uploaded

【感動】ギャル子達が、暗くて地味っぽいA子にイケメン君に「告っちゃいなよ!」と強要してきた。→A子は仕方なくそのイケメン君に、A「私と付き合いますか?」イケメン「」

高2の時、私の学校で「公開告白」というのがあった。

「学校へ行こう!」の世代だったので、

そこから来た流れだと思う。

(学校へ行こうは、テレビ番組の名前。

学校の屋上から言いたい事を言うコーナーがあり、そこで告白する子も居た)

私がそれを見たのは2回。

1回は、転校する女の子が、HRで挨拶するときに、

同じクラスの男子、朔ちゃんにその場で告白。もちろん玉砕。

2回目は、↑の次の日、Aさんが、ギャルに命令されてのこと。

この時も、朔ちゃんがターゲットだったんだけど、この朔ちゃん、結構なイケメン。

文化祭で、朔ちゃんが朔ちゃんをやって、大盛況。

後日、学校宛に朔ちゃんへのファンレターが届くほどだった。

分け隔てなく接するタイプで、DQNから優等生まで、朔ちゃんの友人の幅は広かった。

特に、女子からは絶大な人気でどこに行くにも人の目がある感じ。

これなんて少女漫画?って感じだった。

対するAさんは、川村エミコにそっくり。

話しかけると優しそうなん感じだけど、主張が少なく

「暗い」って誤解されるタイプ。

いつもギャル集団からからかわれてて、

「Aさんさぁ、○○(流行りモノの名前)って知ってる?」

「マジ?知らないの!?やばくない!?」を繰り返す感じ。

で、昼休みに、またギャルがAさんに話しかけてきた。

ギャル「Aさんさぁ、最近超可愛くない?輝いてるって言うか。もしかして恋!?あ、分かった、相手朔ちゃんでしょ!」

ギャル「絶対そうだよね!朔ちゃん彼女居ないし、告っちゃいなよ!今!Aさんなら 絶対大丈夫!」

ギャル「昨日○さん(転校した子)振ったとき、好きな子いるって言ってたじゃん、それ、Aさんのことだって!」

と、Aさんの机囲んで笑う。もちろん、彼女たちは、本気でAさんのこと褒めてるわけじゃない。

机で俯くAさん。

見てられなくて、割って入ろうかと思ったら、急にAさんがガタッと立ち上がって、

教室の反対側に居た朔ちゃんに直進。明らかに自棄だった。

「え!?マジでマジで!?」とはしゃぐギャルたち。ポカンとしてる朔ちゃん。

泣きたいの堪えてか、緊張してか、めっちゃ怖い顔して朔ちゃんを睨みながら、

Aさんは告白した・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【感動】ギャル子達が、暗くて地味っぽいA子にイケメン君に「告っちゃいなよ!」と強要してきた。→A子は仕方なくそのイケメン君に、A「私と付き合いますか?」イケメン「」

高2の時、私の学校で「公開告白」というのがあった。

「学校へ行こう!」の世代だったので、

そこから来た流れだと思う。

(学校へ行こうは、テレビ番組の名前。

学校の屋上から言いたい事を言うコーナーがあり、そこで告白する子も居た)

私がそれを見たのは2回。

1回は、転校する女の子が、HRで挨拶するときに、

同じクラスの男子、朔ちゃんにその場で告白。もちろん玉砕。

2回目は、↑の次の日、Aさんが、ギャルに命令されてのこと。

この時も、朔ちゃんがターゲットだったんだけど、この朔ちゃん、結構なイケメン。

文化祭で、朔ちゃんが朔ちゃんをやって、大盛況。

後日、学校宛に朔ちゃんへのファンレターが届くほどだった。

分け隔てなく接するタイプで、DQNから優等生まで、朔ちゃんの友人の幅は広かった。

特に、女子からは絶大な人気でどこに行くにも人の目がある感じ。

これなんて少女漫画?って感じだった。

対するAさんは、川村エミコにそっくり。

話しかけると優しそうなん感じだけど、主張が少なく

「暗い」って誤解されるタイプ。

いつもギャル集団からからかわれてて、

「Aさんさぁ、○○(流行りモノの名前)って知ってる?」

「マジ?知らないの!?やばくない!?」を繰り返す感じ。

で、昼休みに、またギャルがAさんに話しかけてきた。

ギャル「Aさんさぁ、最近超可愛くない?輝いてるって言うか。もしかして恋!?あ、分かった、相手朔ちゃんでしょ!」

ギャル「絶対そうだよね!朔ちゃん彼女居ないし、告っちゃいなよ!今!Aさんなら 絶対大丈夫!」

ギャル「昨日○さん(転校した子)振ったとき、好きな子いるって言ってたじゃん、それ、Aさんのことだって!」

と、Aさんの机囲んで笑う。もちろん、彼女たちは、本気でAさんのこと褒めてるわけじゃない。

机で俯くAさん。

見てられなくて、割って入ろうかと思ったら、急にAさんがガタッと立ち上がって、

教室の反対側に居た朔ちゃんに直進。明らかに自棄だった。

「え!?マジでマジで!?」とはしゃぐギャルたち。ポカンとしてる朔ちゃん。

泣きたいの堪えてか、緊張してか、めっちゃ怖い顔して朔ちゃんを睨みながら、

Aさんは告白した・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る