uploaded

入れ墨のおじさんに掴みかかられて、「彼氏が殺されちゃうかも!」と怖くて泣いていたところに地元のヤンキー集団がやって来て…

3年くらい前の話です。
とあるショッピングセンターに、
彼と二人乗りのバイクで行きました。
駐輪場に停めていると、なにやら汚い
おじさんが「うるせぇー!バカヤロウ!!」
と怒鳴りながら近寄ってきた。
どうやら彼のバイクの音がうるさかった
らしく、イチャモンつけてきた。

昼間のショッピングセンターの入口付近で、
彼に「殴らせろ!!」私に「金出せ!!」と
脅し、つかみ掛かるジジィ。

周りの人は、それを見て見ぬふりをして
通りすぎる。
しまいには、ジジィの肩の入れ墨まで
見せられ、当時高校生だった私は、
怖くて彼が殺されるかも!
と思い泣いてしまった。

そしたら、どこから現れたのか、
地元のヤンキーの集団がやってきて・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
入れ墨のおじさんに掴みかかられて、「彼氏が殺されちゃうかも!」と怖くて泣いていたところに地元のヤンキー集団がやって来て…

3年くらい前の話です。
とあるショッピングセンターに、
彼と二人乗りのバイクで行きました。
駐輪場に停めていると、なにやら汚い
おじさんが「うるせぇー!バカヤロウ!!」
と怒鳴りながら近寄ってきた。
どうやら彼のバイクの音がうるさかった
らしく、イチャモンつけてきた。

昼間のショッピングセンターの入口付近で、
彼に「殴らせろ!!」私に「金出せ!!」と
脅し、つかみ掛かるジジィ。

周りの人は、それを見て見ぬふりをして
通りすぎる。
しまいには、ジジィの肩の入れ墨まで
見せられ、当時高校生だった私は、
怖くて彼が殺されるかも!
と思い泣いてしまった。

そしたら、どこから現れたのか、
地元のヤンキーの集団がやってきて・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る