uploaded

男同士で企画ものAVを再現しようと酒の席で盛り上がりそれぞれの彼女を呼んでやってみた結果・・・・

投稿者男性含む男同士の
 
酒の席でAVの企画ものの
 
シチュエーションってって
 
現実にはありえないよなという
 
話が始まった。そこで実践して
 
みようと盛り上がることに。
 
冗談かと思っていたら、ある日、
 
言いだしの男から連絡がくる。
 
「用意したから各々の彼女を連れて集合な」と・・・。
 
男友達の家で宅飲みをしていて、ひとりが、
 
「AVでさ、彼氏のち○こ
 
当ててくださいってやつあるじゃん。
 
あれウケるけど、実際にあんな
 
シチュエーションってありえないよな」
 
って言い出した。
 
そいつはガチエロなのとか、
 
ストーリー性があるものよりも、
 
そういう企画ものを好むやつで、
 
たしかに言われてみれば企画もの
 
AVとかの内容って、現実で出会うことは
 
まずないシチュエーションのものばかり。
 
「実現、しようと思えばできるんじゃない?」
 
って一人が言い出して、じゃあやってみるか
 
って盛り上がった。
 
その日はまぁ冗談だろってくらいに
 
思いながら帰ったんだけど、その後、
 
言いだしっぺからラインが入った。
 
「用意したから、各々の彼女連れて、
 
○日の○時にここに集合な」
 
貼ってあったURLを確認してみたら、
 
コスプレイヤーとかが使うようなスタジオ。
 
それも、ハウススタジオってやつで、
 
普通の家みたいなやつ。
 
で、彼女には詳しく話さずに
 
当日連れていって。
 
女の子たちには、みんなで
 
ホームパーティーをするって話して、
 
お酒もじゃんじゃん飲ませた。
 
その後、各々の彼女に、目隠し。
 
「彼氏のことが好きですかー?」
 
「好き」「私も好き」
 
「好きだから付き合ってるんじゃんww」
 
って口ぐちにいう彼女たちww
 
「で、この目隠しなんなの? 
 
なんかやらしいんですけどー」
 
「ま、やらしいことすっからねww」
 
目隠しをつけたまま、
 
大きなベッドルームへ彼女たちを誘導。
 
そして一列に並ばせて、
 
カーペットの床に座らせた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
男同士で企画ものAVを再現しようと酒の席で盛り上がりそれぞれの彼女を呼んでやってみた結果・・・・
投稿者男性含む男同士の
 
酒の席でAVの企画ものの
 
シチュエーションってって
 
現実にはありえないよなという
 
話が始まった。そこで実践して
 
みようと盛り上がることに。
 
冗談かと思っていたら、ある日、
 
言いだしの男から連絡がくる。
 
「用意したから各々の彼女を連れて集合な」と・・・。
 
男友達の家で宅飲みをしていて、ひとりが、
 
「AVでさ、彼氏のち○こ
 
当ててくださいってやつあるじゃん。
 
あれウケるけど、実際にあんな
 
シチュエーションってありえないよな」
 
って言い出した。
 
そいつはガチエロなのとか、
 
ストーリー性があるものよりも、
 
そういう企画ものを好むやつで、
 
たしかに言われてみれば企画もの
 
AVとかの内容って、現実で出会うことは
 
まずないシチュエーションのものばかり。
 
「実現、しようと思えばできるんじゃない?」
 
って一人が言い出して、じゃあやってみるか
 
って盛り上がった。
 
その日はまぁ冗談だろってくらいに
 
思いながら帰ったんだけど、その後、
 
言いだしっぺからラインが入った。
 
「用意したから、各々の彼女連れて、
 
○日の○時にここに集合な」
 
貼ってあったURLを確認してみたら、
 
コスプレイヤーとかが使うようなスタジオ。
 
それも、ハウススタジオってやつで、
 
普通の家みたいなやつ。
 
で、彼女には詳しく話さずに
 
当日連れていって。
 
女の子たちには、みんなで
 
ホームパーティーをするって話して、
 
お酒もじゃんじゃん飲ませた。
 
その後、各々の彼女に、目隠し。
 
「彼氏のことが好きですかー?」
 
「好き」「私も好き」
 
「好きだから付き合ってるんじゃんww」
 
って口ぐちにいう彼女たちww
 
「で、この目隠しなんなの? 
 
なんかやらしいんですけどー」
 
「ま、やらしいことすっからねww」
 
目隠しをつけたまま、
 
大きなベッドルームへ彼女たちを誘導。
 
そして一列に並ばせて、
 
カーペットの床に座らせた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る