uploaded

小学生の時に隣の家のお姉さんの○毛が見たくてチャンスを伺っていたら・・・

学生の頃、隣に22才のカヨさんが
引っ越してきた。
地方からきて初めての独り暮らし
のようだった。

カヨさんはとても優しく穏やかな女性で、
小学生ながらカヨさんが好きだった。
カヨさんも、隣で初めて出来た友達の様で
かつ、弟の様に可愛がってくれた。

俺は丁度女性の裸に興味が出てきた時期で
カヨさんの裸を何としても見たいと
思っていた。
特に、毛に興味がありカヨさんの○毛を
見たかった。
しかし、カヨさんは遊んでいても、パ○チラ
すらせず、ガードがとても固かった。

ある日、カヨさんは夏休みにプールに
連れて行ってくれた。
更衣室から出てきたカヨさんは、
黄色のワンピースの水着で、カヨさんの
初水着姿に興奮した。
遊びながらこの水着の下を想像したりした。

そして、帰りにカヨさんの家に寄り、
風呂に入って帰ったのだが、その時も、
バスタオルでしっかり身体を巻き、
俺の背中を洗ってくれたのだが、
俺はバスタオルの隙間から毛が見えないか、
探ってみたが、今回も見れず、ますます
カヨさんの裸体を見たくなった。

そんなある日、町内会のイベントで
保護者同伴のハイキングをメインの
お泊まり会があり、俺の親が所用で行けない
為、カヨさんが引率してくれたのだが、
その晩のお風呂が小さい子どももいるため
大人が一人一緒に入る事になり、
なんとカヨさんが入る事になった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
小学生の時に隣の家のお姉さんの○毛が見たくてチャンスを伺っていたら・・・

学生の頃、隣に22才のカヨさんが
引っ越してきた。
地方からきて初めての独り暮らし
のようだった。

カヨさんはとても優しく穏やかな女性で、
小学生ながらカヨさんが好きだった。
カヨさんも、隣で初めて出来た友達の様で
かつ、弟の様に可愛がってくれた。

俺は丁度女性の裸に興味が出てきた時期で
カヨさんの裸を何としても見たいと
思っていた。
特に、毛に興味がありカヨさんの○毛を
見たかった。
しかし、カヨさんは遊んでいても、パ○チラ
すらせず、ガードがとても固かった。

ある日、カヨさんは夏休みにプールに
連れて行ってくれた。
更衣室から出てきたカヨさんは、
黄色のワンピースの水着で、カヨさんの
初水着姿に興奮した。
遊びながらこの水着の下を想像したりした。

そして、帰りにカヨさんの家に寄り、
風呂に入って帰ったのだが、その時も、
バスタオルでしっかり身体を巻き、
俺の背中を洗ってくれたのだが、
俺はバスタオルの隙間から毛が見えないか、
探ってみたが、今回も見れず、ますます
カヨさんの裸体を見たくなった。

そんなある日、町内会のイベントで
保護者同伴のハイキングをメインの
お泊まり会があり、俺の親が所用で行けない
為、カヨさんが引率してくれたのだが、
その晩のお風呂が小さい子どももいるため
大人が一人一緒に入る事になり、
なんとカヨさんが入る事になった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る