uploaded

【驚愕のビッチ】警.官『売.春を斡旋したのは本当ですか?』私『え?』私が管理していた倉庫で売.春が行われていた…私は身の潔白を証明するが…

年前にあったこと。
父の単身赴任が決まった頃、私はすでに
地元の高校に入学しており、母だけが
父についていくことになった。
私はすぐ近くにある祖母の家から
学校に通うことになってから、
住んでいるところが田舎ということもあって
休日には祖母の畑仕事を手伝うことが
日課になった。

これが意外と面白くて、そのうち一人で
小松菜やら大根やら育て始めるようになった
祖母がいつも農具をしまっている小さい倉庫
の鍵を預けられるようになったんだけど、
その倉庫は畑の隅の方にあって、
「鍵は預けるけど、夜になると真っ暗で
危ないから畑仕事は夕方以降
やっちゃいけないよ」って言われてた。

ある時、キーケースにつけていた倉庫の鍵が
紛失するという出来事があった。
最初は落としたのかな?と思ってたんだけど
ちゃんと落ちないようにしっかりと
つけていたし、落とせば音もするはずだし…
と、もやもやしたまま鍵をなくしてしまった
ことを祖母に謝った。
祖母は「倉庫の中に入っているのは錆びた鎌
だとか、そんなもんばかりだから盗む人も
おるまいよ」
と言って慰め半分、もちろん注意もされた。
新しい鍵を作ってもらってしばらく、
祖母が町内会主催の慰安旅行に出かけて、
家に一人になった日の夜。
なんと警察が家にやってきた。

不審者でも出たのかなと思って
出てみると・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
【驚愕のビッチ】警.官『売.春を斡旋したのは本当ですか?』私『え?』私が管理していた倉庫で売.春が行われていた…私は身の潔白を証明するが…

年前にあったこと。
父の単身赴任が決まった頃、私はすでに
地元の高校に入学しており、母だけが
父についていくことになった。
私はすぐ近くにある祖母の家から
学校に通うことになってから、
住んでいるところが田舎ということもあって
休日には祖母の畑仕事を手伝うことが
日課になった。

これが意外と面白くて、そのうち一人で
小松菜やら大根やら育て始めるようになった
祖母がいつも農具をしまっている小さい倉庫
の鍵を預けられるようになったんだけど、
その倉庫は畑の隅の方にあって、
「鍵は預けるけど、夜になると真っ暗で
危ないから畑仕事は夕方以降
やっちゃいけないよ」って言われてた。

ある時、キーケースにつけていた倉庫の鍵が
紛失するという出来事があった。
最初は落としたのかな?と思ってたんだけど
ちゃんと落ちないようにしっかりと
つけていたし、落とせば音もするはずだし…
と、もやもやしたまま鍵をなくしてしまった
ことを祖母に謝った。
祖母は「倉庫の中に入っているのは錆びた鎌
だとか、そんなもんばかりだから盗む人も
おるまいよ」
と言って慰め半分、もちろん注意もされた。
新しい鍵を作ってもらってしばらく、
祖母が町内会主催の慰安旅行に出かけて、
家に一人になった日の夜。
なんと警察が家にやってきた。

不審者でも出たのかなと思って
出てみると・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る