uploaded

喪失の2週間後・・・

彼女は私の教え方が悪かったのでしょうか。自ら好んでフェラチオをする女ではありません。頼んだときに軽く咥える程度です。家内には30になってもまだ開発の余地があるんです。楽しみです。
 ずいぶん昔のことなんですが、思い出しながらかいてみます。

 最初にフェラチオを教えたのは処女喪失の2週間後、彼女が21歳のときです。
 ラブホテルのベッドがあまりにも柔らかかったので床にバスマットを敷いて教えることにしました。
 彼女はバスローブ姿でマットの上に跪いています。期待しているけれどもちょっと怖いようで、緊張した笑顔です。
 私は前を開いて、目の前に立ちました。
「大きすぎるよ」と、彼女。笑みが消えます。
 私も若かったので、そのときすでにびんびんだったんです(笑)。

 天井を向いているモノをじっと見つめています。そして両手を私の腰にかけて、私の顔を見上げました。私が目で合図をしてうなずくと、彼女は先っぽを口に含みました。
「ぺろぺろキャンディーみたいに、チュバチュバしてみて」というと、唇で包むようにしながら、口から出し入れしています。時々歯にあたります。
「手で袋を包んで。」
「筋を舌でなぞって。」
「先っぽを舐めて。」
 そんな要求に健気に応えています。

「止めていいよ」
「気持ち良くないの」
 そんなことないよ、といいながら抱きしめて、彼女のバスローブを脱がします。
 戸惑いながらも彼女の顔に笑顔が戻りました。全裸になった彼女をもう一度抱きしめてキスをし、バスローブの腰紐を手に取りました。
「なぜ目隠しをするの」
「フェラをするときは、たいてい暗がりの中だろう」
「そっか」
 素直に目隠しをされている間に、私は鞄を手元に寄せました。

「はい、もう一度始めるよ」
 全裸で跪いている彼女の口に、小指を入れました。
「ずいぶんちっちゃくなっちゃたねぇ~」
 笑いながらも、さっき教えたとおりに口を動かしています。その間に鞄を開け、中からロープを取り出しました。
「うまいうまい、もう逝きそうだから抜くね。」
「はあい」
 よっぽど可笑しかったらしく、まだ笑っています。
「はい、本物」
 ペニスを手のひらの上に乗せました。
「やっぱりちっちゃくなってるね。」
 また腰に手を掛けて口に含んでいます。両手が開いたので、ロープを伸ばし半分に折り、結び目を四つ作りました。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
喪失の2週間後・・・

彼女は私の教え方が悪かったのでしょうか。自ら好んでフェラチオをする女ではありません。頼んだときに軽く咥える程度です。家内には30になってもまだ開発の余地があるんです。楽しみです。
 ずいぶん昔のことなんですが、思い出しながらかいてみます。

 最初にフェラチオを教えたのは処女喪失の2週間後、彼女が21歳のときです。
 ラブホテルのベッドがあまりにも柔らかかったので床にバスマットを敷いて教えることにしました。
 彼女はバスローブ姿でマットの上に跪いています。期待しているけれどもちょっと怖いようで、緊張した笑顔です。
 私は前を開いて、目の前に立ちました。
「大きすぎるよ」と、彼女。笑みが消えます。
 私も若かったので、そのときすでにびんびんだったんです(笑)。

 天井を向いているモノをじっと見つめています。そして両手を私の腰にかけて、私の顔を見上げました。私が目で合図をしてうなずくと、彼女は先っぽを口に含みました。
「ぺろぺろキャンディーみたいに、チュバチュバしてみて」というと、唇で包むようにしながら、口から出し入れしています。時々歯にあたります。
「手で袋を包んで。」
「筋を舌でなぞって。」
「先っぽを舐めて。」
 そんな要求に健気に応えています。

「止めていいよ」
「気持ち良くないの」
 そんなことないよ、といいながら抱きしめて、彼女のバスローブを脱がします。
 戸惑いながらも彼女の顔に笑顔が戻りました。全裸になった彼女をもう一度抱きしめてキスをし、バスローブの腰紐を手に取りました。
「なぜ目隠しをするの」
「フェラをするときは、たいてい暗がりの中だろう」
「そっか」
 素直に目隠しをされている間に、私は鞄を手元に寄せました。

「はい、もう一度始めるよ」
 全裸で跪いている彼女の口に、小指を入れました。
「ずいぶんちっちゃくなっちゃたねぇ~」
 笑いながらも、さっき教えたとおりに口を動かしています。その間に鞄を開け、中からロープを取り出しました。
「うまいうまい、もう逝きそうだから抜くね。」
「はあい」
 よっぽど可笑しかったらしく、まだ笑っています。
「はい、本物」
 ペニスを手のひらの上に乗せました。
「やっぱりちっちゃくなってるね。」
 また腰に手を掛けて口に含んでいます。両手が開いたので、ロープを伸ばし半分に折り、結び目を四つ作りました。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る