uploaded

【壮絶】K察の俺「あの少女、自害したんですね」上司『何かヘンだな』俺「?」→衝撃の真実が明らかになった結果、上司がなんと・・・・・

もう10年前のことです

「娘が帰ってこない。自殺するかもしれない」
って中年の男性から通報がありました
精神的に不安定で自殺未遂を何度もしている
高校生の娘さんが帰ってこないとのこと
男性の説明は明瞭で筋が通っていて、
どう考えても今すぐ保護しなければ
確実に自殺するであろうと思いました

ただちに上司に報告すると、上司も重大だと判断
かなり大がかりな捜索になりました

娘さんはすぐに見つかりました
同級生の家にいたところを、その同級生の家族の通報で発見
「無断外泊か」って拍子抜けしましたけど、
こういうフライングも事件を未然に防ぐためにはやむを得ないこと
出動するだけに足るとの材料はありましたし
それで納得していました

1年後に彼女が自殺した、と聞くまでは

事件性はなく、精神疾患という分かりやすい背景もありますし、
普通はほとんど突っ込んで調べることはないのですが、
上司が「自分の担当した事件だから気になる」と言って調べたのですね
唖然とするほどひどい背景が明らかになりました

まず、彼女の精神疾患の原因は、
父親(通報した男性)の精神的暴力によるもの
何をしても徹底的に否定されて叱られて罵倒
生活のすべてに介入と監視を行い、
自分の意に沿わないことがあったら、
巧妙にぶち壊したり、彼女を脅迫してやめさせる

周囲の人間には、彼女のことを悪く言って、
「困った娘に手を焼いている父親」を演じ、
精神的暴力を正当なものと皆に思わせる

保護された時に一緒にいた同級生は、
事情は知らなかったけど、
彼女の様子を見て尋常ではない様子を察して、
同情して匿っていたそうです
結局、父親の言い分を信じた家族や教師に責め立てられて、
「彼女をそそのかして家出させた」ということになって、
学校をやめざるを得なくなったそうですが

私があの時、父親の人物を見抜いていれば、
最悪の結果にはならなかったでしょう
そんな自分にこの仕事をする資格はないと思い、
上司に辞表を提出したところ、

「判断したのは私だから、責任を取るべきは私だ。
君に責任はないし、あったとしても、辞めたぐらいで
取れるような軽い責任じゃない。
だから、辞めようなんて絶対に思っちゃいけないよ。
誰かがやらなければならない仕事だから、
責任の重さを知る君がやるべきだ」

と言われ、受け取ってすらもらえませんでした

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【壮絶】K察の俺「あの少女、自害したんですね」上司『何かヘンだな』俺「?」→衝撃の真実が明らかになった結果、上司がなんと・・・・・

もう10年前のことです

「娘が帰ってこない。自殺するかもしれない」
って中年の男性から通報がありました
精神的に不安定で自殺未遂を何度もしている
高校生の娘さんが帰ってこないとのこと
男性の説明は明瞭で筋が通っていて、
どう考えても今すぐ保護しなければ
確実に自殺するであろうと思いました

ただちに上司に報告すると、上司も重大だと判断
かなり大がかりな捜索になりました

娘さんはすぐに見つかりました
同級生の家にいたところを、その同級生の家族の通報で発見
「無断外泊か」って拍子抜けしましたけど、
こういうフライングも事件を未然に防ぐためにはやむを得ないこと
出動するだけに足るとの材料はありましたし
それで納得していました

1年後に彼女が自殺した、と聞くまでは

事件性はなく、精神疾患という分かりやすい背景もありますし、
普通はほとんど突っ込んで調べることはないのですが、
上司が「自分の担当した事件だから気になる」と言って調べたのですね
唖然とするほどひどい背景が明らかになりました

まず、彼女の精神疾患の原因は、
父親(通報した男性)の精神的暴力によるもの
何をしても徹底的に否定されて叱られて罵倒
生活のすべてに介入と監視を行い、
自分の意に沿わないことがあったら、
巧妙にぶち壊したり、彼女を脅迫してやめさせる

周囲の人間には、彼女のことを悪く言って、
「困った娘に手を焼いている父親」を演じ、
精神的暴力を正当なものと皆に思わせる

保護された時に一緒にいた同級生は、
事情は知らなかったけど、
彼女の様子を見て尋常ではない様子を察して、
同情して匿っていたそうです
結局、父親の言い分を信じた家族や教師に責め立てられて、
「彼女をそそのかして家出させた」ということになって、
学校をやめざるを得なくなったそうですが

私があの時、父親の人物を見抜いていれば、
最悪の結果にはならなかったでしょう
そんな自分にこの仕事をする資格はないと思い、
上司に辞表を提出したところ、

「判断したのは私だから、責任を取るべきは私だ。
君に責任はないし、あったとしても、辞めたぐらいで
取れるような軽い責任じゃない。
だから、辞めようなんて絶対に思っちゃいけないよ。
誰かがやらなければならない仕事だから、
責任の重さを知る君がやるべきだ」

と言われ、受け取ってすらもらえませんでした

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る