uploaded

【合宿免許に行った妻は大学生達と”仲良く”なっていた…】

妻を運転免許の合宿に行かせた。

妻は28才、ちょっと色っぽい近所でも評判の美人だ。

最初は近くの教習所に通って免許を取らせるつもりだったが、妻の運動神経の鈍さを考えると何ヶ月かかるかわからないので思い切って合宿に行かせることにした。

合宿免許なら、そう長い期間にならないだろうし費用も安く浮くだろうという読みだった。

4歳になる娘を妻の実家に預け、私自身も久々の独身気分を味わおうという魂胆もあった。

しかし、それは見事に裏目に出た。
合宿に行っている間はちゃんと毎日妻から電話が入った。

「ちゃんと食べてる?」
「掃除とか洗濯は大丈夫?」
「浮気とかしてないでしょうね?」
妻なりに心配しているのであろうが、さらに一日おきに妻の母親が家事を片づけに自宅にくる始末。

まるで、こちらの小さな下心などお見通しのようだ。
妻が合宿に行って1週間も過ぎると、やっと妻からの電話は少なくなった。
ホームシックにかかるかな?と思っていたのだが、その心配は無かったようだ。元々社交的な性格だったし、うまくやっているのだろうと思っていた。

 

妻が帰ってきたのは、ちょうど1ヶ月後、
若干日数が延びたが妻にしては上出来だった。

仕事から帰ると台所には久しぶりに見る妻のエプロン姿があった。

「あっ、おかえりなさーい」
一ヶ月ぶりだからだろうか、駆け寄ってくる妻の笑顔は前より魅力的に、しかも妖艶に思えた。

「ちょっと待っててね、もうすぐ晩御飯出来るから」
甲斐甲斐しく支度をしている妻の後ろ姿。

後ろで束ねた髪からちらちら覗くうなじ、忙しく動く指先、ロングスカートの上からでもわかる魅力的なラインのお尻と脚。

妻のしぐさ、妻の身体の全てが新鮮に感じて私を刺激していた。

食事を終えると私は夫婦の会話もそこそこに妻をベッドに連れ込んでいた。

妻の母親による監視のお陰で悪い遊びも満足に出来なかったのでかなり溜まっていた。

服を脱がせるのももどかしく妻の唇を吸い、乳房を揉む。

久しぶりに味わう妻の肉体の感覚。良く似ているが違う女を抱いている様な新鮮な感覚。

 

「ああん、いきなりなのぉ、...ねぇぇ、灯り消してぇ...あんっ」

「灯りを消して」は恥ずかしがりの妻のOKサインだ。

妻も4週間の禁欲のお陰かその気になっているようだと思っていた。

照明を落とすと薄暗い中に妻の白い肌が浮かび上がった。

ゆっくりと妻の体をまさぐり、下着を一枚一枚脱がしていく。

若いほどではないが張りのいい豊かな美乳の乳首を舌で愛撫し揉みしだいた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【合宿免許に行った妻は大学生達と”仲良く”なっていた…】

妻を運転免許の合宿に行かせた。

妻は28才、ちょっと色っぽい近所でも評判の美人だ。

最初は近くの教習所に通って免許を取らせるつもりだったが、妻の運動神経の鈍さを考えると何ヶ月かかるかわからないので思い切って合宿に行かせることにした。

合宿免許なら、そう長い期間にならないだろうし費用も安く浮くだろうという読みだった。

4歳になる娘を妻の実家に預け、私自身も久々の独身気分を味わおうという魂胆もあった。

しかし、それは見事に裏目に出た。
合宿に行っている間はちゃんと毎日妻から電話が入った。

「ちゃんと食べてる?」
「掃除とか洗濯は大丈夫?」
「浮気とかしてないでしょうね?」
妻なりに心配しているのであろうが、さらに一日おきに妻の母親が家事を片づけに自宅にくる始末。

まるで、こちらの小さな下心などお見通しのようだ。
妻が合宿に行って1週間も過ぎると、やっと妻からの電話は少なくなった。
ホームシックにかかるかな?と思っていたのだが、その心配は無かったようだ。元々社交的な性格だったし、うまくやっているのだろうと思っていた。

 

妻が帰ってきたのは、ちょうど1ヶ月後、
若干日数が延びたが妻にしては上出来だった。

仕事から帰ると台所には久しぶりに見る妻のエプロン姿があった。

「あっ、おかえりなさーい」
一ヶ月ぶりだからだろうか、駆け寄ってくる妻の笑顔は前より魅力的に、しかも妖艶に思えた。

「ちょっと待っててね、もうすぐ晩御飯出来るから」
甲斐甲斐しく支度をしている妻の後ろ姿。

後ろで束ねた髪からちらちら覗くうなじ、忙しく動く指先、ロングスカートの上からでもわかる魅力的なラインのお尻と脚。

妻のしぐさ、妻の身体の全てが新鮮に感じて私を刺激していた。

食事を終えると私は夫婦の会話もそこそこに妻をベッドに連れ込んでいた。

妻の母親による監視のお陰で悪い遊びも満足に出来なかったのでかなり溜まっていた。

服を脱がせるのももどかしく妻の唇を吸い、乳房を揉む。

久しぶりに味わう妻の肉体の感覚。良く似ているが違う女を抱いている様な新鮮な感覚。

 

「ああん、いきなりなのぉ、...ねぇぇ、灯り消してぇ...あんっ」

「灯りを消して」は恥ずかしがりの妻のOKサインだ。

妻も4週間の禁欲のお陰かその気になっているようだと思っていた。

照明を落とすと薄暗い中に妻の白い肌が浮かび上がった。

ゆっくりと妻の体をまさぐり、下着を一枚一枚脱がしていく。

若いほどではないが張りのいい豊かな美乳の乳首を舌で愛撫し揉みしだいた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る