uploaded

俺『イジメっ子を完全犯罪でころそう』→計画実行。次の日、イジメっ子は学校には来なかった…

c0e3756f

携帯なんて普及されてないくらいの昔当時俺はイジメられていた
なんでイジメられるようになったのかはよく覚えていない
ただ、いつの間にか同級生のA子
そしてA子に惚れてるのか、いつもコバンザメのようにくっついて歩いているB男
この二人は毎日のように俺をイジメて来た

最初こそ無視や悪口、机の落書きなんて言うテンプレ的な事をされていたが
俺が慣れてくるとその内容は徐々に陰湿なものに移行していき
ついにはクラスメイトの物をわざと盗んで、俺に罪をなすりつけるような事をし始めた

もちろん俺は否定したよ「違うボクはやってません」って
でも盗まれた物は俺の机から発見されたので、誰も俺の言うことを信じてはくれなかった
それに味をしめたA子とB男は他クラスの生徒の持ち物を俺の机に入れたり
俺のハサミを使って図工の時間に作った工作品を破壊したりして全部俺のせいにした
そのうち俺は学校の問題児として扱われ、両親からも白い目で見られるようになった
無理やりカウンセリングにも行かされたっけかな


学校に行けばA子B男にイジメられ
先生からは煙たがれ、クラスからはハブられ友達なんて一人も居ない
家に帰っても父親も母親も弟も話しかけてくれない
一日誰とも話さず殆ど声を出すこと無く過ごす日々に、俺は耐えられなくなっていた
「死のう」そう本気で思った

ある日学校から飛び降りようと決心して放課後人が少なくなってから学校に忍び込んだ
夏前なので下校時間が過ぎてもまだ日は落ちきってなくて
俺は死ぬ前に身の潔白を証明する為の遺書みたいなもんを書いてた
「ボクは何もやってません全部A子B男がやったことです誰かしんじてください」こんな感じだったかな
そして、書き終えた遺書をポケットに入れてどこから飛び降りようかな~なんてことを考えてた
丁度その時チャイムが鳴ったんだ、よく覚えてる
18時のチャイムだった、それを聞いて俺は「ハッ」とした
いつも見ているアニメがそろそろ始まる時間だったんだよね、それを思い出したらどうしても続きが気になってしまった
だから俺は自殺を一旦保留して急いで家に帰宅(自宅は学校から走れば5分で行ける距離)そんでTVの前でアニメを見た
面白かったんだよね、面白くて次回が気になってしまった
どうしても来週も見たい、最終回まで見届けたい
そう考えるようになったらさ、死にたくなくなっちゃったんだよね
でも、死なないと明日も明後日もイジメられる、それはどうしても嫌だった
ずっと考え込んでいたら丁度サスペンスドラマやっててさ、犯人視点のドラマだったんだけど
その犯人は殺人を犯して捕まらないよう色々工作してたんだ、それを見て「コレだ!」と思った

A子とB男を抹殺してやればいいんだってそう思った

翌日から色々プランを練ったさ
どうせやるんなら完全犯罪がいいってそう思った、バカ二人のために捕まりたくなかったから
殺人計画なんて今思うと頭おかしい考えだったけど、当時の俺にとって、それはそれは素晴らしいアイデアだったんだ
どうやれば確実に息の根を止められるか、どうやれば逃げられるか
子供の脳みそで色々考えたさ、ほんとその時はもの凄く楽しかった
楽しすぎてイジメや学校での無視なんてどうでも良くなった
どうせ俺は厄介者なんだから今更何しようと評価は変わらない
そう思ったらむしろ気が楽になっていた

 

そうして俺の殺人計画はついに完成した

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
俺『イジメっ子を完全犯罪でころそう』→計画実行。次の日、イジメっ子は学校には来なかった…

c0e3756f

携帯なんて普及されてないくらいの昔当時俺はイジメられていた
なんでイジメられるようになったのかはよく覚えていない
ただ、いつの間にか同級生のA子
そしてA子に惚れてるのか、いつもコバンザメのようにくっついて歩いているB男
この二人は毎日のように俺をイジメて来た

最初こそ無視や悪口、机の落書きなんて言うテンプレ的な事をされていたが
俺が慣れてくるとその内容は徐々に陰湿なものに移行していき
ついにはクラスメイトの物をわざと盗んで、俺に罪をなすりつけるような事をし始めた

もちろん俺は否定したよ「違うボクはやってません」って
でも盗まれた物は俺の机から発見されたので、誰も俺の言うことを信じてはくれなかった
それに味をしめたA子とB男は他クラスの生徒の持ち物を俺の机に入れたり
俺のハサミを使って図工の時間に作った工作品を破壊したりして全部俺のせいにした
そのうち俺は学校の問題児として扱われ、両親からも白い目で見られるようになった
無理やりカウンセリングにも行かされたっけかな


学校に行けばA子B男にイジメられ
先生からは煙たがれ、クラスからはハブられ友達なんて一人も居ない
家に帰っても父親も母親も弟も話しかけてくれない
一日誰とも話さず殆ど声を出すこと無く過ごす日々に、俺は耐えられなくなっていた
「死のう」そう本気で思った

ある日学校から飛び降りようと決心して放課後人が少なくなってから学校に忍び込んだ
夏前なので下校時間が過ぎてもまだ日は落ちきってなくて
俺は死ぬ前に身の潔白を証明する為の遺書みたいなもんを書いてた
「ボクは何もやってません全部A子B男がやったことです誰かしんじてください」こんな感じだったかな
そして、書き終えた遺書をポケットに入れてどこから飛び降りようかな~なんてことを考えてた
丁度その時チャイムが鳴ったんだ、よく覚えてる
18時のチャイムだった、それを聞いて俺は「ハッ」とした
いつも見ているアニメがそろそろ始まる時間だったんだよね、それを思い出したらどうしても続きが気になってしまった
だから俺は自殺を一旦保留して急いで家に帰宅(自宅は学校から走れば5分で行ける距離)そんでTVの前でアニメを見た
面白かったんだよね、面白くて次回が気になってしまった
どうしても来週も見たい、最終回まで見届けたい
そう考えるようになったらさ、死にたくなくなっちゃったんだよね
でも、死なないと明日も明後日もイジメられる、それはどうしても嫌だった
ずっと考え込んでいたら丁度サスペンスドラマやっててさ、犯人視点のドラマだったんだけど
その犯人は殺人を犯して捕まらないよう色々工作してたんだ、それを見て「コレだ!」と思った

A子とB男を抹殺してやればいいんだってそう思った

翌日から色々プランを練ったさ
どうせやるんなら完全犯罪がいいってそう思った、バカ二人のために捕まりたくなかったから
殺人計画なんて今思うと頭おかしい考えだったけど、当時の俺にとって、それはそれは素晴らしいアイデアだったんだ
どうやれば確実に息の根を止められるか、どうやれば逃げられるか
子供の脳みそで色々考えたさ、ほんとその時はもの凄く楽しかった
楽しすぎてイジメや学校での無視なんてどうでも良くなった
どうせ俺は厄介者なんだから今更何しようと評価は変わらない
そう思ったらむしろ気が楽になっていた

 

そうして俺の殺人計画はついに完成した

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る