uploaded

【修羅場なんだけど笑えるww】朝青龍似の女「好きです。付き合ってください」イケメン『どうしよう…』イケメン彼女『からかってみる?(笑)』イケメン『それいいねw』 → トンデモナイことに・・・

俺30 会社員 見た目は多分フツメン 子供はいない 
元嫁31 専業主婦 見た目結婚初期はaiko、現在は朝青龍 
間男27 フリーター 元嫁がよく買い物にいってたスーパーで働いてる 
間男彼女 フリーター 

ことのはじまりは1週間前 
ふと元嫁の携帯を好奇心で見てしまったら 
いかにもなラブラブメールがたくさんあったんだ 

「間男くんに早くあいたいよぉ・・・」

正直朝青龍でも不倫なんて出来るんだ、と怒りや悲しさよりもまず驚いた

とりあえず気団に出入りしてる俺は部屋を漁ってみた
嫁が風呂はいってる隙に、日記の発見とメールの転送をすませた
他のものは見つからなかった

金もあまりなかったし、弁護士うんぬんはいいやーと思い
風呂上りの嫁にメールと日記を見せて問い詰めてみた

俺「これはどういうことだ?」

朝青龍は目を丸くさせていそいで日記と携帯を奪った
(嫁っていいたくないから朝青龍で)

俺「答えろ」
朝「いや・・・ブフーこれはその・・・ブフー」

正直こいつに不倫されてももう愛情はなかったから怒りは無かった
ただもう離婚だな、という意思だけしかなかった

すると朝青龍は泣き出した

うずくまってエグエグ泣いているが、
俺の目には朝青龍のでかい鏡餅のような三段腹しか入っていなかった

朝「違うの・・・エグブフ・・・違うの・・・ブヒッ」

とりあえず落ち着くまで放置してみた
10分もすれば泣きやんだが

朝「あのさ・・・なんで携帯みたの・・・?」

素直に好奇心でなんていえない俺は適当に
俺「お前が怪しかったから」

そういうと朝青龍はまた泣き出した

いい加減うざかった
服を着てほしい
醜い体をいつまでも晒してないでほしい

いつまでも進展しないから、朝青龍の携帯を奪って間男に電話した
朝青龍はブフーブフー言いながら必タヒで携帯を取り返そうとしていたが、
蹴って防いだ。

俺「朝青龍の夫です。用件はわかりますよね?」
間男はしばらく黙っていたが、ハイ・・・とだけ答えた
俺「うちわかりますか?きていただけます?」
間男「ハイ・・・すぐ行きます・・・」

朝青龍に服を着て来いと言うと泣きながら寝室に行った
俺はどうしてやろうかなー
やっぱ慰謝料請求ぐらいかーと考えていた

1時間ほどたって家のチャイムが鳴った
玄関を開けて、正直驚いた
思わず「どちらさまですか?」と聞いてしまった
間男「間男と申します・・・」

ぶっちゃけ俺なんかよりずっとイケメンだった
小池鉄平?とかに似てる感じ

驚いていたら、間男の後ろに女の人がいた
これまた美人でスタイルもいい
間男は気まずそうに彼女です・・・と言った

( ゚д゚)ポカーンって感じだったけど、とりあえず家の中に入ってもらった

朝青龍は着替えてリビングのソファに座ってた

朝青龍は間男がきて顔を上げたが、
隣の女をみて( ゚д゚)ポカーンってなってた

するといきなり朝青龍が
朝「間男!!!その女なによ!!!」
と叫んで間男の襟首をつかんだ
間男が本気で苦しがってて、声が「う・・・ち・が・・・」みたいになってた
彼女さんが「やめてえ!!!しんじゃう!!!」
とか叫んでたが、なんか俺蚊帳の外って感じで傍観してた

彼女さんが「ちょっと!とめてくださいよ!!」
って俺に言うまで動かなかった

でなんとか朝青龍を間男から引き離した
朝青龍は引き離した後もブホーブホーと言って興奮していた

ちょっと闘牛が思い浮かんだ

朝青龍を落ち着かせてソファに座らせ、
間男と彼女さんにはソファからちょっと離れたイスに座ってもらった

あんまり近づくと朝青龍が張り手とかかますといけないし


俺はみんなにお茶を入れて、
間男と彼女さんの前に座った。朝青龍は放置

俺「朝青龍の携帯みたんですよ・・・どういうことですか?」

こういうと間男がなにか言う前に朝青龍が口を出してきた

朝「私たち愛し合ってるの!!!でも悪いのは私だから間男君を責めないで!!!」

すると彼女さんをキッと睨み付けていた

俺は溜息をついて「お前は黙ってて」とだけ言った
朝青龍はまだブモーブモー言っていた

間男にもう一度さっきと同じ質問をした

俺「で、どういうことですか?」

間男はなぜか彼女さんと目配せをして
間男「すみませんでした!!!浮気とかじゃないんです!!!」
そして彼女さんも「すみませんでした!」

なぜ彼女さんも?てか浮気じゃないわけないでしょ

俺「浮気じゃないってどういうことですか?」
間男「あの・・・こんな言い方すると最低なんですが・・・
    バイト先で奥さんに告白されて、彼女に相談したんです。
    そしたら、からかってみよう、ということになって・・・」

