uploaded

宗教団体のお仕置き

 私は主人と一緒にある宗教団体に加入しています。35歳の主婦です。
主人は熱心な信者ですが、私はつき合い程度で会合も年1−2回しょうがなくでるくらいでした。
ですから地区の周囲の人からは不熱心だと面と向かって言われたことがありました。

 1ヶ月前ほど主人と私が地区長さんに呼ばれました。
高級マンションの最上階で広いお宅でした。
奥様は不在で地区長さんと他に2人の男性がいました。
内容は当然私の不熱心さです。そして驚いたことに主人も一緒になって私をなじるのです。

地区長は「解りました。では奥さんが熱心に活動に励めるようにこれから懲罰と心入れをしましょう、ご主人いいですか」というと、主人はOKし部屋から出ていきました。
そして私は後ろから2人の内1人の若い男性から羽交い締めにされ、後ろ手に縛られソファに顔を埋めて身動きできなくされたのです。
そして高々とお尻を上げさせられ、誰だかわかりませんが尻をなでられ鷲掴みにされました。
必死に抵抗しても動けません。

 スカートをめくられパンティの上からアソコをいじられます。
一人は私の胸をもみしだき、乳首を探し当ててつまんだり擦ったりします。
「なるほどT(主人です)さんが自慢するだけあっていい体だ、これは懲罰して心を入れる甲斐がありそうですな」
といいながら、アソコを愛撫しているのは地区長のようでした。

そしてパンティがハサミで切られて、とうとう3人の男の目の前に恥ずかしいお尻とアソコが晒されました。
私は恥ずかしさでバタバタと動きますがダメです。
「地区長見て下さい。パンティの股の部分にオシッコの跡がついていますよ」
「さすがに人妻だけあってアソコは使い込んでありますね。T君もやり放題だッたんでしょ」
「マン毛はあまり濃くないですね。これは意外です。」
「お尻の穴はなかなかきれいですね。使ってはいないようです」
などと勝手なことをいいながら、さわりまくりクリトリスをつついたりして弄ばれました。

「さあそれでは気を入れましょう」といって、誰かが私のアソコに顔を埋め嘗めてきました私は気持ち悪さに叫びましたが、さらにオマンコの中に舌を入れたり、唾液を注ぐ行為をされました。
そして濡れてもいないアソコに固いペニスをこじいれられました。
痛くて叫びました。

「地区長、Tさんが安全日だからたっぷりと気を注いでくれと言っていましたよ」という声がし、どうやら最初に挿入したのは地区長のようでした。
地区長はゆっくりと出し入れしなかなか行ってくれません。
その間中、他の2人に胸を揉まれ続け私はいやいやながら感じさせられました。そして地区長がフィニッシュ。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
宗教団体のお仕置き

 私は主人と一緒にある宗教団体に加入しています。35歳の主婦です。
主人は熱心な信者ですが、私はつき合い程度で会合も年1−2回しょうがなくでるくらいでした。
ですから地区の周囲の人からは不熱心だと面と向かって言われたことがありました。

 1ヶ月前ほど主人と私が地区長さんに呼ばれました。
高級マンションの最上階で広いお宅でした。
奥様は不在で地区長さんと他に2人の男性がいました。
内容は当然私の不熱心さです。そして驚いたことに主人も一緒になって私をなじるのです。

地区長は「解りました。では奥さんが熱心に活動に励めるようにこれから懲罰と心入れをしましょう、ご主人いいですか」というと、主人はOKし部屋から出ていきました。
そして私は後ろから2人の内1人の若い男性から羽交い締めにされ、後ろ手に縛られソファに顔を埋めて身動きできなくされたのです。
そして高々とお尻を上げさせられ、誰だかわかりませんが尻をなでられ鷲掴みにされました。
必死に抵抗しても動けません。

 スカートをめくられパンティの上からアソコをいじられます。
一人は私の胸をもみしだき、乳首を探し当ててつまんだり擦ったりします。
「なるほどT(主人です)さんが自慢するだけあっていい体だ、これは懲罰して心を入れる甲斐がありそうですな」
といいながら、アソコを愛撫しているのは地区長のようでした。

そしてパンティがハサミで切られて、とうとう3人の男の目の前に恥ずかしいお尻とアソコが晒されました。
私は恥ずかしさでバタバタと動きますがダメです。
「地区長見て下さい。パンティの股の部分にオシッコの跡がついていますよ」
「さすがに人妻だけあってアソコは使い込んでありますね。T君もやり放題だッたんでしょ」
「マン毛はあまり濃くないですね。これは意外です。」
「お尻の穴はなかなかきれいですね。使ってはいないようです」
などと勝手なことをいいながら、さわりまくりクリトリスをつついたりして弄ばれました。

「さあそれでは気を入れましょう」といって、誰かが私のアソコに顔を埋め嘗めてきました私は気持ち悪さに叫びましたが、さらにオマンコの中に舌を入れたり、唾液を注ぐ行為をされました。
そして濡れてもいないアソコに固いペニスをこじいれられました。
痛くて叫びました。

「地区長、Tさんが安全日だからたっぷりと気を注いでくれと言っていましたよ」という声がし、どうやら最初に挿入したのは地区長のようでした。
地区長はゆっくりと出し入れしなかなか行ってくれません。
その間中、他の2人に胸を揉まれ続け私はいやいやながら感じさせられました。そして地区長がフィニッシュ。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る