uploaded

パチ屋で21万勝ち「ほー凄いな君」 『最近ついてますから』 「でさぁちょっと金貸してくれない?」→修羅場大逆転の結果

何打っても勝てる時期があったんだけど、

その日も北斗で調子よく5k枚くらい出てた。
BBを消化しながら箱にコインを詰めてたら、

ひざに引っ掛けてた箱がずれてコインをぶちまけた。
床に落ちたコインはなかなか拾いにくいもんだ。
恥ずかしながら店員を呼んで

拾うの手伝ってもらってた。
そしたら話した事ない常連の

おっさんが拾うの手伝ってくれた。
俺「サーセンwありがとうございます」
お「いーよいーよ気にしないで」
しばらくしてからわざわざ

拾ってくれた店員にジュースを渡した。
それから手伝ってくれたおっさんが

吉宗打ってたからジュース持って行った。
俺「どうぞ」
つ【ジュース】
お「おぉありがとう、スマンね。

気を使わんでいーのに」
凄くいいおっさんだ。
おっさんが笑顔で話しかけてくる。
お「最近見るけどいつも勝ってるでしょ?」
俺も笑顔で言葉を返す。
俺「調子がいいだけですよ。トータル負けですから」
お「あの北斗はどうなの?」
俺「ぶっちゃけ6っぽいですよ。」
お「いーねぇ。

俺の台は天井でバケ来てまたハマってるよ」
俺「じゃ自分がやめるときは声掛けましょうか?」
お「そーして。お願い」
それから自分の台にまた戻りサクサクとBBを引けてた。
しばらくしたらおっさんが来た。
お「凄い出てるね」
そのときで7k枚くらいはあったはず。
俺「めっちゃ台がいんですよ」
お「あの台やめてウロウロしてるから

やめる時は教えてね」
俺「いーですよ。呼びますから」
当時雀荘でバイトしてたんだけど、

来る客は全員やくざと右翼とよごれ。
でもなぜか凄くぬるいトコだった。
スロでいい台掴んだからもう少し打ちたいと電話したら、

頑張れよと言われて終わり。
仕事でも遊びでも、

【金になる方を優先するべき】という

妙な信念のあるオーナーだった。
だからパチで稼げるならパチを打てと。
金がないならうちでバイトしときなさいと。
嘘を付かず連絡さえちゃんとすれば

文句は言わない人だった。
その日も電話して夜8時まで打つことにした。
時間が近づき万枚前後というとこで時間切れ。

やめることに。
2チェ引いて少し回し、下皿に30枚くらい置いて

残りを店員呼んで流してもらった。
箱を運んでる途中におっさんを探した。
ベンチに座ってた。
俺「やめましたよ」
お「いくら勝ったね?」
俺「20万あるかないかってトコです」
お「凄いなぁ」
俺「めっちゃ嬉しいですよマジで。

2チェ引いてやめてるから打っていいですよ」
お「ありがとう」
そしておっさんと一緒に俺が打ってた台に向かう。
おっさんが台に座ったのを見て、

レシートを受け取り換金に行った。
210kの勝ちだった。
換金してからおっさんを見に戻った。
するとおっさん座ったままで打ってない。
見るとコインを打ち切ったトコだった。
俺「あれ?打たないんですか?」
お「あー打つよ。ちょっといい?」
そう言っておっさんは外に出て行った。
俺は何も考えずに付いて行った。
外に出たとこでおっさんが話しだす。
お「いくら勝ったね?」
俺「21万勝ちでしたよ」
お「ほー凄いな君」
俺「最近ついてますから」
お「でさぁちょっと金貸してくれない?」
一瞬何言ってんだと固まった。
お「実は今日6万負けてもう何百円しか持ってないのよ」
お「あれが出れば返せるし月末までには返せるから。

ほとんどココに来てるし」
俺「いや、それはムリ。金は貸せないですよ」
だいぶ戸惑ったがすっぱりと断った。
するとおっさんの態度豹変・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
パチ屋で21万勝ち「ほー凄いな君」 『最近ついてますから』 「でさぁちょっと金貸してくれない?」→修羅場大逆転の結果

