uploaded

私が相続する遺産を当てにリフォーム話を進めてた姑『嫁子が300万出してうちが100万で~』私「相続は放棄しました」→するとwwww

トメは金に汚く、勝手に買い物をしてはスッとレジから離れたり、
家の実家の金を当てにしたり、とにかくもううっとおしい事この上ない。
おまけに一度嫌味を言いだすと、何時間でも何時間でも言い続ける。
内容はくっだらない事ばっかり。
一番うんざりしたのは「隣の家のブロック塀についた苔が気に食わない」w
知るかっつーの。
ウトも夫も何度も〆に〆てくれてはいるが、治らない。
むしろ「私の家族を洗脳したくそ女」みたいな扱い。自分は被害者。

前置きが長くなったけど、
この前、私の曽祖母が亡くなって、私にいくらかの遺産を残してくれた。
トメにだけは言うまいと思っていたが、私の実家に
「悲しいのは分かるけども、○○家の嫁なのにいつまでたっても帰ってこない。
大体嫁子さんはウダウダ」
と嫌みの電話をかけてきた時、電話にたまたま出た叔母が
「遺産の手続きもあるので…」と弁解。
その後私の携帯に「大変だったわね、しばらくゆっくりしてきてね」と優しい電話がきた。

ちなみに叔母は驚いてた。
「遺産が、って話した瞬間から声のトーンがあからさまに変わったのよ。
(`△´)こぉ~んな声から、(゜∇゜)コーン!!な声に!」って。
そういう女なんだよー。

家に帰ったら遠まわしに遺産遺産とうるさく、適当に流してたら
直球で「大事な事だから聞くわよ。遺産はいくら頂いたの!?
ご遺言書にはなんて書かれてたわけ?」
こっちも直球で「遺言書では約300万と土地になります」と答えたらムッハーってなって帰って行った。

それからしばらくして、義実家にリフォームの話が出てきた。
キッチンかえて、サンルームつけたいんだって。
ウトは渋っているが、トメが大乗り気で説得し、
ウトもようやく乗り気になってきたらしい。
そしてウトは色々とお金の事を心配しつつ、
トメに「これをしたらしばらく贅沢も出来ない、
外食も旅行もなし、わかってるな」とくぎを刺した。
でもトメは「平気よ~」と笑い、私に含めるような笑顔で「ね、嫁子さん?w」
私も「トメさんの老後がこれで豊かになるのでしたら」と笑顔を返した。

次々とオプションを付けて行くトメ、それを止めるウト、
トメは「絶対大丈夫よ」と言うらしく、ウトは呆れるのと疑問に思うのと半々くらいだったみたい。
ウトとしては200万程度に抑える予定だったが、
それじゃトメ様のご希望には添えない。

業を煮やしたトメが勝手に見積もりを取って、それ持って家に来た。
金額は何と400万。私の300万とウトからの100万を足した金額ですね。
「ほら見て、素敵でしょう?もーね、ここがこうなっててここなんかこんな風になって~」
としばらく夢を語った後、
「ね、素敵でしょ?いずれ一緒に住む訳だし嫁子さんにもちょっと援助してもらうわよ?
ひいおばあ様(前はあんたのひいばあさんと呼んでいた)からの遺産もあるし、
これからは~」とドリーミングを語りまくった。
で、お父さん(ウト)に「私たちからも援助させて下さい」って言ってよ。
お父さん頑固だから息子たちから金なんてもらわない!って言い張ってるのよ」
と上から目線で言ってきた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
私が相続する遺産を当てにリフォーム話を進めてた姑『嫁子が300万出してうちが100万で~』私「相続は放棄しました」→するとwwww

トメは金に汚く、勝手に買い物をしてはスッとレジから離れたり、
家の実家の金を当てにしたり、とにかくもううっとおしい事この上ない。
おまけに一度嫌味を言いだすと、何時間でも何時間でも言い続ける。
内容はくっだらない事ばっかり。
一番うんざりしたのは「隣の家のブロック塀についた苔が気に食わない」w
知るかっつーの。
ウトも夫も何度も〆に〆てくれてはいるが、治らない。
むしろ「私の家族を洗脳したくそ女」みたいな扱い。自分は被害者。

前置きが長くなったけど、
この前、私の曽祖母が亡くなって、私にいくらかの遺産を残してくれた。
トメにだけは言うまいと思っていたが、私の実家に
「悲しいのは分かるけども、○○家の嫁なのにいつまでたっても帰ってこない。
大体嫁子さんはウダウダ」
と嫌みの電話をかけてきた時、電話にたまたま出た叔母が
「遺産の手続きもあるので…」と弁解。
その後私の携帯に「大変だったわね、しばらくゆっくりしてきてね」と優しい電話がきた。

ちなみに叔母は驚いてた。
「遺産が、って話した瞬間から声のトーンがあからさまに変わったのよ。
(`△´)こぉ~んな声から、(゜∇゜)コーン!!な声に!」って。
そういう女なんだよー。

家に帰ったら遠まわしに遺産遺産とうるさく、適当に流してたら
直球で「大事な事だから聞くわよ。遺産はいくら頂いたの!?
ご遺言書にはなんて書かれてたわけ?」
こっちも直球で「遺言書では約300万と土地になります」と答えたらムッハーってなって帰って行った。

それからしばらくして、義実家にリフォームの話が出てきた。
キッチンかえて、サンルームつけたいんだって。
ウトは渋っているが、トメが大乗り気で説得し、
ウトもようやく乗り気になってきたらしい。
そしてウトは色々とお金の事を心配しつつ、
トメに「これをしたらしばらく贅沢も出来ない、
外食も旅行もなし、わかってるな」とくぎを刺した。
でもトメは「平気よ~」と笑い、私に含めるような笑顔で「ね、嫁子さん?w」
私も「トメさんの老後がこれで豊かになるのでしたら」と笑顔を返した。

次々とオプションを付けて行くトメ、それを止めるウト、
トメは「絶対大丈夫よ」と言うらしく、ウトは呆れるのと疑問に思うのと半々くらいだったみたい。
ウトとしては200万程度に抑える予定だったが、
それじゃトメ様のご希望には添えない。

業を煮やしたトメが勝手に見積もりを取って、それ持って家に来た。
金額は何と400万。私の300万とウトからの100万を足した金額ですね。
「ほら見て、素敵でしょう?もーね、ここがこうなっててここなんかこんな風になって~」
としばらく夢を語った後、
「ね、素敵でしょ?いずれ一緒に住む訳だし嫁子さんにもちょっと援助してもらうわよ?
ひいおばあ様(前はあんたのひいばあさんと呼んでいた)からの遺産もあるし、
これからは~」とドリーミングを語りまくった。
で、お父さん(ウト)に「私たちからも援助させて下さい」って言ってよ。
お父さん頑固だから息子たちから金なんてもらわない!って言い張ってるのよ」
と上から目線で言ってきた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る