uploaded

もてない俺がたぶん人生で一番輝いた瞬間→『次で降りて、折り返し電車を待ちましょう。僕も一緒に待ちますので』→結果

俺はとある家電メーカーの

エンジニア33歳(妻子アリ)なんだが、
その子は年齢が25歳で彼氏アリ。

N美としておく。

俺は間違ってももてるタイプではなく、

メガネ&ガリでオタク系。
それなのに、N美が俺に気があるらしい

という話を会社の友人より聞き、
半分信じてなかったんだが、

会社の新人歓迎会の帰り道で、
たまたま電車の方向が同じで二人になった。
会社の人間の噂話などしつつ、

N美が降りる駅が近づき、駅に到着。
しかしN美は降りる気配を見せない。
「○○さん(←N美の苗字)

降りなくて大丈夫なんですか?」
俺が聞くと、N美はうつむいたまま

「降りたくないです」と小さな声で言う。
会社の友人のN美が俺に

気があるらしいという話がちらつく。
しかし、同時に妻子の顔もちらついた俺は、
「次で降りて、折り返し電車を待ちましょう。

僕も一緒に待ちますので」
と言い、半ば強引に次の駅で降りると・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
もてない俺がたぶん人生で一番輝いた瞬間→『次で降りて、折り返し電車を待ちましょう。僕も一緒に待ちますので』→結果

俺はとある家電メーカーの

エンジニア33歳(妻子アリ)なんだが、
その子は年齢が25歳で彼氏アリ。

N美としておく。

俺は間違ってももてるタイプではなく、

メガネ&ガリでオタク系。
それなのに、N美が俺に気があるらしい

という話を会社の友人より聞き、
半分信じてなかったんだが、

会社の新人歓迎会の帰り道で、
たまたま電車の方向が同じで二人になった。
会社の人間の噂話などしつつ、

N美が降りる駅が近づき、駅に到着。
しかしN美は降りる気配を見せない。
「○○さん(←N美の苗字)

降りなくて大丈夫なんですか?」
俺が聞くと、N美はうつむいたまま

「降りたくないです」と小さな声で言う。
会社の友人のN美が俺に

気があるらしいという話がちらつく。
しかし、同時に妻子の顔もちらついた俺は、
「次で降りて、折り返し電車を待ちましょう。

僕も一緒に待ちますので」
と言い、半ば強引に次の駅で降りると・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る