uploaded

婚約者がいるにも関わらず、親友が寝ている隣の部屋で親友の彼氏激しい〇〇をした話

当時、私には結婚を前提にした付き合いの同棲中の彼氏がいましたが、
その彼とはもう2年以上エッチしてませんでした。

私には付き合いが10年以上続いている親友がいます。

お互い腹を割って話せる相手として色々な事を話してきました。

ですが…流石に彼氏との性生活に関してだけは相談できず、

1人で悩んでいました。

趣味が共通する事から、親友(以下A子)&親友の彼氏(以下B氏)と

私の彼氏(以下C)&私(以下D)の、4人で遊ぶ事も多くあり、

その時に見た感じでは、A子とB氏はとてもいい雰囲気でした。

ところがある頃を境に、仕事で忙しいA子本人からも頼まれる形で、

B氏の相談役を引き受けたのです。

そしてB氏からメールで相談を受けるようになりました。

「A子と会う機会が少なくなって、うまくやっていけるか不安だ」

と。

そしてある日の事。

私の彼氏が実家に帰省したため、数日間1人で留守番する事になり、

心配に思ったのか、A子とB氏が2人揃ってうちに泊まりに来ました。

お酒を飲んだりお喋りしたり、とひとしきり遊び、

夜になって私が3人分の布団を用意していたら、A子が

「1人で別室で寝たい」

と言い出したのです。

元々不眠気味のA子は、落ち着いて寝たいからと言っていましたが、

B氏はいまいち納得できていない様子でした。

結局その夜はA子だけ別室、私とB氏が同じ部屋で並んで寝る事になりました。

横に並んで布団に入ったものの、B氏はなかなか寝付けないようでした。

「自分はA子にまた拒否されたんじゃないか?」

そうポツリ、不安を口にしました。

A子の性格を知っている私は、

「そうじゃないよ」

と励ましましたが、B氏本人もそれを薄々理解していて、

それなのにA子の気持ちを疑ってしまう自分が嫌だと言うのです。

話を聞きながら私は、B氏の言葉に私自身を重ねていました。

私の悩み…身体を全く求められない事で、女としての自信も愛されている自信も無い。

誰にも打ち明けた事が無い悩みを、気づけばB氏に打ち明けていました。

男女の間柄であるB氏に、彼氏とのセックスがないという事実を話すなんて。

誘われてると思われても仕方の無い話なのに、

B氏はただじっと耳を傾けてくれていました。

「魅力がないなんて…そんな事はないよ。絶対。

俺だって、その…A子と付き合ってなかったら……」

「ダメ。それは絶対言ったら駄目。A子を泣かすような真似したら

私怒るからね?…でも、…冗談半分に聞いておくよ。ありがとね」

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
婚約者がいるにも関わらず、親友が寝ている隣の部屋で親友の彼氏激しい〇〇をした話
当時、私には結婚を前提にした付き合いの同棲中の彼氏がいましたが、
その彼とはもう2年以上エッチしてませんでした。

私には付き合いが10年以上続いている親友がいます。

お互い腹を割って話せる相手として色々な事を話してきました。

ですが…流石に彼氏との性生活に関してだけは相談できず、

1人で悩んでいました。

趣味が共通する事から、親友(以下A子)&親友の彼氏(以下B氏)と

私の彼氏(以下C)&私(以下D)の、4人で遊ぶ事も多くあり、

その時に見た感じでは、A子とB氏はとてもいい雰囲気でした。

ところがある頃を境に、仕事で忙しいA子本人からも頼まれる形で、

B氏の相談役を引き受けたのです。

そしてB氏からメールで相談を受けるようになりました。

「A子と会う機会が少なくなって、うまくやっていけるか不安だ」

と。

そしてある日の事。

私の彼氏が実家に帰省したため、数日間1人で留守番する事になり、

心配に思ったのか、A子とB氏が2人揃ってうちに泊まりに来ました。

お酒を飲んだりお喋りしたり、とひとしきり遊び、

夜になって私が3人分の布団を用意していたら、A子が

「1人で別室で寝たい」

と言い出したのです。

元々不眠気味のA子は、落ち着いて寝たいからと言っていましたが、

B氏はいまいち納得できていない様子でした。

結局その夜はA子だけ別室、私とB氏が同じ部屋で並んで寝る事になりました。

横に並んで布団に入ったものの、B氏はなかなか寝付けないようでした。

「自分はA子にまた拒否されたんじゃないか?」

そうポツリ、不安を口にしました。

A子の性格を知っている私は、

「そうじゃないよ」

と励ましましたが、B氏本人もそれを薄々理解していて、

それなのにA子の気持ちを疑ってしまう自分が嫌だと言うのです。

話を聞きながら私は、B氏の言葉に私自身を重ねていました。

私の悩み…身体を全く求められない事で、女としての自信も愛されている自信も無い。

誰にも打ち明けた事が無い悩みを、気づけばB氏に打ち明けていました。

男女の間柄であるB氏に、彼氏とのセックスがないという事実を話すなんて。

誘われてると思われても仕方の無い話なのに、

B氏はただじっと耳を傾けてくれていました。

「魅力がないなんて…そんな事はないよ。絶対。

俺だって、その…A子と付き合ってなかったら……」

「ダメ。それは絶対言ったら駄目。A子を泣かすような真似したら

私怒るからね?…でも、…冗談半分に聞いておくよ。ありがとね」

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る