uploaded

【泣ける話】彼女と出会ったのは田舎の工場に飛ばされて暫くしてからだった。彼女は感情を表に出さず、聞いたことしか答えないけど、少しずつ生い立ちを話してくれるようになり…

彼女と会ったのは田舎の工場に、飛ばされて2年位経った時かな。

ある理不尽な修羅場で異動になった事もあって、
仕事が終わったら飯作って寝る生活。

長期休暇も地元にも帰らずに部屋でじっとしていた、
休むのも苦痛で仕事がある時の方が気楽でよかった。
工場のまわりには飲み屋もなく、帰りにスーパーによるだけの生活だった。

その日は、朝から風が強く嵐が近づいていたので、
スーパーで買い物を済ませて車に戻る途中で
強い雨と風で自転車を持って立ち往生している彼女と目があった。

職場では顔は知っているが、あまり話したこともない派遣社員である事は知っていた。
俺は、この嵐じゃ自転車じゃ無理だから家の人に迎えに来てもらったらと言うと
彼女は頼める人がいないと言うので、俺の車で送る事にした。

俺のアパートの向かいのアパートに住んでいることが分かったので、家まで送る事にした...

次の

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【泣ける話】彼女と出会ったのは田舎の工場に飛ばされて暫くしてからだった。彼女は感情を表に出さず、聞いたことしか答えないけど、少しずつ生い立ちを話してくれるようになり…

彼女と会ったのは田舎の工場に、飛ばされて2年位経った時かな。

ある理不尽な修羅場で異動になった事もあって、
仕事が終わったら飯作って寝る生活。

長期休暇も地元にも帰らずに部屋でじっとしていた、
休むのも苦痛で仕事がある時の方が気楽でよかった。
工場のまわりには飲み屋もなく、帰りにスーパーによるだけの生活だった。

その日は、朝から風が強く嵐が近づいていたので、
スーパーで買い物を済ませて車に戻る途中で
強い雨と風で自転車を持って立ち往生している彼女と目があった。

職場では顔は知っているが、あまり話したこともない派遣社員である事は知っていた。
俺は、この嵐じゃ自転車じゃ無理だから家の人に迎えに来てもらったらと言うと
彼女は頼める人がいないと言うので、俺の車で送る事にした。

俺のアパートの向かいのアパートに住んでいることが分かったので、家まで送る事にした...

次の

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る