uploaded

妹が変質者に襲われ、当時ニートだった私が護衛をすることになったが…

年前のある日、妹が変質者に襲われた
妹は軽度の知的障害で、予想外のことが
起きると固まって泣いてしまう
その時も泣いて帰ってきて事件発覚
身体を触られたけど、怖くてなかなか
逃げられなかったらしい
警察に連絡したし、防犯ブザーも持たせた
人通りの多い道を通るようにも言ったけど
やっぱり不安
なので足が不自由な母に代わり、
当時ニートだった私が送り迎えを
することに

ここまでが前提

事件が起こって2週間ほどのある日、
仕事が終わった妹を連れて歩いていた
なるべく人通りの多いところを
通っていたけど、その隙間のような住宅街を
通ってた時、前からやけにふらふらした男が
歩いてきた
変な人だなーと思っていたら、
その手にあるのは包丁だった

血の気がひくって、ああいうことを言うんだ
と思った

それに気づいた途端、男がこっちに
ダッシュしてきた

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
妹が変質者に襲われ、当時ニートだった私が護衛をすることになったが…

年前のある日、妹が変質者に襲われた
妹は軽度の知的障害で、予想外のことが
起きると固まって泣いてしまう
その時も泣いて帰ってきて事件発覚
身体を触られたけど、怖くてなかなか
逃げられなかったらしい
警察に連絡したし、防犯ブザーも持たせた
人通りの多い道を通るようにも言ったけど
やっぱり不安
なので足が不自由な母に代わり、
当時ニートだった私が送り迎えを
することに

ここまでが前提

事件が起こって2週間ほどのある日、
仕事が終わった妹を連れて歩いていた
なるべく人通りの多いところを
通っていたけど、その隙間のような住宅街を
通ってた時、前からやけにふらふらした男が
歩いてきた
変な人だなーと思っていたら、
その手にあるのは包丁だった

血の気がひくって、ああいうことを言うんだ
と思った

それに気づいた途端、男がこっちに
ダッシュしてきた

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る