uploaded

彼「紹介したい人がいるから家に来てほしい」私(ご両親に紹介して貰えるんだ!)→小奇麗な服で彼宅に行くと、そこには・・・

場人物
私・馬鹿男・嬢子 いずれも20代後半

私と馬鹿男は、趣味関係のサークルで出会い
2年ほど付き合っていた。
ある時、馬鹿男に「紹介したい人がいるから
家に来てほしい」と言われ、ご両親に紹介、
プロポーズ路線だと思い小綺麗な格好で
馬鹿男宅へ。

すると、そこにいたのは嬢子だった。
馬鹿男「私ちゃん、紹介するね、彼女が僕の
婚約者の嬢子。
嬢子、彼女が私ちゃん、君が会いたがってた
僕の恋人」

にこやかに二人を引き合わせる馬鹿男。
言ってることがこれっぱかりもわかりません

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
彼「紹介したい人がいるから家に来てほしい」私(ご両親に紹介して貰えるんだ!)→小奇麗な服で彼宅に行くと、そこには・・・

場人物
私・馬鹿男・嬢子 いずれも20代後半

私と馬鹿男は、趣味関係のサークルで出会い
2年ほど付き合っていた。
ある時、馬鹿男に「紹介したい人がいるから
家に来てほしい」と言われ、ご両親に紹介、
プロポーズ路線だと思い小綺麗な格好で
馬鹿男宅へ。

すると、そこにいたのは嬢子だった。
馬鹿男「私ちゃん、紹介するね、彼女が僕の
婚約者の嬢子。
嬢子、彼女が私ちゃん、君が会いたがってた
僕の恋人」

にこやかに二人を引き合わせる馬鹿男。
言ってることがこれっぱかりもわかりません

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る