uploaded

『女はその気になれないような男には、たとえ体を触られても一生その気にならない』→すると・・・→結果

酒が入るにつれ、二人はますます

久仁子さんの話に集中し、
佐々木「彼女俺に抱かせてくれよ」
私「無理だろ、彼女プライド

高いからそう簡単には無理だ」
そうこうしている間に久仁子さんがやってきて
久仁子「何で佐々木さんがいるの?」
と少しビックリした様子を見せたが、

彼女の想定内の出来事であったようで

静かに席に着き3人での会話が始まった。
流石、営業の佐々木氏の話術に私は

徐々にはまってしまい、いつの間にか

自然に振る舞う久仁子さんも

そこにいた。そして・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
『女はその気になれないような男には、たとえ体を触られても一生その気にならない』→すると・・・→結果

酒が入るにつれ、二人はますます

久仁子さんの話に集中し、
佐々木「彼女俺に抱かせてくれよ」
私「無理だろ、彼女プライド

高いからそう簡単には無理だ」
そうこうしている間に久仁子さんがやってきて
久仁子「何で佐々木さんがいるの?」
と少しビックリした様子を見せたが、

彼女の想定内の出来事であったようで

静かに席に着き3人での会話が始まった。
流石、営業の佐々木氏の話術に私は

徐々にはまってしまい、いつの間にか

自然に振る舞う久仁子さんも

そこにいた。そして・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る