uploaded

息子を連れ工場の焼却炉で処理をしていた。くすぶっている最中空気の通り穴を塞いでしまったので慌てた俺は空気の通り道をあけようとして炎に包まれた…

 

 

アイキャッチ197

6,7年前の修羅場。
定時終了後、息子を伴い工場の焼却炉でおが屑と廃材の処理。
その日は分量が多く、一度満杯にして焼却後、再度おが屑投入。火種の上に
おが屑を積み上げた。(これ危険な焼却方法で本当はやっちゃだめ)

くすぶっている最中、積み上げたおが屑が炉の中で崩れ、火格子の上の空気の
通り穴を塞いでしまった。炉の中は空気不足で火が立たず不完全燃焼のガスと
煙が充満してしまった。慌てた俺は炉の蓋をあけておが屑をコテでかき揚げ
空気の通り道を開けようとした。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
息子を連れ工場の焼却炉で処理をしていた。くすぶっている最中空気の通り穴を塞いでしまったので慌てた俺は空気の通り道をあけようとして炎に包まれた…

 

 

アイキャッチ197

6,7年前の修羅場。
定時終了後、息子を伴い工場の焼却炉でおが屑と廃材の処理。
その日は分量が多く、一度満杯にして焼却後、再度おが屑投入。火種の上に
おが屑を積み上げた。(これ危険な焼却方法で本当はやっちゃだめ)

くすぶっている最中、積み上げたおが屑が炉の中で崩れ、火格子の上の空気の
通り穴を塞いでしまった。炉の中は空気不足で火が立たず不完全燃焼のガスと
煙が充満してしまった。慌てた俺は炉の蓋をあけておが屑をコテでかき揚げ
空気の通り道を開けようとした。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る