uploaded

【修羅場】両親が離婚し私は父に引き取られた。私「母さんに会いたい!会いに行こう」 → 母『何しに来たの?あんたは要らないから置いてきたのに』私「えっ」

母が亡くなった。

あったかどうかも分からない

葬儀には当然参列もしなかった。

小さい時に別れてから一度も会っていないので、

どんな顔になってるのかも知らない。

知りたくもないけど。

幼少時にあった色んなことを思い出すままに

吐き出して、母の事は一切合財忘れたい。

吐き出しに付き合ってくれる人だけ読んで下さい。

勝手なこと書いてすみません。

小学校の1年生の時に両親が離婚して、

私は父に引き取られ、2つ年上の兄は母に引き取られた。

両親は元々同じ中高に通っていた同級生同士だったらしく、

離婚後それぞれの実家に戻ったので親が離婚したのに

子供は同じ小学校に通って、別々の家に帰るという歪な生活になった。

母の実家は割と裕福で祖父母が揃ってたけど、父

の実家は母子家庭だったので祖母だけ。

父は父としての愛情をちゃんと注いでくれる人だったけど、

残業や出張が多いから普段は祖母とふたりっきりの生活。

その祖母はとても厳しい人で、お箸の持ち方が悪かったりすると

手をピシッとすぐ叩かれた。

学校からは真っ直ぐ帰れってしつこくて、遊びに行くのは

ちゃんとランドセルを置いてからって言うし、

子供でも洗濯物を畳んだり、お茶碗を拭いたり、

そういうお手伝いをちゃんとやれって言う人だった。

“働かざる者食うべからず”の人。

父が休日になると公園に連れて行ってくれて、

祖母がお弁当を作ってくれるのは嬉しかったけど。

でもやっぱり、引き取られるなら母の方が良かったなぁって思ってた。

母の実家は大きな家でお金持ちだったから、

お兄ちゃんはいいなぁって思ってた。

ある日、学校の帰りに友達に誘われてつい寄り道をしてしまい、

その事で祖母にひどく叱られた。

それで母にすごく会いたくなった。

父の実家と母の実家は、同じ校区の逆方向の端と端って

感じだったから3~4キロあったと思う。

それをテクテクテクテク歩いて行った。

やっと母の実家に辿りついて、母に抱きしめて貰う

自分を想像しながら玄関に飛び込んだ。

「おかあさん!私子だよ!きたよ!」

そしたら母と母方祖母が出て来て、母の第一声が「何しに来たの」って。

「会いたかったん・・・」って言ったら

「あんたは要らないから置いてきたのに、なに来てんのよ」

って言われたんだ。

「あんた見てるとお父さん思い出してイライラするのよ」って。

(私は父に激似らしい)

期待とあまりにもかけ離れすぎてて、私爆泣き。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【修羅場】両親が離婚し私は父に引き取られた。私「母さんに会いたい!会いに行こう」 → 母『何しに来たの?あんたは要らないから置いてきたのに』私「えっ」

母が亡くなった。

あったかどうかも分からない

葬儀には当然参列もしなかった。

小さい時に別れてから一度も会っていないので、

どんな顔になってるのかも知らない。

知りたくもないけど。

幼少時にあった色んなことを思い出すままに

吐き出して、母の事は一切合財忘れたい。

吐き出しに付き合ってくれる人だけ読んで下さい。

勝手なこと書いてすみません。

小学校の1年生の時に両親が離婚して、

私は父に引き取られ、2つ年上の兄は母に引き取られた。

両親は元々同じ中高に通っていた同級生同士だったらしく、

離婚後それぞれの実家に戻ったので親が離婚したのに

子供は同じ小学校に通って、別々の家に帰るという歪な生活になった。

母の実家は割と裕福で祖父母が揃ってたけど、父

の実家は母子家庭だったので祖母だけ。

父は父としての愛情をちゃんと注いでくれる人だったけど、

残業や出張が多いから普段は祖母とふたりっきりの生活。

その祖母はとても厳しい人で、お箸の持ち方が悪かったりすると

手をピシッとすぐ叩かれた。

学校からは真っ直ぐ帰れってしつこくて、遊びに行くのは

ちゃんとランドセルを置いてからって言うし、

子供でも洗濯物を畳んだり、お茶碗を拭いたり、

そういうお手伝いをちゃんとやれって言う人だった。

“働かざる者食うべからず”の人。

父が休日になると公園に連れて行ってくれて、

祖母がお弁当を作ってくれるのは嬉しかったけど。

でもやっぱり、引き取られるなら母の方が良かったなぁって思ってた。

母の実家は大きな家でお金持ちだったから、

お兄ちゃんはいいなぁって思ってた。

ある日、学校の帰りに友達に誘われてつい寄り道をしてしまい、

その事で祖母にひどく叱られた。

それで母にすごく会いたくなった。

父の実家と母の実家は、同じ校区の逆方向の端と端って

感じだったから3~4キロあったと思う。

それをテクテクテクテク歩いて行った。

やっと母の実家に辿りついて、母に抱きしめて貰う

自分を想像しながら玄関に飛び込んだ。

「おかあさん!私子だよ!きたよ!」

そしたら母と母方祖母が出て来て、母の第一声が「何しに来たの」って。

「会いたかったん・・・」って言ったら

「あんたは要らないから置いてきたのに、なに来てんのよ」

って言われたんだ。

「あんた見てるとお父さん思い出してイライラするのよ」って。

(私は父に激似らしい)

期待とあまりにもかけ離れすぎてて、私爆泣き。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る