uploaded

ナース和美ちゃん

俺が学生時代に出会い系を利用していたときの話なんだけど、和美ちゃんという女性に会った。ナイスバディーで顔も幼い感じでちょっと厚めの唇と大きめの胸がエロイ。職業を聞いたらなんとナース!!会って直ぐに和美ちゃんと仲良くなっていった。
和美ちゃんの職場での話しを聞くと「たまに子供の患者さんが夜中に寝付けないときなんか、添い寝してあげるんだけど、この間、胸を触られちゃったのよ~。それがもろに乳首をギュッとつままれちゃったもんだから、『こら、やめなさい!』って怒ったんだけど、実は結構感じちゃった~」といった話を聞いたときは、制服着た時の下の豊満なオッパイを妄想しながらモッキしてしまいました。
心の中で(普通の会話で女の子が「乳首」なんて言うか?)と思いながら・・・
話を聞きながら俺はさり気に腰に手を持っていき、さすさす。
すると、「二人きりになれる所にいきませんか?二人きりになれれば何処でも。」
きたーーーーーー!!
ここでスペック身長163 体重不明 B72のFカップ、W63、H87(何れも推測。カップのみ本人確認。)
俺は逸る気持ちを抑えつつホテルに急ぐ。
ホテルに着き、部屋に入ってからもがっつきたい気持ちを抑えまずは和美ちゃんの体を抱きついて確かめる。彼女の服装、刺激がちょっと強すぎる。なんせ、白のタンクトップにジーンズというシンプルな服装なんだが、和香ちゃんの巨乳が刺激的過ぎた。その時は大きさを確認していなかったので、まさかFカップとは思わなかったが、感触、脇や襟ぐりから覗くその景観は、まさに未知との遭遇。俺が体を触るか触れないかじらしていたので、彼女ももう我慢できない様子。それを確認した俺はベッドに和美ちゃんをゆっくりと仰向けに寝かせた。その胸の大きさは逆に強調され、俺の股間を熱くするのでした。「和香ちゃ~ん、服を脱がしますね~」と自分が声をかける。仰向けの彼女を万歳させ、タンクトップをゆーっくり脱がせた。「すごい・・・」レース付きの白のビッグなブラジャーがドーンと目に飛び込んできた。ジーパンに手をかけ脱がし始める。フロントのボタンをひとつひとつ外した。すると、ピンク地に白の水玉柄、前に小さなリボンがついたパンツが・・・
もう俺の理性はこの時既にどこかへ消え去ってしまい、迷いは微塵もなくなっていた。彼女の背中に手を滑り込ませ、ブラジャーのホックをパチンと外し、ブラジャーをそっと彼女の体から剥ぎ取った。そこには、鏡餅のようにまん丸と盛り上がったオッパイに、やや赤茶色の乳首が!乳輪の大きさは500円玉より一回り小さいぐらいで、乳首は小さめの大豆サイズ。「あんまり見ないで…。」と恥ずかしそうに言う和美ちゃんに俺は撃沈。俺はそーっと和美ちゃんの乳房に手を伸ばし触れてみた。(すごいボリューム感!感動した!)ゆっくりと両手で両胸を揉みしだく。とても柔らかい!乳首を指で愛撫すると、徐々に乳首が大きく、そして固くなっていった。
「ん、ん~・・・」とやや反応しているようにも見える。次に俺はパンツに手を伸ばし、バンツの上からクリであろう部分を指先でタッチした。「ん・・・・・」和香ちゃんの反応が可愛い。ピンクのパンツをそーっと足首まで引き下げた。こんもりした丘に結構濃い目の茂みが・・・。ちょっと甘酸っぱい臭いがするが、股を開脚させ、しげしげとその割れ目を凝視した。貝は閉じているが、まわりの茂みが悩ましい。指を割れ目の筋に沿ってツーっと触れると、汗なのか愛液なのかわからないが、少し湿っている。俺は和美ちゃんの両足を取りM字開脚させ、割れ目の中に指を差し入れ、貝をパックリ左右に開いた。すると、申し訳なさそうに閉じているピンクの膣口に、半分包皮に包まれた小振りのクリが・・・。
俺はクリに指を伸ばし包皮からむき出して、指先でつまんだり、転がしたりして愛撫した。すると「ん・・ん・・・」と若干和香ちゃんが体をよじらせる。今度は舌で和美ちゃんのクリを愛撫し、膣口に指を伸ばして、その中にそっと指を差し入れた。少し汗の甘酸っぱい味がしたが、俺は舌先に力を入れ、ツンツン、レロレロとクリを刺激した。膣口に差し入れた指も優しく中の壁を這わせ、ゆっくりと愛撫した。「・・あっ・・ん」徐々に和美ちゃんの反応が大きくなってきた。俺はその反応が大きくなっていくのと同じ様に、徐々に舌先、指先での刺激を強めていった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
ナース和美ちゃん

