。
A子ちゃんにはB男という彼氏が居て、
B男にはデレデレ、甘えた。
弟にはツン兎に角ツン。
意地悪いじめっ子。
それがA子ちゃんでした。
(ちなみに、弟の話しの時点では同僚だとは
知らなかった)

いわゆる
『彼氏が居たら他は何も要らないの☆』
な女の子です。

話を聞いた時は、弟気持ち悪い!
ってなったのですが、弟の話を
聞いているうちに、何故か私もA子ちゃん
って可愛いんじゃね?
と思うようになりました。
ほぼツンなのに時々見せるデレが
堪らなかった訳です
姉弟揃って変態です。

そんな風に、私と弟の関係が
良好に変わりつつ有る頃。
弟がA子ちゃんを家に連れてきました。

私はA子ちゃんの姿を見て絶句しました。

真っ赤に腫れた頬に、多分バリカンか
何かで剃られた様な斑の頭。
肩には弟の気に入っていた上着。
服も心なしか汚れて居た気がします。
初めて会ったA子ちゃんは衝撃的でした。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
弟の片思い相手がボロボロの姿で家に来た。どうやら彼氏が嫉妬して 公開レ○プ計画 を実行したらしい。そこから『まさか』の展開に…

20歳 女の子に夢見てる
A子 21歳 所謂ツンデレ 泣き虫
B男 24歳 A子の彼氏
私 25歳 B男の同僚

弟は中高とチャラくて、彼女居ない時が
無かった。
というか彼女では無かったのかもしれん。
私は弟に興味が微塵と無かったのと、
全く似ていない地味子だったので、
母親が弟を心配するのを聞き流していた。

だけど、弟は大学に入ってA子ちゃんと言う
女の子に出会い一変。
女の子とは愚か、男友達とは遊ばなくなり、
決して仲の良いとは言い難い姉にすら
『A子ちゃん』の話をする一途な男に
変わった。

A子ちゃんは、弟の話を聞く限り
『ツンデレ』だった。悪く言えばドS。
A子ちゃんにはB男という彼氏が居て、
B男にはデレデレ、甘えた。
弟にはツン兎に角ツン。
意地悪いじめっ子。
それがA子ちゃんでした。
(ちなみに、弟の話しの時点では同僚だとは
知らなかった)

いわゆる
『彼氏が居たら他は何も要らないの☆』
な女の子です。

話を聞いた時は、弟気持ち悪い!
ってなったのですが、弟の話を
聞いているうちに、何故か私もA子ちゃん
って可愛いんじゃね?
と思うようになりました。
ほぼツンなのに時々見せるデレが
堪らなかった訳です
姉弟揃って変態です。

そんな風に、私と弟の関係が
良好に変わりつつ有る頃。
弟がA子ちゃんを家に連れてきました。

私はA子ちゃんの姿を見て絶句しました。

真っ赤に腫れた頬に、多分バリカンか
何かで剃られた様な斑の頭。
肩には弟の気に入っていた上着。
服も心なしか汚れて居た気がします。
初めて会ったA子ちゃんは衝撃的でした。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る