uploaded

【893の娘と結婚】親父『ダメだ!結婚は許さん!』俺『は?』俺は実家を勘当同然で飛び出し、嫁と籍を入れた。そんなある日、嫁の妊娠が発覚し親父と話し合う事に…

馴初めは20年以上前。
片田舎にある実家の目の前にある公園。
小学生の俺は平日は帰宅→公園、休みの日は起床→公園という優雅な毎日を送っていた
ある日、見知らぬ小柄な女の子が一人でジャングルジムで遊んでいた。
これが後の嫁になるんだけど、しょうがねぇなぁー遊んでやるか、と妙に上から目線で一方的に絡んだ。
よくよく聞くと、3歳も年上でおられた。
でも気にしないで遊んだ。
・今日近くに引っ越してきたこと
・以前は都会にいたこと
・結構引っ越しが多い事
とにかく色々話した。

そうこうしているうちに嫁の父上が迎えに来た。優しそうな父上であられた。
「よろしくねー、仲良くしてねー」とか言われた覚えがある。

その日を境にほぼ毎日遊ぶようになった。というより、遊んでもらってた。

でも突然、自分の親に「嫁ちゃんの家にはあんまり遊びに行っちゃダメ」
ときつく言われた。

当時はよく理解できなかったけど、嫁の家は反社会組織、所謂ヤクザだった。
思い返せば、遊びに行くとまだ夕方なのに大人がいっぱい集まってた時もあった気がする。

半年くらいは何事もなかったけど、雪が降るころになると、「この町から追い出せ」的な運動が始まった。
まちの掲示板、回覧板、酷い時は嫁の家の目の前にある電柱等いたるところに張り紙が貼られていた。
大人って怖いとか酷いとか、人生で初めて憎悪を感じたのもこのころだと思う。

必然的に嫁も孤立していった。通学班では一番後ろをついてくるだけ。学校でも友達はいなくなったみたいだった。
それでも俺は嫁とたくさん遊んだ。同情とかではない、ただアホの子なだけ。周りの子は空気読みまくって遊ばなくなったのに、俺にはその能力が著しく欠如していた。
多分このころから好きだったんだと思う。

進級してしばらくして、運動会の話をちらほらする頃に、嫁の家は突然引っ越した。
後で知ったのだが事実上の差し押さえって奴だったらしい。

俺は泣いた。

時は流れ中学、高校と進むにしたがって、思い出は薄れていった。
その間普通に好きな人も出来たし、滑り込みセーフで高校3年の夏に初めてのアア!ウッ!!も済ませることができた
でも田舎なんて時代遅れだぜ!!的な典型的田舎者思考で、都会の大学に入った。
まちゆく女性の匂いはいい匂いだし、電車はすぐ来るし、バイトの時給は高いし、それにつられて物価もたけぇぇぇ!!とかすごくハイテンションになっていた。
こっから俺の新しい人生が!!と思うとわくわくした。
取りあえず出会いはサークルだよなと思い中学からやってたのでテニスサークルに入った。
新歓のときめちゃくちゃ気合い入れて、行くと、先輩の中に聞き覚えのある名前がいた。
嫁っぽい…でもちょっと自信がなかった。
なんだか心がかき乱されたみたいで、1次会は上の空だった。
「二次会カラオケ行くか!!」みたいになった時嫁と同姓同名の女性が声をかけてくれた。
嫁だった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【893の娘と結婚】親父『ダメだ!結婚は許さん!』俺『は?』俺は実家を勘当同然で飛び出し、嫁と籍を入れた。そんなある日、嫁の妊娠が発覚し親父と話し合う事に…

馴初めは20年以上前。
片田舎にある実家の目の前にある公園。
小学生の俺は平日は帰宅→公園、休みの日は起床→公園という優雅な毎日を送っていた
ある日、見知らぬ小柄な女の子が一人でジャングルジムで遊んでいた。
これが後の嫁になるんだけど、しょうがねぇなぁー遊んでやるか、と妙に上から目線で一方的に絡んだ。
よくよく聞くと、3歳も年上でおられた。
でも気にしないで遊んだ。
・今日近くに引っ越してきたこと
・以前は都会にいたこと
・結構引っ越しが多い事
とにかく色々話した。

そうこうしているうちに嫁の父上が迎えに来た。優しそうな父上であられた。
「よろしくねー、仲良くしてねー」とか言われた覚えがある。

その日を境にほぼ毎日遊ぶようになった。というより、遊んでもらってた。

でも突然、自分の親に「嫁ちゃんの家にはあんまり遊びに行っちゃダメ」
ときつく言われた。

当時はよく理解できなかったけど、嫁の家は反社会組織、所謂ヤクザだった。
思い返せば、遊びに行くとまだ夕方なのに大人がいっぱい集まってた時もあった気がする。

半年くらいは何事もなかったけど、雪が降るころになると、「この町から追い出せ」的な運動が始まった。
まちの掲示板、回覧板、酷い時は嫁の家の目の前にある電柱等いたるところに張り紙が貼られていた。
大人って怖いとか酷いとか、人生で初めて憎悪を感じたのもこのころだと思う。

必然的に嫁も孤立していった。通学班では一番後ろをついてくるだけ。学校でも友達はいなくなったみたいだった。
それでも俺は嫁とたくさん遊んだ。同情とかではない、ただアホの子なだけ。周りの子は空気読みまくって遊ばなくなったのに、俺にはその能力が著しく欠如していた。
多分このころから好きだったんだと思う。

進級してしばらくして、運動会の話をちらほらする頃に、嫁の家は突然引っ越した。
後で知ったのだが事実上の差し押さえって奴だったらしい。

俺は泣いた。

時は流れ中学、高校と進むにしたがって、思い出は薄れていった。
その間普通に好きな人も出来たし、滑り込みセーフで高校3年の夏に初めてのアア!ウッ!!も済ませることができた
でも田舎なんて時代遅れだぜ!!的な典型的田舎者思考で、都会の大学に入った。
まちゆく女性の匂いはいい匂いだし、電車はすぐ来るし、バイトの時給は高いし、それにつられて物価もたけぇぇぇ!!とかすごくハイテンションになっていた。
こっから俺の新しい人生が!!と思うとわくわくした。
取りあえず出会いはサークルだよなと思い中学からやってたのでテニスサークルに入った。
新歓のときめちゃくちゃ気合い入れて、行くと、先輩の中に聞き覚えのある名前がいた。
嫁っぽい…でもちょっと自信がなかった。
なんだか心がかき乱されたみたいで、1次会は上の空だった。
「二次会カラオケ行くか!!」みたいになった時嫁と同姓同名の女性が声をかけてくれた。
嫁だった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る