uploaded

生徒や教員に虐められ私が初めて給食に口をつけれたのは小2の頃…その苛めの元凶はすべて母の《私への依存》でした。

422C5466

両親は物心ついた頃から不仲で、父が「デブ、ブタ」と罵って母を泣かせてたのをよく覚えてます。
どうも妊娠を機に劇太りした母に愛想が尽きたらしく。
母も女ですから、見栄えを罵られるのは辛かったのでしょう。よく泣いてました。

当時は気付いてなかったのですが、そのストレスのはけ口は私と私の兄に向けられていました。
遊ぼうと外に出ると血相を変えて母が現れ、人目がある場所で尻を丸出しで叩かれたり。
他の子が食べるお菓子や、玩具付きのラムネ菓子が欲しくてじっと見てると頬をぶたれたり。
しかし最後は決まって泣きながら私を抱きしめ、「あんたのことを思ってやっている」と言われました。
それをそのままに信じました。

兄は母に進められ、剣道を嗜んでいました。
腕もよかったので他のママ友から褒められたり、同い年の子らの中でも中心的な存在でした。
そのせいか、マイペースで活動的な「トラブルメーカー」の私を遠ざけようとしてました。
父は仕事とパチスロで滅多に家におらず、母は父に罵られ私を叩いて家出して家におらず。
兄もまた両親と私から逃げたかったのか友人と外でよく遊び(兄は窘められませんでした)家におらず。

部屋から出ると母にぶたれると学んでいたので、保育園がない時はひとり薄暗い部屋でずっとテレビを見るのが日常でした。
これが小学校転入前位。

保育園卒園と同時に、新築の家に移り住むことになりました。
「今の部屋だと、子供部屋が足りないから」と。
最近になって気付いたのですが、引越しにも関わらず挨拶に向かうご近所さんが異様に少なかったように思います。
恐らくですが、母は叫んだり泣いたりが激しかったので、ママ友間でも孤立してたのではないかと。
事実、引越し先は保育園から随分遠い所でしたから。
私は見知った子が一人もいない土地で、入学式を向かえることになりました。これがまずかった。

その小学校はすぐ近くに大きな幼稚園があるので、8~9割が「繰り上がり」だったのです。
入学式にも関わらず、あちらもこちらも既にお友達がいる状態。
どうしていいか分からず、一人ぽつんとしていると大変かわいらしい子が声をかけてくれました。
Aとします。


Aは、今日の帰り途中まで一緒に帰ろうと誘ってくれました。
孤立感から挙動不審になっていたので、まさに芥川が蜘蛛の糸の如くという感じで快諾。
しかし、帰りになって突然「ごめん、Aね、ほかの子と一緒に帰る!ほかの子の方が楽しいから!」と。
どうしようもなく悲しくて、怒って手を上げてしまいました。
これもいけなかった。

私の母とAのお母様が慌てかけつけたので母に事のいきさつを話そうとした矢先、思い切りグーで殴られました。
「なんてことをしたの!」と。
Aの口からは、突然叩かれたこと、何も悪いことしてないこと、今初めて話したこと…と、
事実無根の証言が語られました。
当然「違う!」と言おうとしたのですが「口答えをするな!」とまた叩かれ、どうしようもなく。
「すみません、この子、頭がおかしいんです」と頭を下げる母にただ愕然としました。


次の日からは、ひどいいじめが待っていました。これは5年近く続きました。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
生徒や教員に虐められ私が初めて給食に口をつけれたのは小2の頃…その苛めの元凶はすべて母の《私への依存》でした。

422C5466

両親は物心ついた頃から不仲で、父が「デブ、ブタ」と罵って母を泣かせてたのをよく覚えてます。
どうも妊娠を機に劇太りした母に愛想が尽きたらしく。
母も女ですから、見栄えを罵られるのは辛かったのでしょう。よく泣いてました。

当時は気付いてなかったのですが、そのストレスのはけ口は私と私の兄に向けられていました。
遊ぼうと外に出ると血相を変えて母が現れ、人目がある場所で尻を丸出しで叩かれたり。
他の子が食べるお菓子や、玩具付きのラムネ菓子が欲しくてじっと見てると頬をぶたれたり。
しかし最後は決まって泣きながら私を抱きしめ、「あんたのことを思ってやっている」と言われました。
それをそのままに信じました。

兄は母に進められ、剣道を嗜んでいました。
腕もよかったので他のママ友から褒められたり、同い年の子らの中でも中心的な存在でした。
そのせいか、マイペースで活動的な「トラブルメーカー」の私を遠ざけようとしてました。
父は仕事とパチスロで滅多に家におらず、母は父に罵られ私を叩いて家出して家におらず。
兄もまた両親と私から逃げたかったのか友人と外でよく遊び(兄は窘められませんでした)家におらず。

部屋から出ると母にぶたれると学んでいたので、保育園がない時はひとり薄暗い部屋でずっとテレビを見るのが日常でした。
これが小学校転入前位。

保育園卒園と同時に、新築の家に移り住むことになりました。
「今の部屋だと、子供部屋が足りないから」と。
最近になって気付いたのですが、引越しにも関わらず挨拶に向かうご近所さんが異様に少なかったように思います。
恐らくですが、母は叫んだり泣いたりが激しかったので、ママ友間でも孤立してたのではないかと。
事実、引越し先は保育園から随分遠い所でしたから。
私は見知った子が一人もいない土地で、入学式を向かえることになりました。これがまずかった。

その小学校はすぐ近くに大きな幼稚園があるので、8~9割が「繰り上がり」だったのです。
入学式にも関わらず、あちらもこちらも既にお友達がいる状態。
どうしていいか分からず、一人ぽつんとしていると大変かわいらしい子が声をかけてくれました。
Aとします。


Aは、今日の帰り途中まで一緒に帰ろうと誘ってくれました。
孤立感から挙動不審になっていたので、まさに芥川が蜘蛛の糸の如くという感じで快諾。
しかし、帰りになって突然「ごめん、Aね、ほかの子と一緒に帰る!ほかの子の方が楽しいから!」と。
どうしようもなく悲しくて、怒って手を上げてしまいました。
これもいけなかった。

私の母とAのお母様が慌てかけつけたので母に事のいきさつを話そうとした矢先、思い切りグーで殴られました。
「なんてことをしたの!」と。
Aの口からは、突然叩かれたこと、何も悪いことしてないこと、今初めて話したこと…と、
事実無根の証言が語られました。
当然「違う!」と言おうとしたのですが「口答えをするな!」とまた叩かれ、どうしようもなく。
「すみません、この子、頭がおかしいんです」と頭を下げる母にただ愕然としました。


次の日からは、ひどいいじめが待っていました。これは5年近く続きました。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る