uploaded

24歳の時に57歳のおっさんと交際→おっさんの実家の会社が倒産しておっさん無職。援助してた私も限界が来て友人の家に逃げると…

14828e7e

当時私は24歳で、57歳のオッサンと付き合ってた。

自分は、親がキリスト教で、結婚するまで処女童貞であれ、っていう環境で育ったから、処女だった。
高校まではすごく順調に人生歩んでたんだけど、大学受験をすることにして、
それに失敗してから、ちょっとメンタル病んで休学したりした。
その頃、私は某大型芸能団体のファンになって、
そのなかでも1人をすごく応援してて(仮にその応援してた芸能人をS子とする)、S子の出待ちなんかもしてた。
で、S子の親の知り合い、っていうのがそのオッサンだった。
芸能関係って、お金かかるんだけど、
オッサンは銀座とかそういう高級飲み屋で、某歌舞伎関係者と仲良くなり、その縁からそこの芸能団体を観に行き、とある大物芸能人(R子とする)のファンになって、
R子の応援(お金あげたり、ファンクラブの会長の生活費を出したり、なんていうかR子が欲しいものはなんでも買ってあげてた)をしてたらしく、その界隈ではちょっとした顔だった。

一方S子は端っこメンだし、親も普通の経済状況なんだけど、ほんとたまたまオッサンと知り合いだったんで、
お金の有り余ってるオッサンは、S子にもお小遣いあげたり(だいたいいつも10万くらい)ちょっとだけ面倒みてた。
そしたらR子のファンクラブ会長みたいな人が、S子に金づるをとられると思って
R子ともども、やきもちぽい騒ぎを起こした。
そこでオッサンはS子にもファンクラブ的なのをつくって、自分は直接S子と接触しないようにして、R子の機嫌をとろうとした。
で、白羽の矢が立ったのが私だった。
私はS子さんと直接連絡がとれる立場になり、ファンの人をまとめる役目を仰せつかった。
当時は嬉しかった。
でも、S子が必要だから私が頼まれたこと、にかかるお金も全部私もちで、その界隈ではそれが当然だった。

そのうち、芸能団体の近所に泊まってS子の雑用をすることが増えた。もちろん私の経済状況は苦しくなる。
そんなときにオッサンが、優しく泊まるとこ世話してくれたり、
S子の用事で悩んでたら手伝ってくれたりして、バカな私はオッサンを好きになった。
なんだか分からないけど超高級ホテルに泊まった日があって、いつものように私が1人で泊まるんだと思ってたら、オッサンも一緒の部屋だった。
そして私が神様がだめって言ってるからダメだって言ってるのを、「俺が神様から救ってあげる」とかなんとか言われて処女奪われた。でも当時の私は恋人になれた!という人生初体験で幸せだった。ほんとバカ。

ところがこのオッサン、まあ日本でも有数の企業の役員だったんだけど、

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
24歳の時に57歳のおっさんと交際→おっさんの実家の会社が倒産しておっさん無職。援助してた私も限界が来て友人の家に逃げると…

14828e7e

当時私は24歳で、57歳のオッサンと付き合ってた。

自分は、親がキリスト教で、結婚するまで処女童貞であれ、っていう環境で育ったから、処女だった。
高校まではすごく順調に人生歩んでたんだけど、大学受験をすることにして、
それに失敗してから、ちょっとメンタル病んで休学したりした。
その頃、私は某大型芸能団体のファンになって、
そのなかでも1人をすごく応援してて(仮にその応援してた芸能人をS子とする)、S子の出待ちなんかもしてた。
で、S子の親の知り合い、っていうのがそのオッサンだった。
芸能関係って、お金かかるんだけど、
オッサンは銀座とかそういう高級飲み屋で、某歌舞伎関係者と仲良くなり、その縁からそこの芸能団体を観に行き、とある大物芸能人(R子とする)のファンになって、
R子の応援(お金あげたり、ファンクラブの会長の生活費を出したり、なんていうかR子が欲しいものはなんでも買ってあげてた)をしてたらしく、その界隈ではちょっとした顔だった。

一方S子は端っこメンだし、親も普通の経済状況なんだけど、ほんとたまたまオッサンと知り合いだったんで、
お金の有り余ってるオッサンは、S子にもお小遣いあげたり(だいたいいつも10万くらい)ちょっとだけ面倒みてた。
そしたらR子のファンクラブ会長みたいな人が、S子に金づるをとられると思って
R子ともども、やきもちぽい騒ぎを起こした。
そこでオッサンはS子にもファンクラブ的なのをつくって、自分は直接S子と接触しないようにして、R子の機嫌をとろうとした。
で、白羽の矢が立ったのが私だった。
私はS子さんと直接連絡がとれる立場になり、ファンの人をまとめる役目を仰せつかった。
当時は嬉しかった。
でも、S子が必要だから私が頼まれたこと、にかかるお金も全部私もちで、その界隈ではそれが当然だった。

そのうち、芸能団体の近所に泊まってS子の雑用をすることが増えた。もちろん私の経済状況は苦しくなる。
そんなときにオッサンが、優しく泊まるとこ世話してくれたり、
S子の用事で悩んでたら手伝ってくれたりして、バカな私はオッサンを好きになった。
なんだか分からないけど超高級ホテルに泊まった日があって、いつものように私が1人で泊まるんだと思ってたら、オッサンも一緒の部屋だった。
そして私が神様がだめって言ってるからダメだって言ってるのを、「俺が神様から救ってあげる」とかなんとか言われて処女奪われた。でも当時の私は恋人になれた!という人生初体験で幸せだった。ほんとバカ。

ところがこのオッサン、まあ日本でも有数の企業の役員だったんだけど、

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る