uploaded

高校時代、バイト先のコーヒーショップのカウンターで処○喪失した話・・・

校生のとき、私はド○ールでアルバイトを
していました。
バイト先で知り合った大学生の田中さんは、
初日に仕事をいろいろ教えてもらって以来、
唯一の高校生バイトだった私のことを
いろいろと気にかけてくれてました。
勤務時間の後に宿題を見てくれたり、
ケーキをおごってくれたりと、
よく面倒をみてくれたんです。

私は当初、田中さんを「優しいお兄ちゃん」
と思っていて、恋愛感情のようなものは
特に感じていなかったのですが、
バイト仲間同士の飲み会で遅くなり、
送ってもらった帰りに酔った勢いというか
ノリで軽いキスをしてから、だんだん
男性として意識するようになりました。

まだ処○だったけど、S○Xに興味津々
だった私は田中さんに抱かれたら、
どんなだろうといつも想像するように
なっていたのです。
そのクセ会うとドキドキしてしまい、
必死で平静を保って以前と変わらないように
接していたので、しばらくは何も進展
しませんでした。

その日のバイトは、田中さんと閉店まで
二人きりでした。
最後のお客さんが帰り、店を閉めカウンター
を片付けているときに、田中さんは急に
背後から私を抱きしめました。
驚きで言葉も出せず、身体を固くする
私の耳元で田中さんは小さな声で、
私の名前を呼び、耳朶を唇ではさみます。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
高校時代、バイト先のコーヒーショップのカウンターで処○喪失した話・・・

校生のとき、私はド○ールでアルバイトを
していました。
バイト先で知り合った大学生の田中さんは、
初日に仕事をいろいろ教えてもらって以来、
唯一の高校生バイトだった私のことを
いろいろと気にかけてくれてました。
勤務時間の後に宿題を見てくれたり、
ケーキをおごってくれたりと、
よく面倒をみてくれたんです。

私は当初、田中さんを「優しいお兄ちゃん」
と思っていて、恋愛感情のようなものは
特に感じていなかったのですが、
バイト仲間同士の飲み会で遅くなり、
送ってもらった帰りに酔った勢いというか
ノリで軽いキスをしてから、だんだん
男性として意識するようになりました。

まだ処○だったけど、S○Xに興味津々
だった私は田中さんに抱かれたら、
どんなだろうといつも想像するように
なっていたのです。
そのクセ会うとドキドキしてしまい、
必死で平静を保って以前と変わらないように
接していたので、しばらくは何も進展
しませんでした。

その日のバイトは、田中さんと閉店まで
二人きりでした。
最後のお客さんが帰り、店を閉めカウンター
を片付けているときに、田中さんは急に
背後から私を抱きしめました。
驚きで言葉も出せず、身体を固くする
私の耳元で田中さんは小さな声で、
私の名前を呼び、耳朶を唇ではさみます。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る