uploaded

若いお姉さんに声をかけられた。女『(父の名前)の息子さんですよね?』といい、分厚い茶色の封筒を私に手渡して去っていった → 中身をみると・・・!私「燃やそう・・・」

今から25年前の話

当時小学生だった私は、土曜日の半日授業を
終え、昼食を食べ終わったら学校の校庭で
サッカー仕様と友達と別れて帰宅していた。
家から五百m位離れた公園の前を
通りかかった時、公園のベンチに座っていた
若いお姉さんに声をかけられた。

20代前半くらいで、黒髪ロングヘアの
穏やかそうな人で、にこやかに微笑みながら
私に近づき、
「**さん(←父の名前)の息子さん
ですよね」
といい、分厚い茶色の封筒を私に手渡して
去っていった。

私は父に渡せばいいのか、それとも私宛か
判断できなかったので、とりあえず公園の
ベンチに座って中身を見る事にした。

中には数枚の手紙と写真が入っていた。

手紙の内容は・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
若いお姉さんに声をかけられた。女『(父の名前)の息子さんですよね?』といい、分厚い茶色の封筒を私に手渡して去っていった → 中身をみると・・・!私「燃やそう・・・」

今から25年前の話

当時小学生だった私は、土曜日の半日授業を
終え、昼食を食べ終わったら学校の校庭で
サッカー仕様と友達と別れて帰宅していた。
家から五百m位離れた公園の前を
通りかかった時、公園のベンチに座っていた
若いお姉さんに声をかけられた。

20代前半くらいで、黒髪ロングヘアの
穏やかそうな人で、にこやかに微笑みながら
私に近づき、
「**さん(←父の名前)の息子さん
ですよね」
といい、分厚い茶色の封筒を私に手渡して
去っていった。

私は父に渡せばいいのか、それとも私宛か
判断できなかったので、とりあえず公園の
ベンチに座って中身を見る事にした。

中には数枚の手紙と写真が入っていた。

手紙の内容は・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る