uploaded

新幹線でリーマンに怒られてる赤ちゃんを連れた主婦を助けた結果・・

て冬のある日、出張で朝の上りひかり号に
乗車した時のこと。
新幹線は超満席で、デッキに立客もいる。
俺は指定席の二人がけ通路側D席に座って
居たのだが、後ろの方で
「足がじゃまだよ」
「パソコン打てねえじゃねえか」
「すみません」「オギャー(×_×)」
「デッキ行けよ、馬鹿-_-#」

ふと、後ろを振り向くと、窓際の席に座った
子連れのママが、隣に座っている若い
リーマンに文句を言われていた。
あまりの言われように、
「ちょっと兄さん、赤ちゃんが泣くのは、
当たり前だろ、あんたの方がうるさいよ」
と俺は強面に言った。

「だけどよぉ、ガキの足が邪魔なんだよ」
確かに、男の膝の上にはノートパソコン。
気持ちは分からないでもない。
若い丸顔のお母さんは、1歳ぐらいの
むずがる女の子を抱えてうつむいている。

「じゃあ兄さん、俺代わってやるよ。
俺は東京着くまですることないし」
「本当っすか」
若いリーマンは荷物をまとめると、
俺と席を替わった。

「すみません、ありがとうございます」
「いえいえ、自分も子持ちだから
分かりますよ。赤ちゃん、
こんにちは(^◇^)」
赤ちゃんの機嫌が多少良くなった。

話を聞いてみると、単身赴任している
ご主人がなかなか帰ってこないので
任地に子連れで押しかける所だという。
単に話を聞くと言っても、朝の上り新幹線は
静粛な空間。
自然と頬を寄せて語り合うような
形になっている。

奥さんが、俺の耳に息を吹きかけるように
語り、おれも息を吹きかけるように小声で
ささやく。
おれはどぎまぎしたが、奥さんは意に介して
いないようだ。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
新幹線でリーマンに怒られてる赤ちゃんを連れた主婦を助けた結果・・

て冬のある日、出張で朝の上りひかり号に
乗車した時のこと。
新幹線は超満席で、デッキに立客もいる。
俺は指定席の二人がけ通路側D席に座って
居たのだが、後ろの方で
「足がじゃまだよ」
「パソコン打てねえじゃねえか」
「すみません」「オギャー(×_×)」
「デッキ行けよ、馬鹿-_-#」

ふと、後ろを振り向くと、窓際の席に座った
子連れのママが、隣に座っている若い
リーマンに文句を言われていた。
あまりの言われように、
「ちょっと兄さん、赤ちゃんが泣くのは、
当たり前だろ、あんたの方がうるさいよ」
と俺は強面に言った。

「だけどよぉ、ガキの足が邪魔なんだよ」
確かに、男の膝の上にはノートパソコン。
気持ちは分からないでもない。
若い丸顔のお母さんは、1歳ぐらいの
むずがる女の子を抱えてうつむいている。

「じゃあ兄さん、俺代わってやるよ。
俺は東京着くまですることないし」
「本当っすか」
若いリーマンは荷物をまとめると、
俺と席を替わった。

「すみません、ありがとうございます」
「いえいえ、自分も子持ちだから
分かりますよ。赤ちゃん、
こんにちは(^◇^)」
赤ちゃんの機嫌が多少良くなった。

話を聞いてみると、単身赴任している
ご主人がなかなか帰ってこないので
任地に子連れで押しかける所だという。
単に話を聞くと言っても、朝の上り新幹線は
静粛な空間。
自然と頬を寄せて語り合うような
形になっている。

奥さんが、俺の耳に息を吹きかけるように
語り、おれも息を吹きかけるように小声で
ささやく。
おれはどぎまぎしたが、奥さんは意に介して
いないようだ。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る