uploaded

インターホンが鳴って出てみると、一人の女の子が立っていた…女の子『どうしても彼さんに会いたいんです。お願いします!!』彼「なんでここがわかったの??」女の子『新幹線のホームから追いかけてきました』

氏36歳:私28歳 婚約中

昨夜、彼氏が出張から帰ってきた。
夕飯を食べ終わると彼氏は新聞を
読みはじめたから私はテレビを見てた。
そしたら・・・

インターホンが鳴ったので出てみると
知らない女の子が立っていた。
怖いからチェーンをかけてドアを開けたら
女の子は泣きながら私に訴えてきた。

「お願いします。どうしても○○さんに
会いたいんです。お願いします!!」
私が彼氏を呼んだ。
その子は彼氏の前赴任先のバイトの子
(23歳)と判明。

彼氏  「なんでここがわかったの?」

バイト 「…すみません。
新幹線のホームから追いかけてきました…」

彼氏  「・・・・・・」

私   「・・・・・とりあえず
入ってもらえば?」

と言うことで家の中へ。
女の子は終始涙ぐんでいた。
なんかかわいそうになって、
お茶を出してあげたら睨まれた…

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
インターホンが鳴って出てみると、一人の女の子が立っていた…女の子『どうしても彼さんに会いたいんです。お願いします!!』彼「なんでここがわかったの??」女の子『新幹線のホームから追いかけてきました』

氏36歳:私28歳 婚約中

昨夜、彼氏が出張から帰ってきた。
夕飯を食べ終わると彼氏は新聞を
読みはじめたから私はテレビを見てた。
そしたら・・・

インターホンが鳴ったので出てみると
知らない女の子が立っていた。
怖いからチェーンをかけてドアを開けたら
女の子は泣きながら私に訴えてきた。

「お願いします。どうしても○○さんに
会いたいんです。お願いします!!」
私が彼氏を呼んだ。
その子は彼氏の前赴任先のバイトの子
(23歳)と判明。

彼氏  「なんでここがわかったの?」

バイト 「…すみません。
新幹線のホームから追いかけてきました…」

彼氏  「・・・・・・」

私   「・・・・・とりあえず
入ってもらえば?」

と言うことで家の中へ。
女の子は終始涙ぐんでいた。
なんかかわいそうになって、
お茶を出してあげたら睨まれた…

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る