俺が学生時代に出会い系を利用していたときの話なんだけど、和美ちゃんという女性に会った。ナイスバディーで顔も幼い感じでちょっと厚めの唇と大きめの胸がエロイ。職業を聞いたらなんとナース!!会って直ぐに和美ちゃんと仲良くなっていった。
和美ちゃんの職場での話しを聞くと「たまに子供の患者さんが夜中に寝付けないときなんか、添い寝してあげるんだけど、この間、胸を触られちゃったのよ~。それがもろに乳首をギュッとつままれちゃったもんだから、『こら、やめなさい!』って怒ったんだけど、実は結構感じちゃった~」といった話を聞いたときは、制服着た時の下の豊満なオッパイを妄想しながらモッキしてしまいました。
心の中で(普通の会話で女の子が「乳首」なんて言うか?)と思いながら・・・
話を聞きながら俺はさり気に腰に手を持っていき、さすさす。
すると、「二人きりになれる所にいきませんか?二人きりになれれば何処でも。」
きたーーーーーー!!
ここでスペック身長163 体重不明 B72のFカップ、W63、H87(何れも推測。カップのみ本人確認。)
俺は逸る気持ちを抑えつつホテルに急ぐ。
ホテルに着き、部屋に入ってからもがっつきたい気持ちを抑えまずは和美ちゃんの体を抱きついて確かめる。彼女の服装、刺激がちょっと強すぎる。なんせ、白のタンクトップにジーンズというシンプルな服装なんだが、和香ちゃんの巨乳が刺激的過ぎた。その時は大きさを確認していなかったので、まさかFカップとは思わなかったが、感触、脇や襟ぐりから覗くその景観は、まさに未知との遭遇。俺が体を触るか触れないかじらしていたので、彼女ももう我慢できない様子。それを確認した俺はベッドに和美ちゃんをゆっくりと仰向けに寝かせた。その胸の大きさは逆に強調され、俺の股間を熱くするのでした。「和香ちゃ~ん、服を脱がしますね~」と自分が声をかける。仰向けの彼女を万歳させ、タンクトップをゆーっくり脱がせた。「すごい・・・」レース付きの白のビッグなブラジャーがドーンと目に飛び込んできた。ジーパンに手をかけ脱がし始める。フロントのボタンをひとつひとつ外した。すると、ピンク地に白の水玉柄、前に小さなリボンがついたパンツが・・・
もう俺の理性はこの時既にどこかへ消え去ってしまい、迷いは微塵もなくなっていた。彼女の背中に手を滑り込ませ、ブラジャーのホックをパチンと外し、ブラジャーをそっと彼女の体から剥ぎ取った。そこには、鏡餅のようにまん丸と盛り上がったオッパイに、やや赤茶色の乳首が!乳輪の大きさは500円玉より一回り小さいぐらいで、乳首は小さめの大豆サイズ。「あんまり見ないで…。」と恥ずかしそうに言う和美ちゃんに俺は撃沈。俺はそーっと和美ちゃんの乳房に手を伸ばし触れてみた。(すごいボリューム感!感動した!)ゆっくりと両手で両胸を揉みしだく。とても柔らかい!乳首を指で愛撫すると、徐々に乳首が大きく、そして固くなっていった。
「ん、ん~・・・」とやや反応しているようにも見える。次に俺はパンツに手を伸ばし、バンツの上からクリであろう部分を指先でタッチした。「ん・・・・・」和香ちゃんの反応が可愛い。ピンクのパンツをそーっと足首まで引き下げた。こんもりした丘に結構濃い目の茂みが・・・。ちょっと甘酸っぱい臭いがするが、股を開脚させ、しげしげとその割れ目を凝視した。貝は閉じているが、まわりの茂みが悩ましい。指を割れ目の筋に沿ってツーっと触れると、汗なのか愛液なのかわからないが、少し湿っている。俺は和美ちゃんの両足を取りM字開脚させ、割れ目の中に指を差し入れ、貝をパックリ左右に開いた。すると、申し訳なさそうに閉じているピンクの膣口に、半分包皮に包まれた小振りのクリが・・・。
俺はクリに指を伸ばし包皮からむき出して、指先でつまんだり、転がしたりして愛撫した。すると「ん・・ん・・・」と若干和香ちゃんが体をよじらせる。今度は舌で和美ちゃんのクリを愛撫し、膣口に指を伸ばして、その中にそっと指を差し入れた。少し汗の甘酸っぱい味がしたが、俺は舌先に力を入れ、ツンツン、レロレロとクリを刺激した。膣口に差し入れた指も優しく中の壁を這わせ、ゆっくりと愛撫した。「・・あっ・・ん」徐々に和美ちゃんの反応が大きくなってきた。俺はその反応が大きくなっていくのと同じ様に、徐々に舌先、指先での刺激を強めていった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る