俺と朝青龍( ゚д゚)ポカーン
彼女さんは「ごめんなさい・・・」と言って泣き出した

( ゚д゚)ポカーンとしていたら朝青龍が再び目覚めた

朝青龍「ぶもおおおおおおおおおおおおお」

そういいながら彼女さんに突っ込んでいった

俺は彼女さんが頃される!と思った

が、次の瞬間にはもう朝青龍が彼女さんの首を絞めていた

朝青龍「市ねえええええええええええふぶううううううううううう」

彼女さんは怯えと苦しさが混ざった表情になっていた
間男はヒイイイと言って逃げていた

俺は本気で嫁の両手首を掴んで彼女さんの首からはがした

倒れる彼女さん、駆け寄る間男
興奮がとまらない朝青龍、必タヒの俺

朝青龍を足払いして倒して、上に乗っかった

これしか止める方法が無かった

のっかったまま彼女さんに「大丈夫ですか!?」と声をかけると
泣きながらコクコクうなづいた
間男は切れてた

間男「何すんだよ!!!彼女タヒんだらどうすんだよ!!!
    てめえが市ねこの豚!!!!!」

オイオイお前も加害者だろ、と思いつつ大人の対応をした

俺「まぁ朝青龍にここまでさせたのは君だからね、責任は君にもあるよ。
  勿論慰謝料請求だってさせてもらうよ。
  だからといって、朝青龍がしたことはサツジン未遂だから警察に突き出したってかまわないよ」

と言った
間男は青ざめていた

彼女さんはガタガタ震えていた
尻の下では朝青龍がブモー!ブモー!とまだ興奮していた

するといきなり朝青龍が叫びだした

朝「なによ!!!からかうつもりでキスできるの!?
  ホテルにもいけるの!?!?こういうのが好きなんだっていったじゃないいいいいい
  ぶもおおおおおおおおおおおおおおおんおんおん」

まだ泣き出した
それより朝青龍の言っている意味が分からない
ただ分かるのは、さらに青くなって固まる間男
震えていたはずが修羅のごとき顔になっていく彼女さん

凍っていた空気を熱湯で溶かしたのは彼女さんだった

彼女「どういうことよ!!!!!!やったの!?!?!?こんなのと!?!?!?!?」・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【修羅場なんだけど笑えるww】朝青龍似の女「好きです。付き合ってください」イケメン『どうしよう…』イケメン彼女『からかってみる?(笑)』イケメン『それいいねw』 → トンデモナイことに・・・

俺30 会社員 見た目は多分フツメン 子供はいない 
元嫁31 専業主婦 見た目結婚初期はaiko、現在は朝青龍 
間男27 フリーター 元嫁がよく買い物にいってたスーパーで働いてる 
間男彼女 フリーター 

ことのはじまりは1週間前 
ふと元嫁の携帯を好奇心で見てしまったら 
いかにもなラブラブメールがたくさんあったんだ 

「間男くんに早くあいたいよぉ・・・」

正直朝青龍でも不倫なんて出来るんだ、と怒りや悲しさよりもまず驚いた

とりあえず気団に出入りしてる俺は部屋を漁ってみた
嫁が風呂はいってる隙に、日記の発見とメールの転送をすませた
他のものは見つからなかった

金もあまりなかったし、弁護士うんぬんはいいやーと思い
風呂上りの嫁にメールと日記を見せて問い詰めてみた

俺「これはどういうことだ?」

朝青龍は目を丸くさせていそいで日記と携帯を奪った
(嫁っていいたくないから朝青龍で)

俺「答えろ」
朝「いや・・・ブフーこれはその・・・ブフー」

正直こいつに不倫されてももう愛情はなかったから怒りは無かった
ただもう離婚だな、という意思だけしかなかった

すると朝青龍は泣き出した

うずくまってエグエグ泣いているが、
俺の目には朝青龍のでかい鏡餅のような三段腹しか入っていなかった

朝「違うの・・・エグブフ・・・違うの・・・ブヒッ」

とりあえず落ち着くまで放置してみた
10分もすれば泣きやんだが

朝「あのさ・・・なんで携帯みたの・・・?」

素直に好奇心でなんていえない俺は適当に
俺「お前が怪しかったから」

そういうと朝青龍はまた泣き出した

いい加減うざかった
服を着てほしい
醜い体をいつまでも晒してないでほしい

いつまでも進展しないから、朝青龍の携帯を奪って間男に電話した
朝青龍はブフーブフー言いながら必タヒで携帯を取り返そうとしていたが、
蹴って防いだ。

俺「朝青龍の夫です。用件はわかりますよね?」
間男はしばらく黙っていたが、ハイ・・・とだけ答えた
俺「うちわかりますか?きていただけます?」
間男「ハイ・・・すぐ行きます・・・」

