uploaded

彼女が男と一緒に居たと、友人から報告。俺はキレた。大人の対応なんて出来なかった…1年後、彼女が入院していると。そこで知った衝撃の事実。

自分の思いをちょっとぶちまけようと思う。
昔付き合ってた彼女。
すごく人あたりが良くいつも笑顔で友達もたくさんいて。
明るくて俺にだけ少し我儘で、でも大好きだった。
順調に1年付き合い結婚の二文字もちらついてたある日友人から報告。彼女が男と一緒にいたと。自分らの方を見てあって顔したんで間違いないと。
半信半擬だがこの友人は嘘でこんなこと言うやつではない。
悩んだが直接聞こうとメールした。
「話がある。時間ある?」
彼女からしばらくたってかえってきた。
「わかった。明日お休みだからいつでも大丈夫だよ。」

翌日彼女の部屋へ。
ドアを開けるとなんだか憔悴しきったような彼女が出てきた。
無理矢理な笑顔を作り俺を部屋へあげる。
しばらくとりとめのない話をし、俺が口火を切った。
「友人から男と居るのを見たって言われたんだけど。」
瞬時に固まる彼女。反応からああ事実なのかと悟る。
正座に座り直し「…その通りです。ごめんなさい。」

まさか、だって浮気とか有り得ないて思ってたし、彼女からは「なにそれ、見間違いww」とか言われると思ってた。
でもうなだれる彼女が現実。俺は切れた。大人の対応なんて出来なかった。

「ふざけんなてめぇ、この槍万が!俺よりそんな親父が良かったのか!まじ市ね!」
思い付く限りの酷い言葉で罵った。
彼女は何も言わずずっと俺の言葉を聞いてた。顔を上げる事もしなかった。それが余計に俺をいらつかせた。
「何か言う事ないのかよ、ここまできてさ。」怒気を含んだ言葉で聞くと「全て事実です。本当にすみませんでした。」と土下座された。
「アホうぜえ。市ね槍万が。」
彼女の部屋を出た。号泣しながら家帰った。許せないのと裏切られたのと、色々な感情でパニックになりつつ。
友人にも話し、慰められながら彼女の事を忘れると決意、全部着拒否した。
しかしあの日以来彼女から連絡が来ることはなかった。「あー俺そんだけな存在だったんだな」って泣けた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
彼女が男と一緒に居たと、友人から報告。俺はキレた。大人の対応なんて出来なかった…1年後、彼女が入院していると。そこで知った衝撃の事実。

自分の思いをちょっとぶちまけようと思う。
昔付き合ってた彼女。
すごく人あたりが良くいつも笑顔で友達もたくさんいて。
明るくて俺にだけ少し我儘で、でも大好きだった。
順調に1年付き合い結婚の二文字もちらついてたある日友人から報告。彼女が男と一緒にいたと。自分らの方を見てあって顔したんで間違いないと。
半信半擬だがこの友人は嘘でこんなこと言うやつではない。
悩んだが直接聞こうとメールした。
「話がある。時間ある?」
彼女からしばらくたってかえってきた。
「わかった。明日お休みだからいつでも大丈夫だよ。」

翌日彼女の部屋へ。
ドアを開けるとなんだか憔悴しきったような彼女が出てきた。
無理矢理な笑顔を作り俺を部屋へあげる。
しばらくとりとめのない話をし、俺が口火を切った。
「友人から男と居るのを見たって言われたんだけど。」
瞬時に固まる彼女。反応からああ事実なのかと悟る。
正座に座り直し「…その通りです。ごめんなさい。」

まさか、だって浮気とか有り得ないて思ってたし、彼女からは「なにそれ、見間違いww」とか言われると思ってた。
でもうなだれる彼女が現実。俺は切れた。大人の対応なんて出来なかった。

「ふざけんなてめぇ、この槍万が!俺よりそんな親父が良かったのか!まじ市ね!」
思い付く限りの酷い言葉で罵った。
彼女は何も言わずずっと俺の言葉を聞いてた。顔を上げる事もしなかった。それが余計に俺をいらつかせた。
「何か言う事ないのかよ、ここまできてさ。」怒気を含んだ言葉で聞くと「全て事実です。本当にすみませんでした。」と土下座された。
「アホうぜえ。市ね槍万が。」
彼女の部屋を出た。号泣しながら家帰った。許せないのと裏切られたのと、色々な感情でパニックになりつつ。
友人にも話し、慰められながら彼女の事を忘れると決意、全部着拒否した。
しかしあの日以来彼女から連絡が来ることはなかった。「あー俺そんだけな存在だったんだな」って泣けた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る