uploaded

【後悔】バイト先で片思いしていた超美人が目の前で泥酔→家まで送ったところで理性を失ってしまい・・・

学3年の夏、バイト先にキラ星のように
輝く美人がいた。
体育系の大学で新体操をしていたが、
親の都合で中退、主に高校生や中学生の
大会のエキジビジョンや、ダンス教室の
コーチなんかをしながら生活してる
セミプロだってことだった。

背は160くらい、いつもポニーテールで
ニコニコと元気。
パッチリでそれでいて切れ長の目、
やや濃い目で真っすぐな眉。
薄めで形のいい唇、当時彼女がいなかった
俺には眩しすぎる人だった。

長い夏休みも終わりの頃、世間話くらいは
出来るようになってた俺のところに
彼女が来て
「今日終ったら相談したいことが
あるんだけど都合どう」と。

それまでの数週間の断片的なおしゃべりから
彼女が付き合ってる男のことだと察して
内心穏やかではなかったけど、反面
彼女と二人きりになれると思って
嬉しかったのは確かかな。

で、バイト後待ち合わせて彼女の指定の店に
行って、最初は楽しく飲んでたんだけど、
だんだん酔いが回っていよいよ本題へ。
なんの事はない、彼氏に振られたこと
未だにすごく好きであること、
この店はその彼といつも来てた思い出
いっぱいの店であること。
と、まぁよくあるパターンで
相槌マシーンと化して話を聞いてあげるのに
全力投球、反面切なさ山盛りの
俺だったわけです。

店を出る頃にはこれもお約束の”彼女泥酔”
財布の中身を気にしつつ、彼女のアパート
までタクシーで送って、着いたのはいいけど
今度は起きてくれない。
やっとの思いでタクシーから降し、
そこでまた途方にくれた。
(どうすりゃいいんだ!
このまま置いて行けないし、
かと言って俺が彼女の部屋に上がるのか?
絶対普通じゃいられなくなるぞ??)

散々悩んだけどこのままこうしてても
仕方がないので、彼女の耳元に大声で
「悪いけどカバン開けてカギ探すよ!
おーい!ちゃんと断ったよー」とやって、
ドキドキしながら憧れの人のカバンを物色、
見つけた鍵をポケットに入れ、
彼女をおんぶしてアパートの階段を上がり、
やっとの思いで彼女を部屋に入れた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【後悔】バイト先で片思いしていた超美人が目の前で泥酔→家まで送ったところで理性を失ってしまい・・・

学3年の夏、バイト先にキラ星のように
輝く美人がいた。
体育系の大学で新体操をしていたが、
親の都合で中退、主に高校生や中学生の
大会のエキジビジョンや、ダンス教室の
コーチなんかをしながら生活してる
セミプロだってことだった。

背は160くらい、いつもポニーテールで
ニコニコと元気。
パッチリでそれでいて切れ長の目、
やや濃い目で真っすぐな眉。
薄めで形のいい唇、当時彼女がいなかった
俺には眩しすぎる人だった。

長い夏休みも終わりの頃、世間話くらいは
出来るようになってた俺のところに
彼女が来て
「今日終ったら相談したいことが
あるんだけど都合どう」と。

それまでの数週間の断片的なおしゃべりから
彼女が付き合ってる男のことだと察して
内心穏やかではなかったけど、反面
彼女と二人きりになれると思って
嬉しかったのは確かかな。

で、バイト後待ち合わせて彼女の指定の店に
行って、最初は楽しく飲んでたんだけど、
だんだん酔いが回っていよいよ本題へ。
なんの事はない、彼氏に振られたこと
未だにすごく好きであること、
この店はその彼といつも来てた思い出
いっぱいの店であること。
と、まぁよくあるパターンで
相槌マシーンと化して話を聞いてあげるのに
全力投球、反面切なさ山盛りの
俺だったわけです。

店を出る頃にはこれもお約束の”彼女泥酔”
財布の中身を気にしつつ、彼女のアパート
までタクシーで送って、着いたのはいいけど
今度は起きてくれない。
やっとの思いでタクシーから降し、
そこでまた途方にくれた。
(どうすりゃいいんだ!
このまま置いて行けないし、
かと言って俺が彼女の部屋に上がるのか?
絶対普通じゃいられなくなるぞ??)

散々悩んだけどこのままこうしてても
仕方がないので、彼女の耳元に大声で
「悪いけどカバン開けてカギ探すよ!
おーい!ちゃんと断ったよー」とやって、
ドキドキしながら憧れの人のカバンを物色、
見つけた鍵をポケットに入れ、
彼女をおんぶしてアパートの階段を上がり、
やっとの思いで彼女を部屋に入れた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る