uploaded

エロ本を大量に隠してた場所に→『そこにはシーツなんてない!!ないから!!私が探してもってくから!!信じて!!お願い!!開けないで!!』→結果

自室の押入れの箪笥の中に

エロ漫画を溜め込んでいた。
巨乳物、幼馴染物、女子高生物、

洋ピン雑誌、色々あった。
ある日。
父が、私の部屋の押入れの

箪笥の中にあるシーツを取りに来た。
私の頭の血は凄い勢いで

体中の血管へ逃げていくのを感じた。
箪笥に手を掛けた父に泣き縋り
「そこにはシーツなんてない!!

ないから!!私が探してもってくから!!

信じて!!お願い!!開けないで!!」
とナウシカ気味に懇願した。
しかし父はそんな話を聞く様な人間ではない。
「うるさい!!下の押入れに

なかったんだからここにあるんだ!!」
父の身長は180超、

体重は90キロ近くありゴリラの様だった。
そして思いついた事は、

その時に済まさないと気が済まないと言う性格。
仕事面でもその手腕から

凄まじい程高い評価を受けていた。
だが同僚からは疎んじられ、

職場の内の九割は敵だった。
しかし全国区レベルで

現場のシステムを大きく変える
プロジェクトをたった数名の同僚で成功させ

敵対していた全ての同僚達を捻じ伏せた。
いまや日本でその業界に携わる人間なら

知らない者は居ない豪腕の持ち主。
それに引き換え私は運動部に所属していたが、

どちらかと言うと引っ込み思案、

めんどくさがりやの何処にでも居る中学生だった。
そんな私が父に勝てる筈もなかった。
もじゃもじゃの父の腕を両手を当て引き止め、

マジ泣きする私。
怪訝そうな顔をする物の、

自分の記憶を疑わない父。

その手は硬く閉ざされた箪笥の開けた・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
エロ本を大量に隠してた場所に→『そこにはシーツなんてない!!ないから!!私が探してもってくから!!信じて!!お願い!!開けないで!!』→結果

自室の押入れの箪笥の中に

エロ漫画を溜め込んでいた。
巨乳物、幼馴染物、女子高生物、

洋ピン雑誌、色々あった。
ある日。
父が、私の部屋の押入れの

箪笥の中にあるシーツを取りに来た。
私の頭の血は凄い勢いで

体中の血管へ逃げていくのを感じた。
箪笥に手を掛けた父に泣き縋り
「そこにはシーツなんてない!!

ないから!!私が探してもってくから!!

信じて!!お願い!!開けないで!!」
とナウシカ気味に懇願した。
しかし父はそんな話を聞く様な人間ではない。
「うるさい!!下の押入れに

なかったんだからここにあるんだ!!」
父の身長は180超、

体重は90キロ近くありゴリラの様だった。
そして思いついた事は、

その時に済まさないと気が済まないと言う性格。
仕事面でもその手腕から

凄まじい程高い評価を受けていた。
だが同僚からは疎んじられ、

職場の内の九割は敵だった。
しかし全国区レベルで

現場のシステムを大きく変える
プロジェクトをたった数名の同僚で成功させ

敵対していた全ての同僚達を捻じ伏せた。
いまや日本でその業界に携わる人間なら

知らない者は居ない豪腕の持ち主。
それに引き換え私は運動部に所属していたが、

どちらかと言うと引っ込み思案、

めんどくさがりやの何処にでも居る中学生だった。
そんな私が父に勝てる筈もなかった。
もじゃもじゃの父の腕を両手を当て引き止め、

マジ泣きする私。
怪訝そうな顔をする物の、

自分の記憶を疑わない父。

その手は硬く閉ざされた箪笥の開けた・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る