uploaded

警備員俺『暴走族が事故った!ケガ人がいる!』→救急隊「搬送します」俺『僕も付き添います!』→まさかの結果に…

二十歳

警備会社社員(指導教責)

見た目 普通
その他全て普通
コミュ障 バイク好き

嫁 17歳

高校生(ヤンキー)

見た目 かなり美人
暴走族
バイク好き

ってな感じ。


その日俺は
夜勤で国道で片側通行をしていた。

いつも通り捌いていると
相方から暴走族接近の無線が入った。

意外かもしれんが危険を回避するため

こういう停止してもらえる見込みが
無い輩については事故防止の観点から
例え法的に優先順位が低くても停止させない

俺はすかさず自分の方向の車に
停止してもらい通過するのを待った。

どんどん通過し終わり、最後の1台を
確認しようと
(無線で最終のナンバーを聞いて)
振り返った瞬間に最後の1台が
転倒し俺の方に滑りながら向かって来た。


→無謀にもジャンプを選択
→回避失敗

奇跡的にも俺は
転倒しただけだったが、
バイクは停止していた車両に衝突。

ライダー(嫁)は投げ出された。

その後は相方
工場業者で二次災害防止。

俺は資格もあったのライダーの救護を行った

意識は無くケガが酷かったので
無理かもしれないと思ってた。

そうこうしてるうちに
救急隊が到着して、引き渡す時、
何故か付いていってあげないといけない気がした。

もちろん映画でもないし
そんな義務もないので必要ないのだが、
確かに付いていって
あげないといけない気がした。

監督にことわって救急車に乗って病院に行った。

救急車の中で意識は戻ったものの、
病院では直ぐ手術になり、
俺が彼女の別状無しを聞いたのは朝方だった。

俺はそれを聞いて安心し、家に帰った。
ここで一旦話は切れる。

再開は三ヶ月後の話だった。

三ヶ月後、
俺は同じ現場の夜間に出ていた。

休憩になり、現場の作業員と
話していると監督から呼び出された。

行ってみると監督は
二人の恐らく親子だろうという
男女と話をしていた。

監督に声を掛けると監督よりも先に義父が
「申し訳ありません」と土下座
あっけにとられて横を見ると三ヶ月前に見た
暴走族の嫁が立っていた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
警備員俺『暴走族が事故った!ケガ人がいる!』→救急隊「搬送します」俺『僕も付き添います!』→まさかの結果に…

二十歳

警備会社社員(指導教責)

見た目 普通
その他全て普通
コミュ障 バイク好き

嫁 17歳

高校生(ヤンキー)

見た目 かなり美人
暴走族
バイク好き

ってな感じ。


その日俺は
夜勤で国道で片側通行をしていた。

いつも通り捌いていると
相方から暴走族接近の無線が入った。

意外かもしれんが危険を回避するため

こういう停止してもらえる見込みが
無い輩については事故防止の観点から
例え法的に優先順位が低くても停止させない

俺はすかさず自分の方向の車に
停止してもらい通過するのを待った。

どんどん通過し終わり、最後の1台を
確認しようと
(無線で最終のナンバーを聞いて)
振り返った瞬間に最後の1台が
転倒し俺の方に滑りながら向かって来た。


→無謀にもジャンプを選択
→回避失敗

奇跡的にも俺は
転倒しただけだったが、
バイクは停止していた車両に衝突。

ライダー(嫁)は投げ出された。

その後は相方
工場業者で二次災害防止。

俺は資格もあったのライダーの救護を行った

意識は無くケガが酷かったので
無理かもしれないと思ってた。

そうこうしてるうちに
救急隊が到着して、引き渡す時、
何故か付いていってあげないといけない気がした。

もちろん映画でもないし
そんな義務もないので必要ないのだが、
確かに付いていって
あげないといけない気がした。

監督にことわって救急車に乗って病院に行った。

救急車の中で意識は戻ったものの、
病院では直ぐ手術になり、
俺が彼女の別状無しを聞いたのは朝方だった。

俺はそれを聞いて安心し、家に帰った。
ここで一旦話は切れる。

再開は三ヶ月後の話だった。

三ヶ月後、
俺は同じ現場の夜間に出ていた。

休憩になり、現場の作業員と
話していると監督から呼び出された。

行ってみると監督は
二人の恐らく親子だろうという
男女と話をしていた。

監督に声を掛けると監督よりも先に義父が
「申し訳ありません」と土下座
あっけにとられて横を見ると三ヶ月前に見た
暴走族の嫁が立っていた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る