朝青龍に服を着て来いと言うと泣きながら寝室に行った
俺はどうしてやろうかなー
やっぱ慰謝料請求ぐらいかーと考えていた

1時間ほどたって家のチャイムが鳴った
玄関を開けて、正直驚いた
思わず「どちらさまですか?」と聞いてしまった
間男「間男と申します・・・」

ぶっちゃけ俺なんかよりずっとイケメンだった
小池鉄平?とかに似てる感じ

驚いていたら、間男の後ろに女の人がいた
これまた美人でスタイルもいい
間男は気まずそうに彼女です・・・と言った

( ゚д゚)ポカーンって感じだったけど、とりあえず家の中に入ってもらった

朝青龍は着替えてリビングのソファに座ってた

朝青龍は間男がきて顔を上げたが、
隣の女をみて( ゚д゚)ポカーンってなってた

するといきなり朝青龍が
朝「間男!!!その女なによ!!!」
と叫んで間男の襟首をつかんだ
間男が本気で苦しがってて、声が「う・・・ち・が・・・」みたいになってた
彼女さんが「やめてえ!!!しんじゃう!!!」
とか叫んでたが、なんか俺蚊帳の外って感じで傍観してた

彼女さんが「ちょっと!とめてくださいよ!!」
って俺に言うまで動かなかった

でなんとか朝青龍を間男から引き離した
朝青龍は引き離した後もブホーブホーと言って興奮していた

ちょっと闘牛が思い浮かんだ

朝青龍を落ち着かせてソファに座らせ、
間男と彼女さんにはソファからちょっと離れたイスに座ってもらった

あんまり近づくと朝青龍が張り手とかかますといけないし


俺はみんなにお茶を入れて、
間男と彼女さんの前に座った。朝青龍は放置

俺「朝青龍の携帯みたんですよ・・・どういうことですか?」

こういうと間男がなにか言う前に朝青龍が口を出してきた

朝「私たち愛し合ってるの!!!でも悪いのは私だから間男君を責めないで!!!」

すると彼女さんをキッと睨み付けていた

俺は溜息をついて「お前は黙ってて」とだけ言った
朝青龍はまだブモーブモー言っていた

間男にもう一度さっきと同じ質問をした

俺「で、どういうことですか?」

間男はなぜか彼女さんと目配せをして
間男「すみませんでした!!!浮気とかじゃないんです!!!」
そして彼女さんも「すみませんでした!」

なぜ彼女さんも?てか浮気じゃないわけないでしょ

俺「浮気じゃないってどういうことですか?」
間男「あの・・・こんな言い方すると最低なんですが・・・
    バイト先で奥さんに告白されて、彼女に相談したんです。
    そしたら、からかってみよう、ということになって・・・」

俺と朝青龍( ゚д゚)ポカーン
彼女さんは「ごめんなさい・・・」と言って泣き出した

( ゚д゚)ポカーンとしていたら朝青龍が再び目覚めた

朝青龍「ぶもおおおおおおおおおおおおお」

そういいながら彼女さんに突っ込んでいった

俺は彼女さんが頃される!と思った

が、次の瞬間にはもう朝青龍が彼女さんの首を絞めていた

朝青龍「市ねえええええええええええふぶううううううううううう」

彼女さんは怯えと苦しさが混ざった表情になっていた
間男はヒイイイと言って逃げていた

俺は本気で嫁の両手首を掴んで彼女さんの首からはがした

倒れる彼女さん、駆け寄る間男
興奮がとまらない朝青龍、必タヒの俺

朝青龍を足払いして倒して、上に乗っかった

これしか止める方法が無かった

のっかったまま彼女さんに「大丈夫ですか!?」と声をかけると
泣きながらコクコクうなづいた
間男は切れてた

間男「何すんだよ!!!彼女タヒんだらどうすんだよ!!!
    てめえが市ねこの豚!!!!!」

オイオイお前も加害者だろ、と思いつつ大人の対応をした

俺「まぁ朝青龍にここまでさせたのは君だからね、責任は君にもあるよ。
  勿論慰謝料請求だってさせてもらうよ。
  だからといって、朝青龍がしたことはサツジン未遂だから警察に突き出したってかまわないよ」

と言った
間男は青ざめていた

彼女さんはガタガタ震えていた
尻の下では朝青龍がブモー!ブモー!とまだ興奮していた

するといきなり朝青龍が叫びだした

朝「なによ!!!からかうつもりでキスできるの!?
  ホテルにもいけるの!?!?こういうのが好きなんだっていったじゃないいいいいい
  ぶもおおおおおおおおおおおおおおおんおんおん」

まだ泣き出した
それより朝青龍の言っている意味が分からない
ただ分かるのは、さらに青くなって固まる間男
震えていたはずが修羅のごとき顔になっていく彼女さん

凍っていた空気を熱湯で溶かしたのは彼女さんだった

彼女「どういうことよ!!!!!!やったの!?!?!?こんなのと!?!?!?!?」・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る