何打っても勝てる時期があったんだけど、

その日も北斗で調子よく5k枚くらい出てた。
BBを消化しながら箱にコインを詰めてたら、

ひざに引っ掛けてた箱がずれてコインをぶちまけた。
床に落ちたコインはなかなか拾いにくいもんだ。
恥ずかしながら店員を呼んで

拾うの手伝ってもらってた。
そしたら話した事ない常連の

おっさんが拾うの手伝ってくれた。
俺「サーセンwありがとうございます」
お「いーよいーよ気にしないで」
しばらくしてからわざわざ

拾ってくれた店員にジュースを渡した。
それから手伝ってくれたおっさんが

吉宗打ってたからジュース持って行った。
俺「どうぞ」
つ【ジュース】
お「おぉありがとう、スマンね。

気を使わんでいーのに」
凄くいいおっさんだ。
おっさんが笑顔で話しかけてくる。
お「最近見るけどいつも勝ってるでしょ?」
俺も笑顔で言葉を返す。
俺「調子がいいだけですよ。トータル負けですから」
お「あの北斗はどうなの?」
俺「ぶっちゃけ6っぽいですよ。」
お「いーねぇ。

俺の台は天井でバケ来てまたハマってるよ」
俺「じゃ自分がやめるときは声掛けましょうか?」
お「そーして。お願い」
それから自分の台にまた戻りサクサクとBBを引けてた。
しばらくしたらおっさんが来た。
お「凄い出てるね」
そのときで7k枚くらいはあったはず。
俺「めっちゃ台がいんですよ」
お「あの台やめてウロウロしてるから

やめる時は教えてね」
俺「いーですよ。呼びますから」
当時雀荘でバイトしてたんだけど、

来る客は全員やくざと右翼とよごれ。
でもなぜか凄くぬるいトコだった。
スロでいい台掴んだからもう少し打ちたいと電話したら、

頑張れよと言われて終わり。
仕事でも遊びでも、

【金になる方を優先するべき】という

妙な信念のあるオーナーだった。
だからパチで稼げるならパチを打てと。
金がないならうちでバイトしときなさいと。
嘘を付かず連絡さえちゃんとすれば

文句は言わない人だった。
その日も電話して夜8時まで打つことにした。
時間が近づき万枚前後というとこで時間切れ。

やめることに。
2チェ引いて少し回し、下皿に30枚くらい置いて

残りを店員呼んで流してもらった。
箱を運んでる途中におっさんを探した。
ベンチに座ってた。
俺「やめましたよ」
お「いくら勝ったね?」
俺「20万あるかないかってトコです」
お「凄いなぁ」
俺「めっちゃ嬉しいですよマジで。

2チェ引いてやめてるから打っていいですよ」
お「ありがとう」
そしておっさんと一緒に俺が打ってた台に向かう。
おっさんが台に座ったのを見て、

レシートを受け取り換金に行った。
210kの勝ちだった。
換金してからおっさんを見に戻った。
するとおっさん座ったままで打ってない。
見るとコインを打ち切ったトコだった。
俺「あれ?打たないんですか?」
お「あー打つよ。ちょっといい?」
そう言っておっさんは外に出て行った。
俺は何も考えずに付いて行った。
外に出たとこでおっさんが話しだす。
お「いくら勝ったね?」
俺「21万勝ちでしたよ」
お「ほー凄いな君」
俺「最近ついてますから」
お「でさぁちょっと金貸してくれない?」
一瞬何言ってんだと固まった。
お「実は今日6万負けてもう何百円しか持ってないのよ」
お「あれが出れば返せるし月末までには返せるから。

ほとんどココに来てるし」
俺「いや、それはムリ。金は貸せないですよ」
だいぶ戸惑ったがすっぱりと断った。
するとおっさんの態度豹変・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る